ブラッククローバー

【ブラッククローバー】 第200話ネタバレあらすじ感想|ノゼルの勝利!パトリの解放!?

【ブラッククローバー】 第200話ネタバレあらすじ感想|ノゼルの勝利!パトリの解放!?
この記事の内容

ブラッククローバーの最新話の考察

ここでは、ブラッククローバーの最新のあらすじや、

個人的な考察をまとめています。

今までのあらすじ

魔法が全てのとある世界、最果ての村ハージの協会に同じ日に捨てられていたアスタとユノは、互いに魔道士の頂点・魔法帝になることを夢見て努力を重ねる日々を送っていた。

15歳になる年に持ち主の魔力を高める”魔導書(グリモワール)”を与えられた二人は、魔法帝直属の魔道士軍団である、魔法騎士団の入団試験を受ける。その結果、九つある軍団の中から魔力の強いユノはエリート集団「金色の夜明け」、魔力が一切ないアスタは、ならず者集団「黒の暴牛」に所属することに。

うちに二人は魔法亭への第一歩を踏み出したのであった。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

こちらも良かったら見てくれると嬉しいです。

 

「ブラッククローバー」第200話 光の世界

運営者
運営者
前回の話では銀翼の大鷲団長ノゼル・シルヴァが助っ人として登場し、倒すことができました
登場人物
アスタ主人公、魔力がない代わりに、鍛えた身体と諦めない強い心で魔法帝を目指す
ユノアスタの親友で、共に魔法帝を目指すライバル
ヤミ・スケヒロ黒の暴牛の団長で闇魔法の使い手
ラック黒の暴牛の団員でエルフに転生されていたがアスタによって覚醒した
バネッサ黒の暴牛の団員で魔女。チート魔法”運命の糸”を扱える
ドロシー珊瑚の孔雀の団長。エルフに転生している
ジャック・ザ・リッパー翼緑の蟷螂の団長で斬撃魔法の使い手
フィンラル黒の暴牛団員、空間魔法の使い手
ランギルスフィンラルの弟で、空間魔法の使い手
ゴーシュ・アドレイ黒の暴牛団員で鏡魔法の使い手。エルフに乗っ取られている。

「ブラッククローバー」前話のあらすじ

憎悪と絶望によってダークエルフへと変化してしまった

パトリ

そのパトリの大魔法”魔光魔法 神罰の光芒”によって大ピンチのアスタとユノ

この魔法をアンチ魔法を持っているアスタが受け止める

その後ろからユノも強力し一緒に止める

(ブラッククローバー 第199話 参照)

今のオレとユノなら!!!

何とかその大魔法を止めることができた!

そして力を使い過ぎたのかアスタのブラックアスタも解除してしまった

パトリも魔力を消費したはずと安心していたらもう一度”神罰の光芒”の発動準備をしていたのだ

再び大ピンチとなる二人……

そして”神罰の光芒”が発動し、やられてしまうと思った時その魔法を防ぐ者が現れた

(ブラッククローバー 第199話 参照)

銀翼の大鷲団長 ノゼル・シルヴァが登場したのである

魔法の戦いは属性の相性が大きく影響する

そのために魔法騎士団は常にチームで任務にあたり

互いの弱点などをカバー出来るよう組織立てられている

だからこそノゼル・シルヴァの万能の魔法は一騎当千

攻防一体・変幻自在の水銀魔法はどのような敵にも対応し必ず成果を上げてきた

強大かつ洗練された魔力で大量の水銀を創生し瞬時に押し固め、滑らかにして光を反射……!

光魔法と水銀魔法と相性がいい

光を反射し水銀魔法で防ぐ

そして部屋中にまき散らし

(ブラッククローバー 第199話 参照)

”水銀創成魔法 刑戮の銀星”

この魔法は魔法ごと閉じ込め攻撃し続ける

不可避の監獄なのだ

そして全ての攻撃を跳ね返す

魔法帝を目指すアスタ・ユノに

「魔法帝になるのは私だ」

【ブラッククローバー 第199話 終わり】

それでは「ブラッククローバー」第200話あらすじを始めていきます

「ブラッククローバー」第200話① 滅魔の剣

ノゼルの水銀魔法により、ダークエルフへと変化したパトリを撃破することができました

それを見ていたライアの意識も失いかけていきます

その時、ミモザがそれを治そうとします

なぜ……と言うライアにミモザが死にそうな方を助けるのに理由はいらないと言う

それを感じたライアは結局王族に助けられている、いつの時代もこんな感じかと……

そしてそこでパトリにトドメを刺そうとしているのはノゼルだ

「ちょっとアレ!?今の流れじゃなくないですかぁ!!?」とノゼルのツッコミを入れるアスタ

この流れ以外にどの流れがある?と言い返すが

そこでユノがその体はヴァンジャンス団長のものです、だから待ってくださいと言います

そしてアスタの剣、滅魔の剣ならヴァンジャンスを元に戻せると言うのです

(ブラッククローバー 第200話 参照)

アスタがパトリに滅魔の剣を刺します

すると黒いモヤが出現します!そのアンチ魔力量は今まで開放してきた者たちとは比べ物にならないぐらいの量です

そのモヤがアスタを包み込み、パトリの中へ引きこまれます

その時パトリの記憶、感情までも取り込んでいきます

そしてその時に、パトリが魔法敵を殺害していたことをも知ることになるのです

その奥にいるのは負の感情を抱えているパトリの姿です

(ブラッククローバー 第200話 参照)

パトリは騙されていたことや、エルフの皆を蘇らせたこと、多くの犠牲を出してしまったことなどを全ての悪を人間のせいだと決めつけていたのです

そこに現れたのがアスタですパトリが騙されて大事なもの守れなくて、信じていた光を見失って

だけどそれであきらめるなと……逃げるな

しかしそれを聞いていたパトリは逆上するが、さらにアスタが逆上する!

自分の憧れていた魔法帝を……町の皆を人質し殺し、そして転生で罪のない人までをも傷つけたことを絶対に許さない

しかしアスタはそこまでのことをしていていい様に利用されているじゃないと言う

取り返しのつかないことをしたからって勝手に絶望するな、あの悪魔を止めなくてはいけないだろ!最後までみっともなくても踏ん張れと……

負の感情を抱え込んでいるパトリはそれでもアスタの言葉に聞く耳を持てず、ほっとけと突き放そうとしますが

それでもアスタは自分の言葉を自分の意志を貫き通すようにお前たちのことも諦めなとさらにパトリのことを包み込みます

「ブラッククローバー」第200話② 共闘!?

そして黒いモヤはなくなり、元のところへ戻ってきます

その姿を見たライアはアスタがパトリを連れて戻ってきたことに驚きます

(ブラッククローバー 第200話 参照)

戻ってきたパトリが「こんなバカな人間見た事ない……

最後まで付き合ってもらえないか……!」

力を合わせて、悪魔を追うことを決意した!

【ブラッククローバー 第200話 終わり】

「ブラッククローバー」第200話をまとめると…

運営者
運営者
ブラッククローバーの第200話まとめると…
まとめ
  • 滅魔の剣
  • 記憶
  • 人間とエルフとのタッグ

こんな感じでしょうか。

ついに最終局面となる、影の王宮編が始まりました。かなりの強敵との戦いによってどういう展開になるのか、

ダークエルフへと変化したパトリを助けに来たノゼルが撃破することができました!

そこでエルフ解放の滅魔の剣でアンチ魔力を出します

しかし大量のアンチ魔力でアスタは包み込まれ、パトリの記憶を見ることになりました

そこで魔法帝の死を確認することにもなり、そこで絶望するパトリに会い、しかしアスタは絶望するよりも自分の意志を貫くことを問いただし、パトリを導くことに成功しました!

これからどんな展開になるのか楽しみです

見てくれてありがとうございました。

【ブラッククローバー】 第201話ネタバレあらすじ予想|悪魔を追え!人間とエルフの強力チーム!!