鬼滅の刃

【鬼滅の刃】第166話あらすじ解説ネタバレ感想|無一郎ピンチ!?駆け付けた男”風柱”登場!

【鬼滅の刃】第166話あらすじ解説ネタバレ感想|無一郎ピンチ!?駆け付けた男”風柱”登場!

ここでは鬼滅の刃の最新のあらすじをまとめています

今までのあらすじ

時は大正時代。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。唯一生き残った者の鬼に変化した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を打つため”鬼狩り”の道を進む決意する。

人と鬼とが織りなす哀しき兄弟の物語が今、始まる!

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね

よかったら見てくれると嬉しいです

>>>【鬼滅の刃】登場人物キャラクター最新版

>>>【鬼滅の刃 考察まとめ】現段階での鬼滅隊の全呼吸一覧を紹介

>>>【鬼滅の刃】十二鬼月の強さとその能力について勝手に考察してみた

>>>【鬼滅の刃】鬼殺隊”柱”最強強さランキング

【鬼滅の刃】第166話 本心

竈門炭治郎この物語の主人公
竈門禰豆子炭治郎の妹 あることがきっかけに鬼に変化
我妻善逸炭治郎の同期 ヘタレ
嘴平伊之助炭治郎の同期 野生児 猪の被り物を取ると美形
富岡義勇鬼殺隊の柱 ”水柱”
胡蝶しのぶ鬼殺隊の柱 ”蟲柱”
甘露寺蜜璃鬼殺隊の柱 ”恋柱”
不死川実弥鬼殺隊の柱 ”風柱”
宇髄天元鬼殺隊の元柱 ”音柱”
時透無一郎鬼殺隊の柱 ”霞柱”
伊黒小芭内鬼殺隊の柱 ”蛇柱”
悲鳴島行冥鬼殺隊の柱 ”岩柱”
不死川玄弥炭治郎の同期 ”風柱”不死川実弥の弟
鬼舞辻無惨鬼のラスボス的存在
運営者
運営者
【鬼滅の刃】前回の話では、上弦ノ壱の力に無一郎が何もできずにやられてしまった……

【鬼滅の刃】前話 あらすじ

(鬼滅の刃 第165話 参照)

ついに現れた上弦ノ壱

刀を持ち、その姿は鬼狩りそのもの……!

そいつが持つ空気が無一郎の体を震いあがらせる

上弦ノ鬼が無一郎に名を聞く

それに時透無一郎と答える

絶えたのだな”継国”の名はと意味の分からないこと言い出す

(鬼滅の刃 第165話 参照)

「お前は…私が…継国家に残して来た…子供の末裔

つまりは…私の子孫だ……」

つまり無一郎が子孫ならばこの男こそ始まりの呼吸の剣士

そこで取り乱すことがない様に落ち着く……!

そして一瞬で動揺を鎮め、斬りこむ!!

”霞の呼吸 弐ノ型 八重霞”

しかしその攻撃は何事もなかったように躱される

無一郎の追撃は止まらない!そこから”伍ノ型 霞雲の海”だが、それも鮮やかに躱す

上弦の壱が口を開く……!

「流石我が末裔……例え名は途絶えても、私の細胞は増えて残っていた…」

それを聞いていた無一郎は静かに怒る……

何百年も経ってたら、お前の血も細胞も、俺の中にはひとかけらも残っていないと言い”痣”を出す!!

(鬼滅の刃 第165話 参照)

”霞の呼吸 漆ノ型 朧”

この技は無一郎のオリジナルの技

その為、この男には初めて見る技だ

独特の緩急に動きが読みづらい撹乱も重ねた技

その技に答えるように自らの技も出すことになる……!

(鬼滅の刃 第165話 参照)

”月の呼吸 壱ノ型 闇月・宵の宮”

その攻撃は無一郎の腕を斬り落とす!!

初めて見る月の呼吸、腕を斬り落とされ慌てる無一郎


(鬼滅の刃 第165話 参照)

しかし瞬時に止血し、反撃する!

だが、その攻撃ですら通用せず刀を奪われ、柱に貼り付けにされる

圧倒的力の前に無一郎の力が通用しない

さらに上弦ノ壱が「我が末裔よ、あの方にお前を鬼として使って戴こう」と発言する……!

それでは「鬼滅の刃」第166話あらすじを始めていきます

助っ人玄弥!?

為す術もなく、やられてしまった無一郎

その無一郎を鬼にしようとする鬼

その近くに鬼殺隊の隊士がいた

それは弦弥だ

玄弥が隙をついて銃で不意打ちをする!!

(鬼滅の刃 第166話 参照)

しかしそれはすぐさまに避けられ、背後を取られる玄弥!

そして左腕、右腕と順番に斬り落とされる

鬼喰いをしてる玄弥は鬼の性能を使えるため、それで死ぬことはない

だがさらに胴体まで切り離されてしまう

(鬼滅の刃 第166話 参照)

そんな状態でもあきらめようとしない玄弥

しかし鬼は待ってくれない、鬼擬き生かしておく理由はないと

止めを刺しに頚を狙ってくる!!

”風柱”不死川実弥!!

(鬼滅の刃 第166話 参照)

”風の呼吸 肆ノ型 昇上砂塵嵐”

風を纏い、広範囲に斬りつける!!

”風柱”不死川実弥の登場だ!!

その助けてくれた実弥の姿を見て、玄弥は炭治郎の言葉を思い出す

稽古の時、玄弥が鬼殺隊に入ったことを怒っていたことだ

そのことについては怒っていたが憎しみはなかった

ただ好きだからこそ怒ってだけ

そしてその想いは今伝えられる……

所帯をも持って家族を増やして、母や妹、弟の分まで幸せになってほしかっただけだったと……

(鬼滅の刃 第166話 参照)

その玄弥を刻んだ上弦ノ壱に怒りを爆発させる!!

その速さは凄い、鬼の一撃を躱し、さらに足元への攻撃

鬼もそれを避ける……

さらに”壱ノ型 塵旋風・削ぎ”で追い打ち!


(鬼滅の刃 第166話 参照)

それは避けきれず、刀で受ける鬼

初めて見せた刀…

その気味の悪い刀の姿は……

【鬼滅の刃】第166話をまとめてみると…

運営者
運営者
【鬼滅の刃】第166話をまとめてみると…
まとめ
  1. 助っ人玄弥!?
  2. ついに不死川実弥登場!

という感じですね

ついに現れた十二鬼月最強の鬼

上弦ノ壱 その鬼が鬼殺隊の始まりの呼吸の剣士だったのです

無一郎を鬼にしようとしている時に玄弥の登場!

しかしまったく通用しなかった玄弥

それを助けに来たのが風柱の不死川実弥だったのです

無一郎が通用しなかった相手に実弥はどれだけ通用するのでしょうか!?

これからの鬼滅の刃が楽しみです

【鬼滅の刃】第167話あらすじ解説ネタバレ予想|