鬼滅の刃

『鬼滅の刃』我妻善逸の強さ、眠れる力について勝手に考察してみた【雷の呼吸】

我妻 善逸(あがづま ぜんいつ)

我妻善逸とは?

主人公の竈門炭治郎の同期である鬼殺隊の16歳剣士である

炭治郎の受けた試験の最終選別のたった5人の生き残りの隊士の1人である

女好きで騒がしくヘタレで「死ぬ」が口癖でなぜ生き残ったかわからないぐらいの臆病者

しかし実は優しく真っすぐで正義感があり

鬼を目の前にし危機感を感じて子供を庇ったり立てない自分を置いて先に逃げろと口にすることができる

聴覚が異常に優れており聞いただけで嘘がわかり良くも悪くも「自分の信じたい人」を貫き騙されることが多い

炭治郎が鬼を庇っているとわかっていても炭治郎の優しさを信じ「鬼である禰豆子」を守る姿もある

眠れる力、雷の呼吸法について

眠れる力

騒がしく臆病者で戦えそうもない奴だが

鬼を目の前にし刃を振るわねばならない時に

緊張と恐怖が極限を超えると失神するように眠りに落ちる

この眠っている時こそのみ本当の力が発揮される

善逸が普段からこの戦闘力を見せないのは緊張と恐怖で体を硬直させているため

眠ることでそれらの感情が取り除かれ、本来の力がでる

雷の呼吸

我妻善逸が唯一扱える呼吸

本来ならば雷の型は6つまで存在しているが善逸が取得できたのは壱ノ型までである

壱ノ型 霹靂 一閃

(鬼滅の刃 第23話 参照)

雷の如く

その名の通り

雷の速さで相手の頚を斬り落とす居合の一閃

壱ノ型 霹靂一閃 六連

(鬼滅の刃 第60話 参照)

壱ノ型 霹靂一閃を六連撃まで可能にできた技

踏み込みからの六連続の居合一閃

方向展開もでき、その動きが雷のように見える

壱ノ型 霹靂一閃 八連

(鬼滅の刃 第91話 参照)

壱ノ型 霹靂一閃を八連撃まで可能にできた技

その速さと威力は六連とは比べものにならない

壱ノ型 霹靂一閃 神速

(鬼滅の刃 第93話 参照)

霹靂一閃の極みともいえる一閃

その速度は光速をも超える

しかしその負担は大きく、それに耐えれる身体でなければ連続で繰り出すことは出来ない

現在の善逸では2回までが限界だ

漆ノ型 火雷神

【鬼滅の刃】第145話あらすじ解説ネタバレ感想|兄弟喧嘩!?俺だけの型!雷の呼吸漆ノ型炸裂!!

(鬼滅の刃 第145話 参照)

その言葉の意味通り、雷神のこと

雷の猛威に対する畏れや稲妻と共にもたされる古代日本人の信仰から生まれた神と考えられている

一撃必殺の居合技、これは善逸が編み出した善逸だけが扱える雷の呼吸漆ノ型なのだ

だがその壱ノ型を極限まで極めている

  • 全集中 雷の呼吸
  • 壱ノ型 霹靂一閃
  • 壱ノ型 霹靂一閃 六連
  • 壱ノ型 霹靂一閃 八連
  • 壱ノ型 霹靂一閃 神速

他の隊士の呼吸も見てください