鬼滅の刃

【鬼滅の刃】第181話あらすじ解説ネタバレ|無惨の元へ集合!!込みあがる怒り仲間と家族の仇

【鬼滅の刃】第181話あらすじ解説ネタバレ|無惨の元へ集合!!込みあがる怒り仲間と家族の仇

この記事の内容

鬼滅の刃の最新あらすじ

ここでは鬼滅の刃の最新のあらすじをまとめています

今までのあらすじ

時は大正時代。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。唯一生き残った者の鬼に変化した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を打つため”鬼狩り”の道を進む決意する。

人と鬼とが織りなす哀しき兄弟の物語が今、始まる!

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね

よかったら見てくれると嬉しいです

>>>【鬼滅の刃】登場人物キャラクター最新版

>>>【鬼滅の刃 考察まとめ】現段階での鬼滅隊の全呼吸一覧を紹介

>>>【鬼滅の刃】十二鬼月の強さとその能力について勝手に考察してみた

>>>【鬼滅の刃】鬼殺隊”柱”最強強さランキング

【鬼滅の刃】第181話 大災

竈門炭治郎この物語の主人公
竈門禰豆子炭治郎の妹 あることがきっかけに鬼に変化
我妻善逸炭治郎の同期 ヘタレ
嘴平伊之助炭治郎の同期 野生児 猪の被り物を取ると美形
富岡義勇鬼殺隊の柱 ”水柱”
胡蝶しのぶ鬼殺隊の柱 ”蟲柱”
甘露寺蜜璃鬼殺隊の柱 ”恋柱”
不死川実弥鬼殺隊の柱 ”風柱”
宇髄天元鬼殺隊の元柱 ”音柱”
時透無一郎鬼殺隊の柱 ”霞柱”
伊黒小芭内鬼殺隊の柱 ”蛇柱”
悲鳴島行冥鬼殺隊の柱 ”岩柱”
不死川玄弥炭治郎の同期 ”風柱”不死川実弥の弟
鬼舞辻無惨鬼のラスボス的存在

運営者
運営者
【鬼滅の刃】前回の話では、

【鬼滅の刃】前話 あらすじ

その一方で無惨を捜索中の炭治郎と義勇の元に無一郎と玄弥の死が伝えられた……

残された者として、悲しみで涙を流す炭治郎…

死んでいく仲間達を…しっかりしろと自分に言い聞かせ、前を向きひた走れ最後の最後まで戦い向くために

それが不完全な状態であっても受け継ぐことが出来なかった者だった

それは千寿郎からの手紙からわかったことヒノカミ神楽は十三の型があるはずと記されていた

しかし炭治郎は十二までしか知らせれていない

だけど…それでも必ず無惨を倒すと…想いを断ち切らないために…

その一方で輝利哉の方で緊急事態発生した様子だ

それは無惨が復活するということだ

その無惨がいるところに鬼殺隊の第一陣が到着する

しかしその無惨が復活するということを感づいた輝利哉はその第一陣に待機命令を出すが…

(鬼滅の刃 第180話 参照)

無惨の繭を発見した隊士たち、四方八方に囲みさらにその足がけにしている肉を斬っていこうとうい隊士もいたが、上からの命令で待機が出ていたが待機なんかしている場合じゃない少しでも役に立ちたいと急ぐ者もいた

しかしそんな中…

(鬼滅の刃 第180話 参照)

無惨の繭が割れ…一人の男の姿が現れる

現れた瞬間にその囲んでいた隊士たちを次から次へと斬り刻んでいく…

輝利哉もカラスを通して命令しているが誰にも声は届かない……さらにそのカラスまでも斬られてしまう。

(鬼滅の刃 第180話 参照)

その隊士たちは無惨の身体の一部となって体力の回復の素材として使われてしまうのだ

珠世の作った”鬼を人間に戻す薬”も結局効果もなく無惨を倒すことが出来なかった

珠世も必死に抵抗するが、みるみると身体もなくなり頭だけとなったがそれも少しずつ崩れていく…

(鬼滅の刃 第180話 参照)

最後に珠世は地獄に堕ちろと無惨に呟き、そして無惨によって頭を破壊される…

そして攻めてきていた第二陣も無惨の手によって次から次へと殺されていくのであった…

それでは「鬼滅の刃」第181話あらすじを始めていきます

産屋敷の責任

背負った命、輝利哉の采配で無惨に大勢の隊士たちが殺されてしまった

その指示で何人もの命を虐殺されてしまったことに責任を負ってしまう

無惨を倒すこの日に、全ては無惨を倒す為にしてきたことが無駄になってしまう

何もかもが自分のせい…そう一人で輝利哉が背負い込んでしまった時…

(鬼滅の刃 第181話 参照)

妹のかなたが大きく平手打ち…「しっかりなさいませお館様 早く次の御指示を!!!

戦いは終わっていません!!」皆の命を背負う責任、重圧の苦しみに押し潰されそうになっていた…

その平手打ちで目が覚めた輝利哉は直ちに指示を出す、無惨復活の知らせを隊士、柱に伝える

そして上弦の肆と戦闘中の小芭内と甘露寺の元にもその情報が伝わる

無惨が復活し、上弦の肆とも決着がつけられない小芭内は自分が何もできていないことに焦りを見せる

炭治郎ついに無惨と出会う!!

そしてその上弦の肆の鳴女の琵琶の音が鳴り響くと次々と場所が変わっていく…

(鬼滅の刃 第181話 参照)

(鬼滅の刃 第181話 参照)

炭治郎達の目の前に無惨の姿が現れたのだ…

その姿に殺された者たち…そして家族の姿を思い出し怒りが込みあがる…

しかしそこで義勇が冷静に落ち着けと炭治郎を止める、だが義勇も怒りをこらえるのに必死だ

そこで無惨が話しかけてくる…しつこいと…

口を開けば仇などと、自分たちが生き残ったのだからそれで充分だろ

私に殺されるのは大災にあったのと同じだと…

死んだ人間が生き返ることはない、いつまでもそんなことに拘っていないで静かに暮らせばいいだろう、ほとんどの人間はそうして生きている

異常者

(鬼滅の刃 第181話 参照)

鬼殺隊の人間たちは皆、異常者の集まりだ、その相手をするのは疲れたいい加減にしろ

無惨は炭治郎と義勇に自分の言いたいことを言うと

炭治郎の表情は静かにと湧き上げるように怒り出すのです……

【鬼滅の刃】第181話をまとめてみると…

運営者
運営者
【鬼滅の刃】第181話をまとめてみると…

今回の話はついに炭治郎と無惨がご対面です!!

家族の仇、仲間の仇を打ち取るチャンスです

これからの鬼滅の刃が楽しみです

また見に来てください

【鬼滅の刃】第182話あらすじ解説ネタバレ|