火ノ丸相撲

【火ノ丸相撲】第241話ネタバレあらすじ感想|「横綱」になる覚悟!鬼丸VS太郎太刀

この記事の内容

「火ノ丸相撲」の最新話あらすじ

この記事では、「火ノ丸相撲」の最新のあらすじや、

個人的な考察をまとめています。

今までのあらすじ

弱小の大太刀高校相撲部に現れた新入生、小さき少年・潮火ノ丸。無差別級の格闘技ゆえに体格が重要とされる相撲界において、その常識を覆しIH(インターハイ)団体戦日本一の快挙を成し遂げ、念願の角界入りの資格を掴み取る!

そして幼き頃からの夢・大相撲の大横綱を目指す火ノ丸の戦いは新たなステージへ!!

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

「火ノ丸相撲」第241話 鬼丸国綱と太郎太刀信也

運営者
運営者
前回の話では五条家に結婚のご挨拶でした!
登場人物紹介
潮 火ノ丸元大太刀高校相撲部出身。芝木山部屋に入門。四股名は「鬼丸横綱」
五条 礼奈大学3年生。火ノ丸と再会し恋人同士に
刃皇歴代一位の優勝回数を持つ第70第横綱。圧倒的強さで相撲界を牽引する。
日影 典馬日本人離れした体格を持つ国宝「大典太光世」。横綱を目指す
天王寺 獅童比類なき実力で、高校相撲界の横綱として君臨していた国宝「童子切安綱」
芝木山親方火ノ丸の所属する部屋の親方。
駿海 登喜男名指導者で火ノ丸に相撲の未来を託す。

「火ノ丸相撲」 前回のあらすじ

千秋楽前夜の出来事……

それは五条家で起きていた

「大相撲幕内力士鬼丸こと潮火ノ丸と申します!

娘さんをワシに下さい!!」と鬼丸は目の前にいる男に言う

(火ノ丸相撲 第240話 参照)

断る!!帰れ!!!と拒否られ追い返されそうになる

待ってくださいと鬼丸は話をしようとする

しかしその男は礼奈の父ではなく長男の五条博次28歳

礼奈のことを溺愛しすぎて結婚する事を認めたくないのだ

その相手である鬼丸のことをよく思っていない……

その事について佑真などにどうしてこうなった!?どうして反対しないなどと問い詰めるが

この二人を引き合わしたのは佑真

佑真も鬼丸のことを深く信頼していて鬼丸なら大丈夫だと博次を説得する

鬼丸もその話を聞き、「感謝しとるぞユーマ……いやお義兄さん」と言うとそれはやめろとツッコまれる……

(火ノ丸相撲 第240話 参照)

そこに仕事から帰ってきたのは礼奈の父である

礼奈が鬼丸のことを紹介しようとすると

「お義父さん!娘さんをワシに下さい!!」と真っ向勝負をする

それに少し真っ向勝負すぎると動揺する礼奈……

しかしその心配とは裏腹に父が出した答えはすんなりと娘をよろしくの一言だった

礼奈の父はたまたま出先で

インタビューをしている鬼丸のことを見ていたのである

博次はそんなにあっさりと物を上げるみたいに言った父を責めたのです礼奈の人生なのにと……

「そうだよ 礼奈の人生だ だから決めるのは礼奈だ

礼奈がそれでいいと決めたのなら私はとやかく言うつもりはないよ」

礼奈は少し父のことが少し苦手だった

多忙故に触れあう機会もなく良くも悪くも干渉しない父に対してまだ距離を測りかねていた

その時に力士の収入についての話になった

現在幕内平幕の鬼丸の月給は約130万

賞与や出張手当などを合わしたら年額で2000万程受け取れる地位に居ている

横綱や大関にもなればこれとは比にならないくらいの金額にもなります

しかし父が発した言葉はあと何年その収入を続けられるということだ

お金は大事だがその相撲取り億万長者にもなり得る夢のある職業

しかし実力が足りなければそれまで怪我でもすればどうなるかという危険な職業

新婚早々介護生活なんてあり得るそういう覚悟があるのかと二人に問い詰める……

その父の言葉に不安になる礼奈

しかしその不安な礼奈の手を取り、鬼丸が父に「そうなった時にまた考えます二人で……!

笑顔になれる道を……!」道?と疑問を出す父だが

鬼丸はこの厳しい大相撲の世界

その中で誰よりも体が小さく怪我もすることもなるでしょう

こんな体でも天辺を目指す自分の相撲を見たいと言ってくれた礼奈

だからこの道を進みたい


(火ノ丸相撲 第240話 参照)

相撲で幸せを目指すこの道を……

相撲で笑顔にしたい、その笑顔が力になる

さすれば辿り着く力士の頂点 横綱に……!

その鬼丸の言葉に礼奈の父も心を打たれ

礼奈に失礼なことをたくさん言ってしまった、娘を貰われるのはこたえるものなのだね

すまない応援しているという

翌日

九月場所千秋楽

横綱刃皇の雲龍型土俵入りで始まる……

そして向かい合う二人

太郎太刀こと小関信也 鬼丸こと潮火ノ丸

ほんの一瞬だがこの向かい合う二人の顔に綻ぶ姿があった

【火ノ丸相撲 第240話 終わり】

「火ノ丸相撲」第241話① 千秋楽最後の対戦相手

千秋楽に優勝の可能性を残す二人

その二人は共に大太刀高校インターハイ団体優勝を成し遂げたチームメイトでもあります

観客席ではかつてのチームメイトが二人のことを見守っています

(火ノ丸相撲 第241話 参照)

約束を果たす為ここまで来た太郎太刀

大相撲のこの土俵で鬼丸と対決するこの日を……!

そして二人の取組が始まる

鬼丸と太郎太刀の戦い

はっきよいの合図と共に鬼丸が仕掛ける

それを太郎太刀は二点止めで止めようとするが鬼丸の勢いは止まらない

三点で止まったかと思ったが、そのまま突っ張りで土俵際まで押し出される

(火ノ丸相撲 第241話 参照)

鬼丸のライバルになると決めた覚悟

その想いとその想いに答えてくれる鬼丸

それが太郎太刀の限界以上の力を発揮させる

(火ノ丸相撲 第241話 参照)

「火ノ丸相撲」第241話のまとめ

運営者
運営者
「火ノ丸相撲」の第241話をまとめていくと…
まとめ
  • 先輩後輩対決
  • 大相撲の舞台
  • ライバル

という感じです。

ついに始まった部長との対決

鬼丸の存在があったからこそ今の部長があるのだと思います

ということで次号を楽しみにしていきたいと思います。

最後まで見てくれてありがとうございました。

【火ノ丸相撲】第242話ネタバレあらすじ予想|鬼丸勝利!!刃皇との再戦!?

ジャンプ漫画を見るなら「U-NEXT」
無料で漫画も読めておすすめのエンタメサービス

U-NEXTを見てみる
※「ワンピース」「ブロッククローバー」「ヒロアカ」などの最新刊が無料で読めます。

  • 最新の漫画が読める
  • ドラマ・映画も見れる
  • 31日間の無料体験がすぐにできる