鬼滅の刃

【鬼滅の刃】第155話あらすじ解説ネタバレ感想|慶蔵と恋雪との出会い!狛治の人生……

ここでは鬼滅の刃の最新のあらすじをまとめています

今までのあらすじ

時は大正時代。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。唯一生き残った者の鬼に変化した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を打つため”鬼狩り”の道を進む決意する。

人と鬼とが織りなす哀しき兄弟の物語が今、始まる!

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね

よかったら見てくれると嬉しいです

>>>【鬼滅の刃】登場人物キャラクター最新版

>>>【鬼滅の刃 考察まとめ】現段階での鬼滅隊の全呼吸一覧を紹介

>>>【鬼滅の刃】十二鬼月の強さとその能力について勝手に考察してみた

>>>【鬼滅の刃】鬼殺隊”柱”最強強さランキング

【鬼滅の刃】第155話 役立たずの狛犬

竈門炭治郎この物語の主人公
竈門禰豆子炭治郎の妹 あることがきっかけに鬼に変化
我妻善逸炭治郎の同期 ヘタレ
嘴平伊之助炭治郎の同期 野生児 猪の被り物を取ると美形
富岡義勇鬼殺隊の柱 ”水柱”
胡蝶しのぶ鬼殺隊の柱 ”蟲柱”
甘露寺蜜璃鬼殺隊の柱 ”恋柱”
不死川実弥鬼殺隊の柱 ”風柱”
宇髄天元鬼殺隊の元柱 ”音柱”
時透無一郎鬼殺隊の柱 ”霞柱”
伊黒小芭内鬼殺隊の柱 ”蛇柱”
悲鳴島行冥鬼殺隊の柱 ”岩柱”
不死川玄弥炭治郎の同期 ”風柱”不死川実弥の弟
鬼舞辻無惨鬼のラスボス的存在
運営者
運営者
【鬼滅の刃】前回の話では猗窩座(あかざ)の人間だった頃の記憶が蘇る

【鬼滅の刃】前話 あらすじ

緊迫した状態

その中で、義勇が猗窩座(あかざ)に炭治郎を殺したければ俺を倒していけということ

その言葉に反応した猗窩座(あかざ)

しかし義勇も瀕死の状態

視界も競作してきて失神しかけている、左耳も聞こえなくなっていてさらに右手の感覚もなくなっていた

全力疾走というもの長時間できることではない

通常の人間は全力であれば10秒走るのですら激しく息切れする

それ以上動き続けるとます速度落ち、技の精度も落ちていく

筋肉疲労で手足は鉛のように重くなる

疲労・負傷の概念がない鬼

さらには上弦との戦いで長時間全力を維持し続けたのは

呼吸を使える者だけが起こせる奇跡

託されたものを後に繋ぐ

もう二度と目の前で家族や仲間を死なせない

守る、炭治郎は俺が守る

猗窩座(あかざ)が義勇に襲う掛かろうとした時、猗窩座(あかざ)の腕を引っ張る一人の女性の姿が現れます

もうやめにしましょうと言うその女性に駄目だと答える強くならなければいけないと……

強くなければ持って帰って来られないからだ

親父に薬をと言い猗窩座(あかざ)の人間だった頃の記憶が始まりました

人間だったころは盗みを繰り返し、盗んだ金で親父の薬などを買っていた

強くなければ、返り討ちに遭い奉行所に捕まり刑罰をも喰らう

奉行所には掏摸の入れ墨はもう両腕に三本線次は手首を斬り落とすと言われといる

(鬼滅の刃 第154話 参照)

しかし手首を切られても、足で掏摸をすると虚勢を張っている……

わずか11で犯罪を繰り返し、大の男ですら失神する百敲きを受けてこの威勢そして鬼子と呼ばれる始末

奉行所から解放され、家に帰る道中に近所に住む男性に父親が自殺したと告げられる

その父親からの手紙があった

”狛治へ”

”真っ当に生きろまだやり直せる

俺は人様から金品を奪ってまで生き永らえたくはない

迷惑をかけて申し訳なかった”という手紙だ

貧乏人は生きることさえ許されない世の中に激しく怒りを覚える

父親の為なら何でもできる、どんなことでも耐えられるのに父親のためなら死んだってよかったのに

それなのに父親は死んでしまった……

その怒りを町のチンピラ連中にぶつけていた

その時、ある一人の男が現れた

(鬼滅の刃 第154話 参照)

その大人7人も素手で倒す姿を見て、自分の道場へと勧誘する

猗窩座(あかざ)の怒りは収まらず、その男に襲い掛かる

しかしその男は強く、猗窩座(あかざ)はボコボコにされる

そして猗窩座(あかざ)はその男の道場へと運び込まれる

目が覚めるといきなりやってもらいたいことがあると言い、ある部屋へと案内される

(鬼滅の刃 第154話 参照)

病気の娘の看病だ

その娘の姿は病気だった父親と雰囲気が被る

自分は仕事があるから猗窩座(あかざ)に娘のことを頼む

その娘は恋雪といい、猗窩座(あかざ)の腫れあがった顔を心配する……

【鬼滅の刃 第154話 終わり】

それでは【鬼滅の刃】第155話あらすじを始めていきます

【鬼滅の刃】第155話① 恋雪

その病で苦しむ姿が、かつての父の姿と重なる……

手間をかけて申し訳ない

咳の音が煩くて申し訳ない

満足に働けず申し訳ない

一番苦しいのは本人のはずなのにいつも謝る……

恋雪は本当に体が弱かった

一晩中つきっきりで額に乗せる手拭いや寝巻きを替えたり、こまめに水を飲ませて厠に行く時は当然抱えて行かなければならなかった

狛治は元々父親の看病をしていたため人並み外れて辛抱は利く体だったからたいしてつらくはなかった

しかし恋雪はいつも謝っていた

鍛錬も出来ず、遊びにも行けなくてと……

しかいし狛治は遊びたいとは思わないし、鍛錬なら空いた時間でしているから気にしないでくださいと

それでも恋雪は気分転換に今夜花火が上がるから行ってきて……

狛治は恋雪の病状が落ち着いたら背負って行きましょう

今日行けなくても来年も再来年も花火が上がるからその時行けばいいですよと恋雪に伝える

その言葉を聞いた恋雪はしくしくと泣き出す

その姿を見た狛治は居心地が悪くなる

狛治は恋雪の看病で唯一面倒だと思うのは会話の途中で恋雪がやたらとめそめそ泣くことだった

【鬼滅の刃】第155話② 毒殺

侍でもない慶蔵がこれほどの土地と道場を持っているのは

昔に山賊に襲われていた老人を助けたからだ

その老人は慶蔵の素流の技に甚く感動し、継ぐ者がいなかった土地とふるい道場を慶蔵に譲ったのだ

しかし隣接した剣術道場はその土地を自分たちのものにしたかったため素流道場に嫌がらせをしていたため素流道場には門下生が増えなかった

だが狛治にとってはそこでの鍛錬と恋雪の看病が唯一の救いだった

そして月日は流れ、狛治は18歳になり恋雪は16歳になっていた

恋雪は臥せることも殆どなくなり普通に暮らせるようになっていた

ある日、慶蔵に呼び出される狛治

そしてこの道場を継いでくれと言われる

恋雪も狛治のことを好きだと言っているし

狛治は戸惑っている

罪人の入れ墨が入っている自分が未来なんてうまく想像できなかった

ましてや誰かが自分のことを好いてくれる未来なんて……

人生をやり直せるかもしれないという淡い期待が収拾つかない程に膨らんで……


(鬼滅の刃 第155話 参照)

この時狛治は命に代えても守りたいと思った二人が

毒殺されるなど夢にも思わなかった

狛治が父親の墓に祝言を上げること報告しに行き、道場に戻った時だ……

その事実を聞く前から吐きそうだった横隔膜が痙攣して、嫌な予感と鳥肌が立っていた

大事な人が危機に見舞われている時 いつも傍にいない

恋雪と約束したのに

あの時狛治とのささいな会話の中で今年花火が見れなくても来年、再来年見に行けばいいと言いてくれた事

恋雪は自分の来年、再来年と生きている未来が想像することができなかった

母親もそんな恋雪のことを見たくなく自殺し、慶蔵も心の中では諦めていました

でも狛治だけは恋雪の未来が当たり前のように来年、再来年と話してくれていたことが恋雪にとっては凄くうれしいことだった

(鬼滅の刃 第155話 参照)

狛治と夫婦になりになりたいと告げ、狛治は俺は誰よりも強くなって一生あなたを守りますと答える

しかし恋雪たちが亡くなった今、何一つ成し遂げられていない

【鬼滅の刃】第155話③ 惨殺事件

素流道場の父娘が毒殺された後

生き残りの門下生一人が隣接する剣術道場を襲撃

剣術道場の六十七名を殺害したのは素手による

頭部破壊 内臓破壊

殆どの遺体は潰されて原型もなくひしゃげた上体の一部が大きく欠損

顎や脳や目玉手足内臓が天井及び壁に飛び散り張り付く地獄絵図

生存していた女中も正気を失っていた

あまりの荒唐無稽な内容にこの記録は三十年程して作り話ということで廃棄されている

その道場を後にした狛治

返り血を浴びたまま、行く当てもなく歩き続ける

するとその歩く先に一人の男の姿が現れる

その男が鬼が出たと大騒ぎをしていたから出向いたらただの人間とは何ともつまらんと言う

狛治がどけ殺すぞと言うと

瞬時に狛治に近づき、狛治の頭部を突き刺す


(鬼滅の刃 第155話 参照)

「十二体程強い鬼を造ろうと思っているんだ

お前は与えられるこの血の量にたえられるかな?」

そして鬼となり人間だった頃の記憶を無くしさらに強さを求めた

(鬼滅の刃 第155話 参照)

守りたいものはもう何一つ残っていないというのに家族を失った世界で生きていたかったわけでもないくせに百年以上無意味な殺戮を繰り返し

何ともまあ惨めで滑稽でつまらない話

【鬼滅の刃 第155話 終わり】

【鬼滅の刃】第155話をまとめてみると…

運営者
運営者
【鬼滅の刃】第155話をまとめてみると…
まとめ
  1. 守りたいもの
  2. 復讐
  3. 鬼になる

という感じですね

今回の話では猗窩座(あかざ)の人間だった頃の記憶です

守りたいものができ、そしてその大切な人を奪われた

奪ったものへの復讐

そして何もなくなったところへ無惨が現れ、狛治に鬼の血を与え鬼にする

これが狛治が猗窩座(あかざ)になるまでの話でした

次週はついに決着ですね

次回も見に来てくださいね。

【鬼滅の刃】第156話あらすじ解説ネタバレ予想|猗窩座(あかざ)戦ついに決着!!次なる強敵は”上弦ノ伍”!?

ジャンプ漫画を見るなら「U-NEXT」
無料で漫画も読めておすすめのエンタメサービス

U-NEXTを見てみる
※「ワンピース」「ブロッククローバー」「ヒロアカ」などの最新刊が無料で読めます。

  • 最新の漫画が読める
  • ドラマ・映画も見れる
  • 31日間の無料体験がすぐにできる