鬼滅の刃

【鬼滅の刃】第188話あらすじ解説ネタバレ|伊黒の伝えたい想い…!伊黒小芭内の秘密…

【鬼滅の刃】第188話あらすじ解説ネタバレ|伊黒の伝えたい想い…!伊黒小芭内の秘密…

この記事の内容

鬼滅の刃の最新あらすじ

ここでは鬼滅の刃の最新のあらすじをまとめています

今までのあらすじ

時は大正時代。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。唯一生き残った者の鬼に変化した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を打つため”鬼狩り”の道を進む決意する。

人と鬼とが織りなす哀しき兄弟の物語が今、始まる!

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね

よかったら見てくれると嬉しいです

>>>【鬼滅の刃】登場人物キャラクター最新版

>>>【鬼滅の刃 考察まとめ】現段階での鬼滅隊の全呼吸一覧を紹介

>>>【鬼滅の刃】十二鬼月の強さとその能力について勝手に考察してみた

>>>【鬼滅の刃】鬼殺隊”柱”最強強さランキング

【鬼滅の刃】第188話 悲惨な恋情

竈門炭治郎この物語の主人公
竈門禰豆子炭治郎の妹 あることがきっかけに鬼に変化
我妻善逸炭治郎の同期 ヘタレ
嘴平伊之助炭治郎の同期 野生児 猪の被り物を取ると美形
富岡義勇鬼殺隊の柱 ”水柱”
胡蝶しのぶ鬼殺隊の柱 ”蟲柱”
甘露寺蜜璃鬼殺隊の柱 ”恋柱”
不死川実弥鬼殺隊の柱 ”風柱”
宇髄天元鬼殺隊の元柱 ”音柱”
時透無一郎鬼殺隊の柱 ”霞柱”
伊黒小芭内鬼殺隊の柱 ”蛇柱”
悲鳴島行冥鬼殺隊の柱 ”岩柱”
不死川玄弥炭治郎の同期 ”風柱”不死川実弥の弟
鬼舞辻無惨鬼のラスボス的存在

運営者
運営者
【鬼滅の刃】前回の話では、瀕死の炭治郎…、死の淵で蘇る先祖の記憶…その時縁壱と無惨が対決し縁壱が圧倒的な力を見せつける

【鬼滅の刃】前話 あらすじ

縁壱の目の前に現れた男は暴力的な生命力で満ち溢れていた

火山から噴き出す岩礁を彷彿とさせる男だった、ぐつぐつと煮え滾り全てを飲み込もうとしていた

その男は「呼吸を使う剣士にはもう興味がない」と言い腕を振ってきたのだ

その恐るべき速度の速さと、間合いの広さ…!

その攻撃を避けると遥か後方まで竹が斬り倒される、かすり傷でも死に至ると感じる攻撃

縁壱はその時、初めて背筋がひやりと感じた…さらにその男は心臓が七つ、脳が五つあったという…

(鬼滅の刃 第187話 参照)

その瞬間に縁壱の剣技の型が完成した

それは炭治郎が知りたかった十三番目のヒノカミ神楽

その赤き炎を纏い、その男を斬り刻む

(鬼滅の刃 第187話 参照)

その攻撃を受けた男は自らの肉体が再生しないことに困惑している様子だった

斬られた頚を落ちぬように支えていたが繋がることはなかった

その縁一の赫刀はその男…鬼の始まりの男にも覿面に効くのだという事がわかったのだ

止めを刺す前に、縁壱はどうしても聞きたいことがあった

「命を何だと思っている」だが、その男からは答えは返って来なかった

怒りのため、顔が赤黒く膨れ上がり縁壱の言葉が届いていなかったのだ

その時、鬼の男が連れていた女に眼をやると、その女は男を助けるそぶりもせず前のりに眼を開き頚を斬られた男を見つめていた

その瞳はきらきらと希望の光を見ているかのようだった

そして鬼の男に止めを刺しに一歩前に出ると……

男から喰い絞められた奥歯の砕ける音がした…次の瞬間男の肉体は勢い良く弾けたのだ

その数は千八百に散らばっていた…その場で千五百の肉片を斬ったが残りの肉片は斬り逃してしまった

合わせれば人間の頭ほどの大きさの肉片を逃がしてしまった

その場で逃がしてしまったことで立ち尽くしていると鬼の女が悲鳴のような泣き声を出しながらで倒れ込んだのだ

その女が言葉を振り絞り頭を掻きむしったのだ「死ねばよかったのに!!生き汚い男!!鬼舞辻無惨…!」その女を宥めるように男について話を聞く縁壱

そして鬼の始祖は鬼舞辻無惨という名という事わかり、その女からもう縁壱が死ぬまで姿を現さないだろうということもわかった

そして鬼舞辻無惨から解放された女にこれから鬼舞辻無惨を倒す手助けを頼むのだった

その女の名は「珠世」悲しい目をしていた、それから間もなくして鬼狩りの仲間が駆けつけた

その仲間から兄が鬼となったことを知らされた…そして鬼の始祖を倒せなかったことと、鬼の女珠世を逃がしたこと

兄が鬼となったことの責任を取るため鬼狩りから通報されたのだ

一部の者からは自害しろという声も上がったぐらいだ

炭治郎の祖先の炭吉はその話を聞き、縁壱は何も悪くないというが

自分は鬼舞辻無惨を倒す為だけに生まれてきたのだと……それなのにしくじっていまったこと心苦しく思っていた

あまりに多くのことが縁壱の身に起こりすぎて炭吉はかける言葉が見当たらなかった

その時、炭吉の娘が抱っこと甘えてきた…炭吉が「抱いてやってください、高く持ち上げてやると喜ぶのであなたはわたしより上背もあるし…」と言われ、縁壱は持ち上げてみる

(鬼滅の刃 第187話 参照)

するとキャハキャハと喜ぶ娘に、その喜ぶ笑顔に自然と涙が溢れてきた……

その笑顔に糸が切れたように崩れ落ち、抱きしめるのであった…

それでは「鬼滅の刃」第188話あらすじを始めていきます

無惨の猛攻

そして話は現実に戻り、無惨との戦闘…

さらに激しさを増す無惨の猛攻…速度も今以上に上がり、行冥の透き通る世界も速すぎる速度によって感じることが出来ない

甘露寺に至ってはまったくといってその攻撃を見ることができていない、勘で運よく回避が出来ている様子

だがそれも長くは続かない…少しでも役に立ちたいと思う甘露寺は捨て身で攻撃をしようと考えていると、自然と身体が引っ張られて無惨の攻撃を受けてしまう…

致命的な傷を受けてしまって甘露寺を伊黒が助け、無惨の攻撃が届かないところまで連れて行き、他の隊士に手当てを頼む

甘露寺はまだ戦えるというが伊黒はそんな甘露寺にもういい、十分やったと言い甘露寺を置いて無惨の所へと向かうのだ

そんあ無惨のところへ向かう伊黒の姿を見た甘露寺は「伊黒さん嫌だ、死なないで!!もう誰も死んでほしくないよ!!」と泣きわめくのだ

伊黒の過去

そんな言葉を聞いた伊黒は鬼のいない世界で出会えたらどんなに良かっただろうと思い込むのだ

だがそれは無理だと思い込むのだ…自分には汚い血が流れている肉体ごと取り変えなければいけないと…

(鬼滅の刃 第188話 参照)

それは伊黒が生まれた家に関係している、強奪した金で屋敷を構えメシを喰らいする必要もない贅沢をする、恥を恥とも思わない

豪突くばかりで見栄っぱりの醜い一族…女ばかり生まれてくる家だった

男が生まれてきたのは三百七十年振り…伊黒は生まれた時から牢獄に入れられ、監禁されていた

男が生まれたからとその牢獄に毎日毎日ご馳走を持ってきた…だが喚起もままならないその中で、その食べ物の匂いで吐き気を催す毎日だった

そして夜になると何かが這い回る不気味な音がする…視線を感じ、その視線に全身から汗が噴き出してその不気味な音が鳴りやむまで止まることはなかった

蛇鬼

十二になった頃、その牢獄から出された…ある部屋に連れて行かれるとそこに待っていたのは…

(鬼滅の刃 第188話 参照)

下半身が蛇の姿をした女の鬼だったのだ

夜になると伊黒に視線を送って凍てたのはこの鬼という事が見た瞬間にわかった

この伊黒の一族はこの蛇鬼が殺した人から金品を奪い、生計を立てていたのだ

その代わりに自分たちが生んだ赤ん坊を生贄として捧げていたのだ

そしてその女ばかり生まれてくる一族に珍しく生まれた男としてさらに変わった眼をしていたため

蛇鬼に気に入られ、生かされていたのだ…そしてもう少し生かされることになり自分と同じ口に揃えると言い伊黒の口を裂き切ったのだ

その後に再び牢獄へと戻される…それからはそこから逃げることだけを考え生きることにした

そして月日は流れ、伊黒はそこから逃げ出すことが出来た

だが途中で気づかれ殺されそうになるが…

(鬼滅の刃 第188話 参照)

殺される寸前のところで当時の炎柱に助けられた…

そしてそのまま再び屋敷戻ると一人だけ従姉妹が生き残っていた

炎柱の男がその従姉妹と引き会わせてくれたのだ…しかしその従姉妹は伊黒が逃げたことで五十人皆が殺されたあんたのせいで!と罵ったのだ…その言葉が伊黒の心を深く抉った…

逃げれば一族がどうなるかとか考えなかったわけではなかったが…それでもそこから逃げ生きたいという想いが強かった

屑の一族に生まれた者は皆、屑…背負う業が深すぎて普通の人生を歩めない…

そのやり場のない思いは全て鬼に向けることにした、ひたすら鬼を憎む…

誰かのために命を懸け、助けると少しだけ気持ちが楽になる……

だけどいつまでも自分のせいで死んだ五十人の腐った手がどこまでも身体を掴み爪を立ててくる……

無惨を倒し、それでこの体に流れる汚い血を浄化されることを願う…

鬼のいない世界でまたもう一度人間として生まれ変わり、好きだと伝えたい…

【鬼滅の刃】第188話をまとめてみると…

運営者
運営者
【鬼滅の刃】第188話をまとめてみると…

今回の話は伊黒の過去についてでした

鬼のいない平和な世界を願う伊黒でした

これからの鬼滅の刃が楽しみです

また見に来てください

【鬼滅の刃】第189話あらすじ解説ネタバレ|