アクタージュ act-age

【アクタージュ (act-age)】第67話ネタバレあらすじ感想|王賀美陸の実力!夜凪VS王賀美

【アクタージュ (act-age)】第67話ネタバレあらすじ感想|王賀美陸の実力!夜凪VS王賀美
この記事の内容

「アクタージュ act-age」の最新話あらすじ

ここでは、「アクタージュ act-age」の最新のあらすじをまとめています。

今までのあらすじ

女優を目指す夜凪は大手芸能事務所、スターズのオーディションで無自覚に”メソッド演技”を用いて迫真の芝居をするが不合格に。映画監督の黒山はそんな彼女に魅せられ、役者の道へと誘う。

映画「デスアイランド」の撮影も終わり、また一つ役者として成長した夜凪は、黒山の勧めで、明神阿良也が出演する演劇を観に行き、彼の芝居に魅了される。舞台の出演が決まった夜凪は、舞台演出家・巌のもとで稽古を始める。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

 

「アクタージュ act-age」第67話 極上の肉

運営者
運営者
前回の話では、夜凪VS王賀美の演技バトルに……!
登場人物
夜凪景主人公。自らの過去を追体験する演技法・「メソッド演技」を無自覚に身につけている
明神阿良也憑依型カメレオン俳優と呼ばれる演劇界の怪物
巌裕次郎演劇界の重鎮の一人。最後の舞台の前に倒れてしまう
三坂七生芝居に熱く巌の舞台を成功させたいと思っている
青田亀太郎劇団のムードメーカー
星アキラ劇団に入団してきた必死に芝居を勉強中

 

「アクタージュ act-age」前話のあらすじ

スターズ事務所にてトレーニング中のアキラと千世子

その二人の会話の内容とは……それはダブルキャストについてだ

スターズの社長でもあるアキラの母親、アリサがよくも千世子のわがままを承諾をしたということ

なんとアキラも自分磨きに海外に修行しに行くみたいだ

この千世子のわがままにアリサは条件を出していた

”スターズが捨てた女”と”スターズを捨てた男”に”スターズの天使”が負けると全てが終わる

そうはならないようにアリサは条件・演出家を指名させることだ

(アクタージュ 第66話 参照)

それがこの男、演出家黒山なのだ

今回は黒山は夜凪と敵対する形となる

(アクタージュ 第66話 参照)

舞台「羅刹女」の台本ができた

夫・牛魔王の女遊び

息子・紅劾児の悲報

日々怒りを募らせる天の神”羅刹女”

そんなある日天竺への旅路を歩く孫悟空が現れ彼女の持つ宝具”芭蕉扇”を貸せと言う

羅刹女は夫や息子への想いをぶつけるかのように孫悟空と大立ち回りを演じることになる

夜凪サイドにも台本が配られている

そしてキャストなども決まっていっている


(アクタージュ 第66話 参照)

そのキャストの一人が武光

デスアイランドで共演した少年だ

二人は初顔合わせのため一緒に行くことになった

そして待ち合わせ時間二時間前に到着

早く着きすぎて誰もいないんじゃないかと不安になりながらも二人で読み合わせでもしとこうと言いその扉を開ける!

(アクタージュ 第66話 参照)

扉を開けたら王賀美陸がその場にいた!

なんと前日の夜からその会議室で待っていたのだ

王賀美陸

王賀美は夜凪の実力を知るために前日の夜から待っていた

他の共演者、演出家たちが来る前に二人は台本読みといい、演技が始まる

(アクタージュ 第67話 参照)

物語の冒頭は怒りを募らせた羅刹女の一人語り

その感情が見事に表現できている

だが王賀美の演技はどの作品も熱く強い

(アクタージュ 第67話 参照)

感覚、呼吸、瞬き、仕草、理由がわからないが人というより荘厳な景色を前にしたかのような存在感

それに飲まれていく夜凪

主演俳優に多いオーラっていうのかわからないが芝居が上手いではなく、芝居が良い

そこに立っているだけで人心を掴む

生まれ持ってのキリストのような存在

圧倒的な王賀美の芝居に少し演技が雑になる夜凪

それに気づく王賀美は台本読みをやめることにする

極上の肉には最高の皿

しかし王賀美は自分の芝居に飲まれるのが怖く声を張るようになり無意識に芝居をオーバーにし身体を緊張させる

その為に台本読みをやめさせたのだ

自分は極上の肉と豪語する王賀美

その為に最高の皿が必要だと

それに夜凪がその素質があると確信した

(アクタージュ 第67話 参照)

そしてスパイスという黒山墨字という存在……

しかしサイド「甲」の演出家ではなく「乙」サイドの演出家

それにキレる王賀美

天知に黒山を呼び戻せとキレまくる

その時に夜凪が3日待ってくれと言い出す

その3日間で黒山を忘れさせる演技をして見せると……

「アクタージュ act-age」第67話のまとめ

運営者
運営者
「アクタージュ act-age」の第67話をまとめていくと…
まとめ
  • 新展開スタート!!
  • 台本読み
  • 王賀美はキャスト演出家が誰かわかっていなかった

という感じに。

新展開「ダブルキャスト編」

それぞれのキャストや演出家が決まっていく

王賀美と夜凪が初めての芝居をします

しかしその王賀美の圧倒的な存在に飲まれ、自分の芝居をできなくなりました

黒山が演出家ではないことにキレる王賀美に夜凪が黒山のことを忘れられる芝居をすると宣言しますが

どーなるのでしょうか!?

これからの展開にも期待です

とても楽しみです。

最後まで見てくれてありがとうございました。

【アクタージュ (act-age)】第68話ネタバレあらすじ予想|