呪術廻戦

【呪術廻戦】第61話ネタバレあらすじ感想|強すぎる二人!虎杖「黒閃」釘崎「簪」発動!!

【呪術廻戦】第61話ネタバレあらすじ感想|強すぎる二人!虎杖「黒閃」釘崎「簪」発動!!
この記事の内容

呪術廻戦の最新あらすじ

ここでは、呪術廻戦の最新のあらすじをまとめています。

今までのあらすじ

「呪い」。

辛酸・後悔・恥辱…。人間のフの感情から生まれる禍々しきその力は、人々を死へと導く。

任務先で特級呪霊の宿儺と入れ替わり、呪霊に挑む虎杖。だが勝利の後、宿儺から身体を取り戻せず、虎杖は宿儺に心臓を抜き取られてしまう。宿儺の一方的な契約で生き返った虎杖は契約の内容を忘れたまま五条のもとで修行に励む。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

 

「呪術廻戦」第61話 起首雷同ー漆ー

運営者
運営者
前回の呪術廻戦では、呪力の我慢比べ!野薔薇の呪術式発動!!
登場人物
虎杖悠仁主人公。驚異的な身体能力を持つ
両面宿儺特級呪物。虎杖と肉体を共有している
伏黒恵呪術高専1年。虎杖の同級生
釘崎野薔薇呪術高専1年。虎杖の同級生
五条悟専門機関「呪術高専」の特級呪術師
狗巻 棘(いぬまき とげ)都立呪術高専2年生。呪言師。普段の会話で使う語彙はおにぎりの具のみ。

 

「呪術廻戦」前話のあらすじ

蝕爛腐術 極ノ番「翅王」

その背中から血の羽を作り出した

その羽は触れると灼けるように熱く腐食していく

その羽のやばさに気づいた虎杖と野薔薇一目散に逃げる!!

しかしその羽の速度は異常で走って逃げるのには無理があった

だが走るのに限界を見せた野薔薇を虎杖が抱え走るのだ

その速さは凄すぎる!!人を抱えて出せるスピードではない

(呪術廻戦 第60話 参照)

その羽の射程外に逃げ切ると野薔薇を下す

しかしそこに九相図の弟が待ち構えていた

虎杖はその弟の攻撃を受けてしまう

そこに九相図の兄も到着し、野薔薇に攻撃する

(呪術廻戦 第60話 参照)

九相図兄弟の術式が発動する

蝕爛腐術「朽」

その効果はどちらかの兄弟の血を受けると術式が発動しその侵入箇所から腐食が始まる

当たれば勝ちの術式

しかし相性が悪い野薔薇の術式の呪法が発動する

どちらか先に倒れるかの持久戦になる

(呪術廻戦 第60話 参照)

それでは「呪術廻戦」第61話あらすじを始めていきます

鄒霊呪法 「共鳴り」

鄒霊呪法「共鳴り」

対象から欠損した一部に人形を通して呪力を打ち込むことで対象本体にダメージを与える術式

術式範囲の制限はゆるく対象との実力差欠損部位の希少価値によって効果は変わる

”血液”は鄒霊呪法において決して価値は高くない

だが「共鳴り」は対象との”繋がり”を辿る

今野薔薇の中にある壊相・血塗の血液は蝕爛腐術の術式で2人と強く繋がっている

野薔薇の予想は的中した……!

その繋がりで「共鳴り」をじゃんじゃか打ち込むつもりだ

しかし兄である壊相は「朽」の効果によって痛みと毒で動けないと思い込んでいたが……

虎杖悠仁という男

虎杖悠仁は猛毒呪いの王

両面宿儺の器

故にあらゆる毒に耐性がある”分解”の痛みはあれどその果ての”毒”は彼には効かない

虎杖は痛みだけでは止まらない


(呪術廻戦 第61話 参照)

弟の血塗をボコボコに殴る

壊相も血塗を助けようとするが野薔薇の「共鳴り」に邪魔される

その時虎杖の標的は弟の血塗から兄の懐相に変わっていた

「朽」を解除するつもりはなかったが気づいた時には懐相は「朽」を解除し、「翅王」を発動する

繋がりを解いたのだ

しかし「翅王」が当たる前にその虎杖の本領が発揮する

禪院真希を凌ぐ身体能力・格闘センス、そこに与えられた呪いの力

(呪術廻戦 第61話 参照)

彼は黒い火花に愛されている

黒閃

その黒い光は懐相の腕を肩ごと吹き飛ばす

(呪術廻戦 第61話 参照)

背後からの攻撃には気づいていない野薔薇

その攻撃の標的は弟の血塗

呪法「簪」

一刺しで撃破する

「呪術廻戦」第61話のまとめると…

運営者
運営者
呪術廻戦の第61話をまとめていくと…

それぞれ分担されてしまった、伏黒、虎杖、野薔薇の三人。

虎杖・野薔薇と九相図兄弟との対決

その兄弟のヤバすぎる呪法

しかし野薔薇は我慢比べ

虎杖はにはその呪法が利かないのです強すぎますw

弟の血塗を撃破し、兄の懐相も止めを刺すだけです

そんな感じで以上です。

最後まで見てくれてありがとうございました。

【呪術廻戦】第62話ネタバレあらすじ予想|長男登場!九相図兄弟の真の力!?