火ノ丸相撲

【火ノ丸相撲】第239話ネタバレあらすじ感想|部長の想い!!潮のライバルになる男!

【火ノ丸相撲】第239話ネタバレあらすじ感想|部長の想い!!潮のライバルになる男!
この記事の内容

「火ノ丸相撲」の最新話あらすじ

この記事では、「火ノ丸相撲」の最新のあらすじや、

個人的な考察をまとめています。

今までのあらすじ

弱小の大太刀高校相撲部に現れた新入生、小さき少年・潮火ノ丸。無差別級の格闘技ゆえに体格が重要とされる相撲界において、その常識を覆しIH(インターハイ)団体戦日本一の快挙を成し遂げ、念願の角界入りの資格を掴み取る!

そして幼き頃からの夢・大相撲の大横綱を目指す火ノ丸の戦いは新たなステージへ!!

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

「火ノ丸相撲」第239話 部長の歩み

運営者
運営者
前回の話ではついに鬼丸VS三日月の勝敗が付きました!
登場人物紹介
潮 火ノ丸元大太刀高校相撲部出身。芝木山部屋に入門。四股名は「鬼丸横綱」
五条 礼奈大学3年生。火ノ丸と再会し恋人同士に
刃皇歴代一位の優勝回数を持つ第70第横綱。圧倒的強さで相撲界を牽引する。
日影 典馬日本人離れした体格を持つ国宝「大典太光世」。横綱を目指す
天王寺 獅童比類なき実力で、高校相撲界の横綱として君臨していた国宝「童子切安綱」
芝木山親方火ノ丸の所属する部屋の親方。
駿海 登喜男名指導者で火ノ丸に相撲の未来を託す。

「火ノ丸相撲」 前回のあらすじ

三日月が廻しを取られる

その意味は鬼丸が廻しを取ること

この意味を知る観客たちが一斉に声を上げる

その中、二人の力士は燃え上がる

「今のワシは強いぞ!!さあ殺し合おう沙田!!!」と意気込む鬼丸

しかし三日月は何を笑っていると鬼丸の腕をおっつけで強引に外す

鬼丸の勢いは止まることはなく

強引に外されたにも関わらず、”背負い下手投げ”からの”大股 鬼無双”

さらに廻しを取り、鬼丸の”百鬼薙”

(火ノ丸相撲 第238話 参照)

三日月はこの時をずっと待っていた

鬼丸の投げの上回るほどの速さで

”上手捻り”と”手斧掛け”の合わせ技”花天月地”

しかし小兵の技で鬼丸は飛び、三日月の技を避けるのだ

そしてもっと速く……誰よりも速く!!”内掛け 龍尾刈り”

内掛けにより三日月の足を取る……

(火ノ丸相撲 第238話 参照)

”腕取り 百千夜叉墜”

そして決着がつく……

勝ったのは鬼丸

2敗を守り、優勝圏内に名乗りを上げたのは鬼丸国綱

今の彼をただの小兵と侮る者はいないでしょう

その後13日の小結巨兜に14日の前頭四 北青龍と危なげだが2敗をキープする

(火ノ丸相撲 第238話 参照)

そして千秋楽最後の対戦相手は……

太郎太刀ー鬼丸

【火ノ丸相撲 第238話 終わり】

それでは「火ノ丸相撲」第239話あらすじを始めていきます

「火ノ丸相撲」第239話① 太郎太刀信也

九月場所十三日

太郎太刀ー蜻蛉切

その対戦の結果は太郎太刀の勝利です

その成績は11勝2敗と優勝圏内に入っています

あの部長がこんなにも逞しく、幕内ながらここまでの力士になるまでに色々ありました

【火ノ丸相撲】第239話ネタバレあらすじ感想|部長の想い!!潮のライバルになる男!(火ノ丸相撲 第239話 参照)

それは二年前のことです

あの頃の部長は三段目と序二段と行ったり来たりし思うように結果を出せぬ日々に焦っていました

同じ長門部屋の童子切に稽古をつけてもらっていた

しかし周りから見たら付き人の部長に対して厳しすぎとか親が見に来ているのにかわいそうなどと言っている姿がある

関取である童子切が自分のために稽古をつけてくれているのになにがかわいそうだと怒りを出す時もあった……

相撲とは「心」の競技

目標としていた鬼丸もしその時、怪我のため休場となっていたことも無関係ではない

その伸び悩む時期と重なり、そして部長は逃げてしまった……

部長が向かった先は柴木山部屋

自分は上背もなく四つ相撲でも武器もない

どうして柴木山部屋ではなく長門部屋を選んだのかと悩んでいると行きついた先が柴木山部屋なのだ

その部屋を覗くと休場している筈の、鬼丸の姿があった

その姿に心が気持ちが変わったのか

次の朝、部長は長門部屋に戻っていた

そして童子切に皆に言うことあるやろと言われ、皆に謝罪し

【火ノ丸相撲】第239話ネタバレあらすじ感想|部長の想い!!潮のライバルになる男!(火ノ丸相撲 第239話 参照)

「「心」入れ直してきました

俺は潮の……ライバルになる為にここに来たんだ……!」と童子切に宣言する

「国宝」鬼丸のライバルの意味がその覚悟があるのかと言う童子切に頷く部長

そして部長は四つ相撲を捨て、押し相撲一本へと転向

それは大きな賭けではあったが、それは結果として残った

あの時部長は鬼丸と話をしていた……

休場をしていた鬼丸と

お前が戻ってくるのを信じている 次に会う時までに鬼丸たちと同じぐらい強くなるから

次会う時は土俵の上だと約束をしていた

「火ノ丸相撲」第239話② 14日目夜

部長との取組が始まるその前に

14日目夜

それは五条家の家である出来事があった

【火ノ丸相撲】第239話ネタバレあらすじ感想|部長の想い!!潮のライバルになる男!(火ノ丸相撲 第239話 参照)

【火ノ丸相撲 第239話 終わり】

「火ノ丸相撲」第239話のまとめ

運営者
運営者
「火ノ丸相撲」の第239話をまとめていくと…
まとめ
  • ライバル
  • 彼女の親!?

という感じです。

今回の話は部長の話でした

伸び悩んでいた部長の「心」にきっかけをくれたのは鬼丸でした

いつも部長の心の支えとなるのが鬼丸の姿です

その鬼丸との勝負です

その前に五条家にてトラブルか!?

ということで次号を楽しみにしていきたいと思います。

最後まで見てくれてありがとうございました。

【火ノ丸相撲】第240話ネタバレあらすじ予想|鬼丸が負ける!?父親登場にピンチ……