約束のネバーランド

【約束のネバーランド】ネタバレ第132話あらすじ|鬼たちの戦争が始まる!!そしてエマとレイの前には思い出の場所が…

【約束のネバーランド】ネタバレ第132話あらすじ|鬼たちの戦争が始まる!!そしてエマとレイの前には思い出の場所が…
この記事の内容

約束のネバーランドの最新話のあらすじ

ここでは、約束のネバーランドの最新のあらすじをまとめています。

今までのあらすじ

自分たちが鬼の食糧として育てられていたことを知ったエマは生き残るために14人の仲間とともに孤児院、GFハウスを脱獄する。

そして安全なシェルターで暮らすオジサン(ユウゴ)に遭遇した子供たちは彼の力を見込んでガイドを頼み、エマとレイをミネルヴァからの手紙に記されたGPへと送り出した。だが今は鬼にさらわれ、2人を残しGP内へ。そして今は合流したレイ達と共に強敵、レウウィスを倒す。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

こちらも良かったら見てくれると嬉しいです。

 

「約束のネバーランド」第132話 誅伐

運営者
運営者
前回の話では、扉をくぐったエマとレイ、そして登場するラスボスたち…。
登場人物
エマ主人公。特上の一人
レイメインキャラで特上の一人
アリシアユウゴのことが心配で捜索して…
オリバー最年長の食用児
ユウゴ&ルーカス襲撃してきたアンドリューたちを足止めして自爆攻撃をした
アンドリュービーターサイドの人間で食用児を抹殺するため襲撃してきた

 

「約束のネバーランド」前話のあらすじ

新しい世界へ向かうエマとレイ。

以前、クヴィティダラでのヒントからすでに扉の前までは行っていたエマたち一行。

【約束のネバーランド】ネタバレ第131話あらすじ|ついに入り口の前に立つエマとレイ、そして鬼族の「五摂家」と「女王」の登場

(約束のネバーランド 第131話参照)

その時の知識を活かして、扉の前に向かうエマとレイ。

クヴィティダラにあった6つの塔のすべての天井絵をつなぎ合わせると、入り口への手順になることは試していた。

天井絵にあった、昼と夜、そして入り口、全部あの絵の通り。

そして…。

扉をくぐるエマとレイ

【約束のネバーランド】ネタバレ第131話あらすじ|ついに入り口の前に立つエマとレイ、そして鬼族の「五摂家」と「女王」の登場

(約束のネバーランド 第131話参照)

条件が揃うと、

【約束のネバーランド】ネタバレ第131話あらすじ|ついに入り口の前に立つエマとレイ、そして鬼族の「五摂家」と「女王」の登場

(約束のネバーランド 第131話参照)

姿を消す2人。

【約束のネバーランド】ネタバレ第131話あらすじ|ついに入り口の前に立つエマとレイ、そして鬼族の「五摂家」と「女王」の登場

(約束のネバーランド 第131話参照)

そして2人の前には扉が現れる。

扉が一枚。

扉には文字、見たことのない文字なのに読めてしまう。

扉には、「このさき進むと引き返せない、引き返すならこの扉を今すぐこの逆側の面から開けて帰るべし」と。

そして、クヴィティダラにあった5つの天井絵にはヒントがかかれていたが、6つ目の絵は真っ黒だった、

つまり、ただすんなり昼と夜へ行けるってわけじゃないということ。

前回にドンやザック、ヴァイオレットたちときたときは、ここで引き返したが今度はそのさきに進む。

【約束のネバーランド】ネタバレ第131話あらすじ|ついに入り口の前に立つエマとレイ、そして鬼族の「五摂家」と「女王」の登場

(約束のネバーランド 第131話参照)

鬼族の”五摂家”と”女王”の登場

2047年11月、王都。

【約束のネバーランド】ネタバレ第131話あらすじ|ついに入り口の前に立つエマとレイ、そして鬼族の「五摂家」と「女王」の登場

(約束のネバーランド 第131話参照)

五摂家ではそれぞれ、ドッザ卿・パイヨン卿・プポ卿・ノウム卿・イヴェルク卿の五人の貴族の姿が。

ここではゴールデンポンドでエマたちに倒されたパイヨン卿や、レウウィス大公たちの失踪の話題があった。

そして、鬼の頂点”女王”が登場する。

【約束のネバーランド】ネタバレ第131話あらすじ|ついに入り口の前に立つエマとレイ、そして鬼族の「五摂家」と「女王」の登場

(約束のネバーランド 第131話参照)

それは、世界を統べし者、女王”レグラフェリマ”の姿だった。

では、第132話のあらすじを始めていきます。

 

鬼たちの戦争が始まる

【約束のネバーランド】ネタバレ第132話あらすじ|鬼たちの戦争が始まる!!そしてエマとレイの前には思い出の場所が…

(約束のネバーランド 第132話参照)

鬼の女王と五摂家が集まる目的は、鬼たちの農場の盗難騒動の自体を収集するあためにあると話す女王。

この半年ほどにかけて、ノーマンたちがおこした騒動。

それぞれの派閥から、内乱の兆しも感じることができる。

そして、鬼たちの中で重要視されているのが、まるで内部・警備を知り尽くしているような手落ちのなさ、しかもあえて知能の高いとされるλやその系列の農園ばかりを襲っている。

つまり、あらての盗難賊徒である可能性が大きい。

【約束のネバーランド】ネタバレ第132話あらすじ|鬼たちの戦争が始まる!!そしてエマとレイの前には思い出の場所が…

(約束のネバーランド 第132話参照)

今後の展開を危惧した女王や五摂家たちは、全軍で戦う意思を示し、

【約束のネバーランド】ネタバレ第132話あらすじ|鬼たちの戦争が始まる!!そしてエマとレイの前には思い出の場所が…

(約束のネバーランド 第132話参照)

戦争を開始する。

儀祭(ティファリ)までに片をつけると、宣言する女王。

ここまではノーマンの「計画」通り

この状況を監視していたノーマンの偵察がヴィンセントに情報を伝える。

【約束のネバーランド】ネタバレ第132話あらすじ|鬼たちの戦争が始まる!!そしてエマとレイの前には思い出の場所が…

(約束のネバーランド 第132話参照)

ここまでは、ノーマンの計画通り。

これによって、ギーランと五摂家たちをぶつける計画。

これによって兵力を分断させることに成功した。

【約束のネバーランド】ネタバレ第132話あらすじ|鬼たちの戦争が始まる!!そしてエマとレイの前には思い出の場所が…

(約束のネバーランド 第132話参照)

そして、そのすきに生じて大きなイベントの最中にノーマンたちは王や貴族を倒す計画を進める。

残るタイムリミットは8日。

そして、ヴィンセントのもう一つの懸念でもある「邪血」の存在。

ノーマンは対策を考えていると話す。

そこで呼ばれたのが、ドンとギルダだった。

エマとレイがたどり着く場所は「グレイスフィールド」

そして一方、扉をくぐったエマとレイの眼の前にあったのは、

【約束のネバーランド】ネタバレ第132話あらすじ|鬼たちの戦争が始まる!!そしてエマとレイの前には思い出の場所が…

(約束のネバーランド 第132話参照)

始まりの場所でもあるグレイスフィールドだった。

 

「約束のネバーランド」132話のまとめ

運営者
運営者
約束のネバーランドの132話をまとめると…
まとめ
  • 王と貴族たちによる戦争が始まる
  • ノーマンの計画通りにことが運ぶ
  • エマとレイの前にあったのはグレイスフィールド

という感じになりました。

どんどんと展開が進んでいくノーマンの計画。

鬼たちの戦争が始まることによってすきが生じることによって、王や貴族を倒す計画。

残りのタイムリミットは8日。

そんな感じで次週を楽しみに待ちます。

最後まで見てくれてありがとうございました。

【約束のネバーランド】ネタバレ第133話あらすじ|翻弄されるエマとレイ!! 懐かしの「グレイスフィールド」
【約束のネバーランド】ネタバレ第133話あらすじ|翻弄されるエマとレイ!! 懐かしの「グレイスフィールド」 ここでは、約束のネバーランドの最新のあらすじをまとめています。 自分たちが鬼の食糧として育てられていたことを知...