鬼滅の刃

【鬼滅の刃】第172話あらすじ解説ネタバレ感想|最強の鬼、黒死牟の怒涛の攻撃”月の呼吸 拾ノ型”炸裂!!

【鬼滅の刃】第172話あらすじ解説ネタバレ感想|最強の鬼、黒死牟の怒涛の攻撃”月の呼吸 拾ノ型”炸裂!!

ここでは鬼滅の刃の最新のあらすじをまとめています

今までのあらすじ

時は大正時代。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。唯一生き残った者の鬼に変化した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を打つため”鬼狩り”の道を進む決意する。

人と鬼とが織りなす哀しき兄弟の物語が今、始まる!

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね

よかったら見てくれると嬉しいです

>>>【鬼滅の刃】登場人物キャラクター最新版

>>>【鬼滅の刃 考察まとめ】現段階での鬼滅隊の全呼吸一覧を紹介

>>>【鬼滅の刃】十二鬼月の強さとその能力について勝手に考察してみた

>>>【鬼滅の刃】鬼殺隊”柱”最強強さランキング

【鬼滅の刃】第172話 弱者の可能性

竈門炭治郎この物語の主人公
竈門禰豆子炭治郎の妹 あることがきっかけに鬼に変化
我妻善逸炭治郎の同期 ヘタレ
嘴平伊之助炭治郎の同期 野生児 猪の被り物を取ると美形
富岡義勇鬼殺隊の柱 ”水柱”
胡蝶しのぶ鬼殺隊の柱 ”蟲柱”
甘露寺蜜璃鬼殺隊の柱 ”恋柱”
不死川実弥鬼殺隊の柱 ”風柱”
宇髄天元鬼殺隊の元柱 ”音柱”
時透無一郎鬼殺隊の柱 ”霞柱”
伊黒小芭内鬼殺隊の柱 ”蛇柱”
悲鳴島行冥鬼殺隊の柱 ”岩柱”
不死川玄弥炭治郎の同期 ”風柱”不死川実弥の弟
鬼舞辻無惨鬼のラスボス的存在
運営者
運営者
【鬼滅の刃】前回の話では、

【鬼滅の刃】前話 あらすじ

その頃、黒死牟の一部である髪を体内に取り込むことで復活しようとしている玄弥

その上弦の鬼の血の濃さは尋常ではなく、切り離された胴体はすぐに繋がった

血の巡る速度が上がり気分すら良くなる、もう一つある上弦の折れた刃先を喰えばもっと強くなれるかも……

しかし上弦の鬼の一部を体内に入れたことである男の声が聞こえ始める……


(鬼滅の刃 第171話 参照)

無惨の声……

鬼化が進む玄弥の体、無惨の声まで聞こえ始めている

いったい玄弥はどうなっていくのだろう……

その一方で黒死牟を相手に二人で攻撃を繰り返している

黒死牟はその中で、観察していた!二人は柱の中でも上位クラス

特に行冥は盲目でありながら、よく考えられている武器

鎖を振り回し鎖の音でその空間や動きを極めて正確に把握している

だから黒死牟が先に狙うのは実弥だ

実弥の持つ刀を……

(鬼滅の刃 第171話 参照)

武器破壊!刀は側面から叩けば簡単に折れる

しかし実弥は刃を立てて逆に黒死牟の刀を押し返したのだ

さらに反射速度も上がっている

痣を出した実弥は戦闘不能レベルの傷を負わされたが、さらに動きの精度をあげてきた

二人の攻撃は徐々に黒死牟を追いつめていく

(鬼滅の刃 第171話 参照)

”風の呼吸 漆ノ型 頸風・天狗風”

”岩の呼吸 壱ノ型 蛇紋岩・双極”

二人の攻撃は黒死牟の着物を切り裂いた

これを好機に思い、さらに追撃しようとすると

致命的な攻撃を受けてしまう……

何をされたかわからなく動揺してしまう

(鬼滅の刃 第171話 参照)

なんと黒死牟の刀がさらに歪な形へと変化していたのだ!

上弦の鬼がさらなる力を発揮する……

それでは「鬼滅の刃」第172話あらすじを始めていきます

黒死牟の猛攻”月の呼吸”の連発!!

黒死牟猛攻!変形したとてつもなく長い刀をとてつもない速度で斬りこんできた!

その攻撃でこれ以上負傷できない実弥は指を斬り落とされてしまった!

それは行冥が攻撃の軌道を変えたからその程度の傷で済んだが、次の黒死牟の攻撃を避けれるのか不安になる……


(鬼滅の刃 第172話 参照)

さらに黒死牟の猛攻は始まる……

”月の呼吸 漆ノ型 厄鏡・月映え”

それは変形した刀で攻撃範囲を伸ばし、速度を上げた複数の斬撃の爪!

さらに”月の呼吸 捌ノ型 月龍輪尾”

そして”月の呼吸 玖ノ型 降り月・連面”逃げ惑う二人だが、実弥がその攻撃で致命傷を負ってしまった

その隙を見逃さない黒死牟は……

実弥のピンチに助っ人登場!?


(鬼滅の刃 第172話 参照)

”月の呼吸 拾ノ型 穿面斬・羅月”

ピンチになった実弥

そのピンチを間一髪のところで助けたのが無一郎

その戦いに加わる無一郎、それを陰で見ている玄弥

玄弥は助けに入りたい気持ちでいっぱいだが怖くて動けない……

弱く、役に立てないことがとてつもなく悔しく思ってた時、炭治郎のある言葉を思い出した

可能性

(鬼滅の刃 第172話 参照)

「一番弱い人が、一番の可能性を持っているんだよ玄弥」

それは炭治郎が上弦の陸と戦った時のことだ

その時は、炭治郎は弱かったからこそ状況を変えられた、敵が警戒できる数は決まっていて、そのあと敵がどう割り切っているのかなんだよ

敵は強い相手程、警戒する

弱い相手程、警戒が薄く、一気に風向きを変えられる

その炭治郎の言葉を思い出し、俺に出来るのかと自問自答して勝つことだけ考える

(鬼滅の刃 第172話 参照)

そしてまた斬られたために取っておいた黒死牟の刀

行冥や実弥達を死なせないためにその刀を食べる……

【鬼滅の刃】第172話をまとめてみると…

運営者
運営者
【鬼滅の刃】第172話をまとめてみると…
まとめ
  1. 黒死牟の激しい攻撃
  2. 無一郎も戦いに参加
  3. 玄弥、刀を食べる

という感じですね

ついに現れた十二鬼月最強の鬼

上弦ノ壱 その鬼が鬼殺隊の始まりの呼吸の剣士だったのです

変形した黒死牟の刀

それからの黒死牟の怒涛の攻撃、月の呼吸の大技を連発してきたのです

更なるピンチに無一郎も参加

しかし状況は変わりません!そのピンチを見ていた玄弥が黒死牟の刀を食べ、さらに鬼化しそうです

これからの鬼滅の刃が楽しみです

また見に来てください

【鬼滅の刃】第173話あらすじ解説ネタバレ予想|