アクタージュ act-age

【アクタージュ (act-age)】第66話ネタバレあらすじ感想|続々登場!!黒山が千世子サイドの演出家に!?

【アクタージュ (act-age)】第66話ネタバレあらすじ感想|続々登場!!黒山が千世子サイドの演出家に!?
この記事の内容

「アクタージュ act-age」の最新話あらすじ

ここでは、「アクタージュ act-age」の最新のあらすじをまとめています。

今までのあらすじ

女優を目指す夜凪は大手芸能事務所、スターズのオーディションで無自覚に”メソッド演技”を用いて迫真の芝居をするが不合格に。映画監督の黒山はそんな彼女に魅せられ、役者の道へと誘う。

映画「デスアイランド」の撮影も終わり、また一つ役者として成長した夜凪は、黒山の勧めで、明神阿良也が出演する演劇を観に行き、彼の芝居に魅了される。舞台の出演が決まった夜凪は、舞台演出家・巌のもとで稽古を始める。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

 

「アクタージュ act-age」第66話 アリサの条件

運営者
運営者
前回の話では、千世子と同じ役を競い合いに……。
登場人物
夜凪景主人公。自らの過去を追体験する演技法・「メソッド演技」を無自覚に身につけている
明神阿良也憑依型カメレオン俳優と呼ばれる演劇界の怪物
巌裕次郎演劇界の重鎮の一人。最後の舞台の前に倒れてしまう
三坂七生芝居に熱く巌の舞台を成功させたいと思っている
青田亀太郎劇団のムードメーカー
星アキラ劇団に入団してきた必死に芝居を勉強中

 

「アクタージュ act-age」前話のあらすじ

スーパースター王賀美陸

ハリウッド映画でも活躍をしている映画俳優

しかし最近ではハリウッド映画の出演をドタキャン世界中を騒がせたことが新しい記憶です

このダブルキャストに出演する舞台のことが理由らしい

舞台「羅刹女」は2つのグループからなるダブルキャスト

サイド「甲」羅刹女役に夜凪景、孫悟空役に王賀美陸

サイド「乙」羅刹女役に百城千世子、孫悟空役に明神阿良也

(アクタージュ 第65話 参照)

それで台はまだ?と聞く二人

しかし天知に台本はまだ執筆中なのでできていないと言われる

そこで夜凪がなぜ天知がここにいるのか疑問に思えていた

この舞台のプロデューサーが天知なのだ

夜凪は天知が嫌いなので不満です

しかし阿良也はこの舞台を用意してくれた天知に感謝している

依然の舞台では夜凪に助けられたけど今回は夜凪の芝居を霞めるつもりで覚悟してくれよと煽る阿良也

そこで千世子が霞ませるのは私の役割なのにと阿良也にバチバチ火花を散らす……

(アクタージュ 第65話 参照)

そこに遅れて登場したのが王賀美陸

夜凪の共演者が遅刻をして現れた

夜凪を口説きに近づいてきた

しかしまだ子供ということがわかり、躊躇するが「だが安心しろ この俺がお前を女にしてやる 今夜は一先ずウルフギャングでTボーンステーキといこうか」ととりあえずご飯を誘う

ステーキに食いつく夜凪

(アクタージュ 第65話 参照)

このダブルキャスト公演はこの4人のスターを中心に作ります

公演は数十のカメラで撮影し全国シネコン動画配信サイトでも公開予定

では皆さん良い舞台にしましょう

天知のことが嫌いな夜凪

しかしこの舞台に呼んでくれたことに感謝する

アキラと千世子

スターズ事務所にてトレーニング中のアキラと千世子

その二人の会話の内容とは……それはダブルキャストについてだ

スターズの社長でもあるアキラの母親、アリサがよくも千世子のわがままを承諾をしたということ

なんとアキラも自分磨きに海外に修行しに行くみたいだ

演出家・黒山

この千世子のわがままにアリサは条件を出していた

”スターズが捨てた女”と”スターズを捨てた男”に”スターズの天使”が負けると全てが終わる

そうはならないようにアリサは条件・演出家を指名させることだ

(アクタージュ 第66話 参照)

それがこの男、演出家黒山なのだ

今回は黒山は夜凪と敵対する形となる

(アクタージュ 第66話 参照)

舞台「羅刹女」の台本ができた

夫・牛魔王の女遊び

息子・紅劾児の悲報

日々怒りを募らせる天の神”羅刹女”

そんなある日天竺への旅路を歩く孫悟空が現れ彼女の持つ宝具”芭蕉扇”を貸せと言う

羅刹女は夫や息子への想いをぶつけるかのように孫悟空と大立ち回りを演じることになる

夜凪サイドのキャストは武光

夜凪サイドにも台本が配られている

そしてキャストなども決まっていっている


(アクタージュ 第66話 参照)

そのキャストの一人が武光

デスアイランドで共演した少年だ

二人は初顔合わせのため一緒に行くことになった

そして待ち合わせ時間二時間前に到着

早く着きすぎて誰もいないんじゃないかと不安になりながらも二人で読み合わせでもしとこうと言いその扉を開ける!

(アクタージュ 第66話 参照)

扉を開けたら王賀美陸がその場にいた!

なんと前日の夜からその会議室で待っていたのだ

「アクタージュ act-age」第66話のまとめ

運営者
運営者
「アクタージュ act-age」の第66話をまとめていくと…
まとめ
  • 新展開スタート!!
  • キャスト・演出家が決まっていく
  • 初顔合わせ

という感じに。

新展開「ダブルキャスト編」

それぞれのキャストや演出家が決まっていく

なんと黒山が千世子・阿良也サイドについたのです

夜凪サイドにも以前共演したこともある武光です

これからの展開にも期待です

とても楽しみです。

最後まで見てくれてありがとうございました。

【アクタージュ (act-age)】第67話ネタバレあらすじ予想|王賀美陸の実力!個性的な演出家……