呪術廻戦

【呪術廻戦】第71話ネタバレあらすじ感想|五条が負ける!?五条VS伏黒

【呪術廻戦】第71話ネタバレあらすじ感想|五条が負ける!?五条VS伏黒
この記事の内容

呪術廻戦の最新あらすじ

ここでは、呪術廻戦の最新のあらすじをまとめています。

今までのあらすじ

「呪い」。

辛酸・後悔・恥辱…。人間のフの感情から生まれる禍々しきその力は、人々を死へと導く。

任務先で特級呪霊の宿儺と入れ替わり、呪霊に挑む虎杖。だが勝利の後、宿儺から身体を取り戻せず、虎杖は宿儺に心臓を抜き取られてしまう。宿儺の一方的な契約で生き返った虎杖は契約の内容を忘れたまま五条のもとで修行に励む。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

 

「呪術廻戦」第71話 懐玉ー漆ー

運営者
運営者
前回の呪術廻戦では、約束の3日理子を守り、天元の元へ送ろうとした時、五条の背後から伏黒が五条を刺した!!
登場人物
虎杖悠仁主人公。驚異的な身体能力を持つ
両面宿儺特級呪物。虎杖と肉体を共有している
伏黒恵呪術高専1年。虎杖の同級生
釘崎野薔薇呪術高専1年。虎杖の同級生
五条悟専門機関「呪術高専」の特級呪術師
狗巻 棘(いぬまき とげ)都立呪術高専2年生。呪言師。普段の会話で使う語彙はおにぎりの具のみ。

 

「呪術廻戦」前話のあらすじ

黒井が拉致された!

先ほど黒井と一緒に居ていた夏油はというと……

黒井と別行動をし、敵の捜索に当たっていたのだ!

敵側にとっての黒井の価値を夏油は見誤っていたのだ…

しかしそんな状況だが、五条は冷静さをかけることなく判断をしている

相手は次に人質交換的な出方をしてくるから、硝子あたりに影武者でもやらせると言ったいる

しかしその作戦には理子は賛同できないらしい、まだ五条達のことを信用できていないからだ

それに天元との同化までに黒井に会えずにいるのは悲しいと……

(呪術廻戦 第70話 参照)

それなら連れて行ってやるがビビって帰りたくなってもシカトするから覚悟しとけよといい

敵側が指定した場所に行くことになる……

(呪術廻戦 第70話 参照)

(呪術廻戦 第70話 参照)

もうすでに拉致犯から黒井を奪還していたのだ!

あの後、拉致犯から指定してきた場所沖縄に決定

翌日、3人は沖縄に到着しそのまま黒井を救出し、拉致犯捕獲の尋問!

そして海水浴!今現在に至る……

しかし心配はそれだけではない、帰りの飛行機でのしゅうげきの心配がある

それに用心のために、1年の七海と灰原が空港を守っている……

(呪術廻戦 第70話 参照)

そして護衛3日目

無事に沖縄から帰国、呪術高専の結界内に到着……

疲れ切った五条達……沖縄観光中常に術式を掛けた状態でいたからだ

結界の中になら安心と思い、術式を解くと……

(呪術廻戦 第70話 参照)

トスッ……

突然と背後に伏黒が現れ、五条の背中を突き刺したのだ……

それでは「呪術廻戦」第71話あらすじを始めていきます

最強、散る。

突如として現れた伏黒

夏油が呪霊を出し、伏黒を飲み込む!

理子優先のためにこの場は五条に任せ、夏油と黒井は理子を天元の元へ送り届けるために先に行く……

(呪術廻戦 第71話 参照)

呪霊を身体に巻き付け、刀をどこからか取り出していた

懸賞金目当ての残党だと思っている五条だが、その呪詛師のサイトを作ったのが伏黒なのを知らなかったのだ

しかしそんなことはお構いなしに五条は仕掛ける

(呪術廻戦 第71話 参照)

その攻撃を軽く躱す伏黒!その速い動きだけでなく伏黒には全く呪力がない!天与呪縛のフィジカルギフテッド!

その素早い動きで五条に攻撃を仕掛ける!

しかし五条の術式により、吹き飛ばされる

吹き飛ばした先にはもう伏黒はいない

気配を消し、隠れたのだ

呪力がないため感知することが出来ないが伏黒に巻き付いている呪霊を感知しようとするが、その動きが速すぎるため感知することができない

感知できないのであれば、周りを破壊する

(呪術廻戦 第71話 参照)

”術式順転 出力最大 「蒼」”

遮蔽物を無くし、奇襲をできないようにする

すると森の奥から蠅のようなものが多数飛んでくる

その蠅でさらに位置がわからなくなり、もう一度「蒼」をとも考えたりしたが

伏黒の狙いが理子ならばと考えた時……

その隙が伏黒に好機を与えてしまった…


(呪術廻戦 第71話 参照)

特級呪具「天逆鉾」

この呪具から滲み出る異質な呪力を五条が見落とすわけがない恐れて寄らすこともないが

術式頼りの守りに入ることでこの呪具効果が出る

その効果とは発動中の術式の強制解除なのだ

その刃は五条の喉仏に差し込んだ……

「呪術廻戦」第71話をまとめると…

運営者
運営者
呪術廻戦の第71話をまとめていくと…

五条過去編へと展開が変わり、夏油とのコンビで任務に向かう二人

天元のことへ理子を届けるために高専に戻ってきた

しかしその高専で待ち伏せしていたのが伏黒だったのだ

その伏黒に不意打ちをされ、負傷になった五条

さらに追い詰めれれ、伏黒の刃は五条の喉を刺したのだ!

次回の「呪術廻戦」に期待です

そんな感じで以上です。

最後まで見てくれてありがとうございました。

【呪術廻戦】第72話ネタバレあらすじ予想|