ONE PIECE

【ワンピース(ONE PIECE)】第942話ネタバレあらすじ|光月家最後の大名”霜月康イエ”

【ワンピース(ONE PIECE)】第942話ネタバレあらすじ|光月家最後の大名”霜月康イエ”
この記事の内容

ONEPIECEの最新話の考察

ここでは、ワンピースの最新のあらすじを予想しています。

今までのあらすじ

2年の修行を経て、シャボンディー諸島に再集結を果たした麦わらの一味。彼らは魚人島を経て、ついに最後の海、新世界へとたどり着く。

ルフィたちは政略結婚に巻き込まれたサンジ奪還の為、四皇ビックマムの本拠地に乗り込み無事サンジ連れ戻すことに成功。

一方その頃、聖地マリージョアでは世界会議が開かれ、各国の要人たちやルフィ縁の懐かしい面々が集う中、海軍・革命軍・世界政府など、様々な思惑が交錯し世界が大きく動こうとしていた。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

こちらも良かったら見てくれると嬉しいです。

 

「ワンピース」第942話 ””白舞大名”霜月康イエ”

運営者
運営者
前回の話では、丑三つ小僧の正体がえびす町のトノヤスだったことがわかったものの、捕まり処刑されることになって…。

「ONE PIECE」前話のあらすじ

【ワンピース(ONE PIECE)】第941話ネタバレあらすじ|えびす町の人気者!!トノヤスの正体!?

(ONE PIECE 第941話参照)

小紫の死後、悲しみにくれるオロチのところに丑三つ小僧が捕らえられたという報告が上がってくる。

そんなことはどうでも良いほど、悲しみにくれるオロチだったが、丑三つ小僧の正体を知ったことで態度が急変することになる。

そして見せしめのために”殉葬”するために、現場に向かうオロチだった。

兎丼の方でも小紫の死を悲しむクイーンの姿が。

【ワンピース(ONE PIECE)】第941話ネタバレあらすじ|えびす町の人気者!!トノヤスの正体!?

(ONE PIECE 第941話参照)

そして、ルフィたちは雷ぞうが盗んできたおしるこで充電完了状態。

一方、久里にある頭山。

【ワンピース(ONE PIECE)】第941話ネタバレあらすじ|えびす町の人気者!!トノヤスの正体!?

(ONE PIECE 第941話参照)

ホールデムの配下の攻撃を報復をするため、博羅町に向かう準備をする酒天丸。

その行動の報告が錦えもんたちにも届く。

実は、ホールデムの仕業ではなく錦えもんたちがカイドウたちとぶつけるために仕組んだことだった!?

【ワンピース(ONE PIECE)】第941話ネタバレあらすじ|えびす町の人気者!!トノヤスの正体!?

(ONE PIECE 第941話参照)

ゾロ・日和・おトコが休憩中のところ、偶然にもブルックがやってくる。

そして、ブルックの話を聞くと、花魁”小紫”のお葬式で人が集まり、そんな中、丑三つ小僧が捕まったと大騒ぎ。

その正体がえびす町のトノヤスだった!!

自分の父親ということでおトコが飛び出し、飛び出したおトコを追いかけて日和が飛び出し、やむなくゾロとブルックも二人のあとを追いかける羽目に…。

そして花の都。

小紫のお葬式、オロチに逆らったとして罪人として羅刹町の牢屋敷にて火葬されることに。

そして、羅刹町の牢屋敷では、

【ワンピース(ONE PIECE)】第941話ネタバレあらすじ|えびす町の人気者!!トノヤスの正体!?

(ONE PIECE 第941話参照)

トノヤスが捕まっていた。

そして、トノヤスの正体は、光月おでんと並び光月家に使えた大名の一人”康イエ”だった。

それでは、ワンピースの942話のあらすじをはじめていきます。

 

港を有する郷「白舞」

それはかつてここワノ国のこの「白舞」こそが

唯一正義の「港」を有する郷

ここでは良き客も悪き客も集まる

そのなかでワノ国率いる最強の侍たち

それこそが鉄壁の軍団である

その中で若き康イエとおでんとの会話がある

将軍の息子であるおでんはそのスキヤキの跡を継ぐ気もなく、海に出たいと戯言を言っている

それを聞いた康イエは「光月家」を背負って立つ男が何を言っていると何度もおでんの頭を殴る

康イエの処刑

いよいよ始まる康イエの処刑

その大罪とは……

「将軍オロチ」に盾ついた大罪に花魁小紫の殉死者として屈辱的な「死刑」を言い渡された

さらに「丑三つ小僧」と騒がせていた供述もある

しかしそれは嘘だと否定をする

注目を浴びたかっただけらしい


(ONE PIECE 第942話参照)

えびす町の町人たちが続々とこの花の都に侵入してくる

康イエの処刑を止めるために集まってくる

「判じ絵の札」

康イエは最後に語る

このワノ国はオロチが作ったものではない

この風景は光月家が作ったもの

オロチはドロで汚していくただの害虫

昨今出回った「判じ絵の札」

それは光月家の無念の想いを康イエが作ったイタズラである

オロチの臆病により”月の印”の流行り模様を有する罪なき者たちの投獄する狼狽え様

おでんが死んだ後……

4人の”大名”にオロチに仕えるか

それとも戦うのか……

康イエの最後

羅刹町に到着したオロチ

その手には銃を持っている

(ONE PIECE 第942話参照)

最後の一言に”心の小さき男には 一生食えぬ「おでん」に候”

光月家の最後の大名「霜月康イエ」が撃たれる

ゾロ・おトコ・日和が到着するが時すでに遅し

康イエが死に……

町人たちは涙を流しながら笑い出す

その笑う姿にゾロは激怒しますがそれには理由があったのです

それはカイドウとオロチが持ち込んだ「SMILE(スマイル)」の所為なのです

(ONE PIECE 第942話参照)

「ワンピース」第942話のまとめ

運営者
運営者
ONE PIECEの942話をまとめていくと…
まとめ
  • 霜月康イエという人物
  • 光月に仕える4人の大名
  • 「SMILE(スマイル)」の存在

こんな感じで以上です。

霜月康イエの最後でした

それぞれメンバー集まってきましたがそれを止めることができませんでした

町人たちが苦しくても悲しくてもいつも笑っているのには理由があったのです

その理由が「SMILE(スマイル)」なのです

ということでまた次週を楽しみにしていきます。

最後までありがとうございました。

【ワンピース(ONE PIECE)】第943話ネタバレあらすじ|悲劇の始まり……人造悪魔の実「SMILE(スマイル」の正体とは