呪術廻戦

【呪術廻戦】第68話ネタバレあらすじ感想|理子を狙う呪詛師!?夏油VS老人呪詛師

この記事の内容

呪術廻戦の最新あらすじ

ここでは、呪術廻戦の最新のあらすじをまとめています。

今までのあらすじ

「呪い」。

辛酸・後悔・恥辱…。人間のフの感情から生まれる禍々しきその力は、人々を死へと導く。

任務先で特級呪霊の宿儺と入れ替わり、呪霊に挑む虎杖。だが勝利の後、宿儺から身体を取り戻せず、虎杖は宿儺に心臓を抜き取られてしまう。宿儺の一方的な契約で生き返った虎杖は契約の内容を忘れたまま五条のもとで修行に励む。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

 

「呪術廻戦」第68話 懐玉ー肆ー

運営者
運営者
前回の呪術廻戦では、星蔣体の少女の護衛が開始した!
登場人物
虎杖悠仁主人公。驚異的な身体能力を持つ
両面宿儺特級呪物。虎杖と肉体を共有している
伏黒恵呪術高専1年。虎杖の同級生
釘崎野薔薇呪術高専1年。虎杖の同級生
五条悟専門機関「呪術高専」の特級呪術師
狗巻 棘(いぬまき とげ)都立呪術高専2年生。呪言師。普段の会話で使う語彙はおにぎりの具のみ。

 

「呪術廻戦」前話のあらすじ

呪詛師「Q」との戦闘……

それは圧倒的

コークンは夏油に捕まっている

さらにバイエルも……

(呪術廻戦 第67話 参照)

五条に撃破される

そのことによって「Q」はこの件からは手を引いた

そして星蔣体である少女が目を覚ました

(呪術廻戦 第67話 参照)

目を覚ました時に五条に襲われると思い、思いっきり引っぱたく!

君を守りに来たと説明する夏油

しかし嘘つくな前髪も変だしと言われると、五条と二人で少女を虐める

そこで世話係の人が説明すると二人のことを信用する

そしてその星蔣体の少女の名前は「天内 理子」

突然この子が学校へ行くと叫び出す

しかし安全のことを考えてそれは危険だというが

天元の命令により、理子の言うことを優先しろということ

その中で夏油の術式で監視役として呪霊たちを配置していると

その呪霊が祓われた様子があった

学校内で二人の呪詛師が現れた!


(呪術廻戦 第67話 参照)

その二人の目的は……

理子の命

その卑劣な伏黒の策

狙われる理子

五条と夏油は理子の命を守ることができるのか!?

それでは「呪術廻戦」第68話あらすじを始めていきます

老人の呪詛師

配置された夏油の呪霊が祓われたということで理子の元へと急ぐ五条と夏油

しかし理子の居場所がわからない

予想では音楽室か礼拝堂

五条は礼拝堂に向かい、黒井は音楽室に向かうこととなった

そして夏油は呪詛師の捜索に向かう

(呪術廻戦 第68話 参照)

夏油の目の前に現れた一人の老人

その呪詛師は呪霊を操る

先に仕掛けたのは夏油!

(呪術廻戦 第68話 参照)

廊下の縦幅、横幅を目一杯に使った攻撃

夏油はこの攻撃で決まったかと思っていたら

(呪術廻戦 第68話 参照)

自らの呪霊による死角を作ったせいで呪詛師は窓を突き破り、夏油の横の窓から不意をついたのだ!

その時、呪詛師は思い出していた過去に可愛がっていたペットのことや両親のことを……

(呪術廻戦 第68話 参照)

気づいた時には夏油にボコボコにされていたのだ

呪詛師が思い出していたのは走馬灯

夏油はその呪詛師を捕まえて、情報を聞き出す

その一方でもう一人の呪詛師の行方は

その呪詛師の目の前にあるに建物は礼拝堂!?

「呪術廻戦」第68話をまとめると…

運営者
運営者
呪術廻戦の第68話をまとめていくと…

五条過去編へと展開が変わり、夏油とのコンビで任務に向かう二人

伏黒の策により集まった呪詛師

その一人を夏油が撃破!!

もう一人の呪詛師が向かう先は礼拝堂!?

次回の「呪術廻戦」に期待です

そんな感じで以上です。

最後まで見てくれてありがとうございました。

【呪術廻戦】第69話ネタバレあらすじ予想|