約束のネバーランド

約束のネバーランド 考察|GFの認識番号(マイナンバー)の意味

GFのみならずに、高級農園で育った食用児には例外なく、首筋に認識番号(マイナンバー)という番号がふられています。

今回の記事では、この番号の意味についてを考察してみます。

約束のネバーランド考察|GVやGBの農園毎の認識番号の意味GFのみならずに、高級農園で育った食用児には例外なく、首筋に認識番号(マイナンバー)という番号がふられています。 今回の記事では、...

共通しているのは「94」

運営者
運営者
GFのメンバーを一覧にすると分かるのですが、それぞれ番号に統一性がないように見えて右から2つの数字は全員き「94」で共通されていることが分かります。

認識番号を一覧にまとめてみました。

GFメンバー一覧
  1. エマ:63194
  2. ノーマン:22194
  3. レイ:81194
  4. ドン:16194
  5. ギルダ:65194
  6. ナット:30294
  7. トーマ:55294
  8. アンナ:48194
  9. ラニオン54294
  10. ニーナ:77394
  11. ダムディン:57394
  12. トム:66394
  13. エウゲン:46394
  14. ビビアン:55394
  15. シェリー:74394
  16. ジャスパー:04394
  17. ナイラ:53394
  18. マーニャ:42394
  19. ハンス:82394
  20. アリシア:71394
  21. ジェミマ:31394
  22. クリスティ:70394
  23. ロッシー:50394
  24. マルク:79294
  25. チェンバレン:85394
  26. フィル:34394
  27. イベット:59294

これだけの数に加えて年齢もそれぞれ違うので、当然ながら番号に統一性はありませんね。

しかし、この中でもそれぞれ共通しているのがあり、それが「94」という数字であることが分かります。

もう一度見てもらえれば分かると思いますが、全員の下2桁に94が入っています。

でも、それだけだとしても一過性は全くない数字になります。

例えば、エマ・ノーマン・レイを94を抜いて順番に並べてみます。

  1. エマ:631
  2. ノーマン:221
  3. レイ:811

数字が3桁であること以外は全く関連することができないような気がします。

一番数字の大きいレイの811人の食用児がいたとすれば、なんとなく通ずるものがあるのだと感じますが、年齢も一緒でこんな鬼の世界側でそんなに食用児がいるのか?と言われれば疑問にもなります。

しかし、この数字を逆にしてみると…

  1. エマ:136
  2. ノーマン:122
  3. レイ:118

と、とても現実的な数字になった気がしませんか?

鬼側の人間は左からではなく右からの習慣なのでは?

戦前の言葉は縦書きの影響から右から書く、読む習慣でしたたが、この鬼の世界ではそうなるのかもしれません。

そうなると、それぞれの正しい番号の読み方は、

  1. エマ:49136
  2. ノーマン:49122
  3. レイ:49118

こうなりますね。

一気に全体の統一性が出ました。

さらに、鬼側か、農園側の問題で下の2つの番号が変わる仕組みっぽいですね。

認識番号の意味は「年齢」を管理するためのもの

鬼サイドにいる、ママ連中の2人のイザベラと、クローネの数字が…

  • イザベラ:73584
  • クローネ:15684

と、エマたちとの番号よりもだいぶ低めの数字になっています。

しかし、逆にして並べてみると…

名前認識番号年齢
イザベラ4853731歳
クローネ4868126歳
レイ4911811歳
ノーマン4912211歳
エマ4913611歳
ギルダ4915610歳
ドン4916110歳
フィル493434歳

こんな感じになりました。

つまり、認識番号とは、鬼側が食用児たちの年齢を管理するための番号ではないでしょうか?

それならば、バラバラに感じる番号にも統一性も意味もありますね。

最後に

運営者
運営者
GFの食用児の番号にはまだまだ深い意味がありそうですが、その辺りはまた追記していこうと思います。
まとめ
  1. 右から読む
  2. 年齢順になっている
  3. 昔から変わっていない

というのが最も有力な情報になっていると考えます。

一番大きな数字になるのが、ニーナの49377となります。つまり、少なくとも食用児が49377人鬼たちの犠牲になっているということになりますね。

まぁあくまでGFでけの考察なので、またさまざまな農園のキャラが登場すると、さらに判明することもあるはずなので、楽しみに待ちたいと思います。

以上です。

まだまだ約束のネバーランドを楽しみたいと思います。