鬼滅の刃

【鬼滅の刃 考察】ネタバレ感想|我妻善逸VS上弦ノ陸獪岳(がいかく)戦決着|冒頭から結末までのまとめ

運営者
運営者
この記事は我妻善逸VS上弦ノ陸(がいかく)戦決着|冒頭から結末までのまとめ

ネタバレも含むのでその事を理解して読んでください

上弦ノ陸 獪岳(がいかく)について

【鬼滅の刃】第143話あらすじ解説ネタバレ感想|胡蝶しのぶ最後!新たな上弦の鬼「獪岳」(鬼滅の刃 第143話 参照)

階級 上弦ノ陸
血鬼術 雷の呼吸・黒い雷

戦死した堕姫・妓夫太郎の代わりに鬼殺隊殲滅に上弦ノ陸の席を与えられた鬼

しかしこの者は元鬼殺隊の隊士である

ある時上弦ノ壱黒死牟に出会い、そして惨敗しそれに恐怖する

その時に黒死牟に鬼になることに勧誘され、鬼になる道を選んだ

そしてこの者は我妻善逸と同じ雷の呼吸の同門であり、善逸の兄弟子なのである

雷の呼吸 弐ノ型 稲魂

一息で五連撃

それは瞬きの間に攻撃する瞬撃

雷の呼吸 参ノ型 聚蚊成雷

雷を纏い、回転しながらの広範囲の斬撃

その威力は絶大だ

雷の呼吸 肆ノ型 遠雷

雷を刃に纏い、壱ノ型には劣るが居合斬りだ

雷の呼吸 伍ノ型 熱界雷

雷を纏い、上空に斬り上げ叩きつける

雷の呼吸 陸ノ型 電轟雷轟

雷を纏い、その広範囲の攻撃

それはその場にある地面も壁もろとも打ち砕く!

我妻善逸VS上弦ノ陸獪岳(かいがく)

次に登場したのは我妻善逸

柱稽古の時から善逸の様子がおかしかった

その理由が今目の前に現れた鬼

”上弦ノ陸 獪岳”

その正体は善逸の兄弟子であった

そして「鬼になったお前を 俺はもう兄弟子と思わない」

何かしら因縁があるみたいだ

その一方で善逸は上弦の陸と遭遇している

その上弦の鬼の正体は善逸の兄弟子「獪岳」……雷の呼吸の継承者である

善逸はその獪岳に怒りを出している

爺ちゃんの死

その理由とは……

【鬼滅の刃】第144話あらすじ解説ネタバレ感想|鬼になった兄弟子!?善逸の怒り!!(鬼滅の刃 第144話 参照)

二人の育手の親でもある

じいちゃんが死んだことである

獪岳が鬼になったせいで”雷の呼吸”の使い手から鬼を出してしまったから責任を取って腹を斬ったらしい

一人で介錯もつけずに苦しみながら死んだと善逸は怒り泣きながら話しています

しかしその事を聞いても悪いと思わず、さらにその育手のじいちゃんのことまでもバカにしている様子です

その姿を見た善逸も怒りを通り越し

「俺がカスならアンタはクズだ

壱ノ型しか使えない俺と壱ノ型だけ使えないアンタ

後継に恵まれなかったじいちゃんが気の毒でならねぇよ」

それを聞いた獪岳は怒り”雷の呼吸 肆ノ型 遠雷”を出す

【鬼滅の刃】第144話あらすじ解説ネタバレ感想|鬼になった兄弟子!?善逸の怒り!!(鬼滅の刃 第144話 参照)

しかしそれを「おせーんだよクズ」と言い善逸が獪岳の頚元を斬る

いつも泣いていた善逸

そんな善逸と二人で後継と言ったじいちゃんを憎んでいた獪岳

俺だけの型”漆ノ型 火雷神”

そこで獪岳が”雷の呼吸 弐ノ型 稲魂”を放つ

一息で五連撃

さらに”参ノ型 聚蚊成雷”これは回転しながらの広範囲の波状攻撃

追い詰めるように

”伍ノ型 熱界雷”そのまあ善逸を打ち上げる

防戦一方の善逸

さらに”陸ノ型 電轟雷轟”その部屋もろとも善逸を斬りつける

その威力は獪岳の血鬼術でもあり斬りつけられた斬撃は体でヒビ割れる

そのまま落ちていく善逸

(鬼滅の刃 第145話 参照)

走馬灯のように昔のことを思い出していた

獪岳が嫌っていたことは十分に分かっていた

でも尊敬はしていた

努力していたしひたむきだった

いつもアンタの背中を見てた

特別だったよ

だけどそれじゃ足りなかったんだな

ごめん 兄貴

(鬼滅の刃 第145話 参照)

”雷の呼吸 漆ノ型

火雷神”

これは善逸だけの特別漆ノ型なのだ

善逸は獪岳の頚を斬り落とした

そして一緒にどこまでも続く下へと落ちていく

戦いの後

頚を斬り落とされた獪岳は壱ノ型しか使えない善逸に負けたことに悔しさを隠しきれない

まだ負けたわけではない一緒に落ち、死んでいくのだから負けてはないと思っていると……!

そこに現れたのは珠代の鬼でもある愉史郎が現れたのである

死ぬなら一人で死ぬといい、落ちていく善逸を助け獪岳はみるみる灰になって消えていく

三途の川

眠る善逸は夢を見ていた……!

その夢の中に出てきたのは、育手じいさんだ……

獪岳について必死に謝る善逸そのことについては爺さんは何も言ってくれないが……

【鬼滅の刃】第146話あらすじ解説ネタバレ感想|善逸の勝利!炭治郎の前に現れた上弦ノ鬼!?(鬼滅の刃 第146話 参照)

善逸に一言だけ伝える

亡くあとも言えるのは、「お前は儂の誇りじゃ」

その言葉を聞くと、目を覚ます

我妻善逸VS上弦ノ陸 獪岳との戦闘のまとめ

善逸が初めて一人で戦った上弦ノ陸

以前炭治郎とかと妓夫郎戦った時よりの遥かに強くなった善逸

相打ち狙いの戦い方にも見えましたが、何とか勝利することができました

愉史郎の助けが無ければ本当に死が待っていました

このまま愉史郎は善逸の治療へと専念します

これからの「鬼滅の刃」に期待です

ジャンプ漫画を見るなら「U-NEXT」
無料で漫画も読めておすすめのエンタメサービス

U-NEXTを見てみる
※「ワンピース」「ブロッククローバー」「ヒロアカ」などの最新刊が無料で読めます。

  • 最新の漫画が読める
  • ドラマ・映画も見れる
  • 31日間の無料体験がすぐにできる