ボルト

【BORUTO(ボルト)】第34話あらすじ解説ネタバレ感想|殻のメンバー登場!!カワキ忍術を覚える!?

【BORUTO(ボルト)】第34話あらすじ解説ネタバレ感想|殻のメンバー登場!!カワキ忍術を覚える!?

ここではBORUTO-ボルト-の最新のあらすじをまとめています

今までのあらすじ

世界を揺るがせた忍界大戦もすでに過去の話木ノ葉隠れの里では平和を迎えていた!

七代目火影うずまきナルトが治める木ノ葉の里。平和と経済成長を謳歌する世界で「ナルトの息子たち」次世代の忍者は、一体どのような忍道を歩んでいくのか!?彼らの足跡を辿り、どんな物語を進んで行くのか……いざ伝説の再開!!

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね

こちらも見てくれると嬉しいです

【BORUTO(ボルト)】第34話 修行!!

ボルト この物語の主人公
カワキ ボルトのライバル 全身科学忍具
ナルト ボルトの父親 前作の主人公
ヒマワリ ボルトの妹
デルタ 殻のメンバー
果心居士 殻のメンバー?
運営者
運営者
【BORUTO(ボルト)】前回の話では見事に殻の幹部であるデルタを撃破することができました!!

【BORUTO(ボルト)】前話 あらすじ

前回の話の終わりでデルタによる破壊光線を庇って負傷したカワキ

それでボルトに花瓶の件はチャラだぞと言わんばかりでしたね

その庇ったことでデルタは怒っています

「あんたは「器」その体はあんたのモノじゃない……!

「殻」のために……ジゲンのためにあんのよ……!!

何度言えば分かるの!?」

デルタの光線は自己再生ができないため自己治癒ができないみたいだ

そしてアマドという殻のアジトに連れて帰るとそこに行けば治すことができるみたいだ

そんなデルタに腹を立てているのはナルトだ

カワキの事をモノ扱いしていることに怒っている……

(BORUTO(ボルト) 第33話 参照)

そして再びデルタとの交戦が始まる

その恥しい攻防は少しだがナルトの方が圧倒している

(BORUTO(ボルト) 第33話 参照)

怪物じみた強さだが、やはり人……

その激しさにより息が上がってきたみたいだ

その隙を伺って破壊光線を当てるつもりだ

しかしカワキの事で逆上しているナルトは

「子供たちに指一本でも触れたら……

死ぬほど後悔するぜってよ……確かに聞いたよなァ……

もう手遅れだぜ……!

お前だけじゃねぇ……裏でコソコソ糸引いてるそのジゲンって野郎も……!

必ず探し出しブッ潰してやっからよ……!!」

そう言いデルタにとどめを刺すために近づく……

近づいたナルトにデルタは破壊光線を放った

しかしナルトは引くことをせず”大玉螺旋丸”!!とその破壊光線を相殺する

(BORUTO(ボルト) 第33話 参照)

だが螺旋丸で光線を消すことができたが、デルタの持つ術を吸収する目によって螺旋丸が吸収されてしまう

だがナルトはさらに螺旋丸を大きくする

”超大玉螺旋丸”と先ほど放った螺旋丸よりも大きくする

デカけりゃ吸えないと思ったの? マヌケがナメんじゃねーわよとその螺旋丸まで吸い込もうとする

そのやりとりを見ていたカワキが「無駄だ……技の大小は関係ない……

全部吸収されるぞ……!」

しかしボルトが「たぶん父ちゃんの狙いはそこじゃねぇ」と……

それはデルタの吸収できる量にも限界があると思ったからだ

ナルトの膨大なチャクラそれによってパンクさせるつもりである

その結果……!

デルタの眼は悲鳴を上げ、機能が停止してしまった

「最初に吸収した螺旋丸をお前はそのまま返してきた

吸収した術やチャクラは消えてなくなるわけじゃない

体内のどっかで保存されてるはずだ

だったら容量の限界だってあるはずだろ」

眼が使えなくなったデルタはそのナルトの発言に腹を立て突っ込んでくる

そして「こういう技をよ

まともに食らうのは初めてなんじゃねーか?

とくと味わえってばよ!!!”超超大玉螺旋丸”」

(BORUTO(ボルト) 第33話 参照)

その技が決まり

デルタは気絶しナルトの勝利で決着が付きました!!

【BORUTO(ボルト) 第33話 終わり】

それでは【BORUTO(ボルト)】第34話を始めていきます

【BORUTO(ボルト)】第34話① 繋ぐ力

デルタのと戦闘が終わり、連れて帰るためにデルタに近づくナルト

しかしそこでカワキが叫ぶ甘く見るな早く止めを刺せと……

その時にデルタの身体から音が鳴り出し巨大な爆発が起きる

間一髪のところで避けることができた

4人とも無事に済んだ

それを監視していた果心居士はナルトの実力を見ていたようだ

しかしジゲンを倒せるほどの力ではないと言っているが

そのジゲンを倒せるカギを持っているのはボルト……

ボルトの持つ「禊(カーマ)」がヒントになりそうです

そして木ノ葉の里に戻り、カワキの失った腕の治療をする

傷口の治療の手当てと義手用パーツの装着は完了したが、あとはカワキ専用の義手を用意するだけ

カワキを改造した化学者本人なら元通りに再生できるはずなのだが

その技術は今の木ノ葉にはない

高性能の義手をつけるだけしかできない

しかしその専用の義手を作るのにも時間が掛かる

それをナルトがオレ用の試作品を代わりにつけることはできないのかとカタスケに相談するとそれはナルトのチャクラでしか動作できないから無理ですと言いますが

(BORUTO(ボルト) 第34話 参照)

カタスケにナルトの義手を持ってきてもらい、それにナルトのチャクラを流し込み

それをカワキの腕に取り付けます

すると接続がうまくいき、カワキでもその義手を動かすことができます

ボルトは「これって父ちゃん四六時中チャクラ練りっぱなしって事だよな」と心配しますが、ナルトは影分身と出しているのと変わらないと笑います

カワキもその義手を心配そうにしますが

心配すんなってチャクラってのは「繋ぐ力」なんだよとナルトが言います

【BORUTO(ボルト)】第34話② 器

その一方でデルタの身体の一部の化学忍具があるところに戻ります

その化学忍具がある台座の上に止まる

その周りにはデルタに似た者が入っている箱みたいのもある

(BORUTO(ボルト) 第34話 参照)

ある一人の男が近づき、機械を操作すると中に眠るデルタが目を覚ます

そのデルタのイラつきは収まりません

そしてそのデルタに声を掛ける男がいます

その男に蹴りを入れるデルタ

しかしその男も化学忍具を使うようでそのデルタの蹴りが通用しません

その男の名前はボロ

もう一人少年のような者もいる

その少年の名前はコード

デルタが敵わない相手なら自分かボロの出番だろとデルタに言いますが

そんな余計なお世話だとデルタの気が収まらない様子だ

そこでジゲンが現れた

何てザマだ果心居士の方針に従え言ったはずとデルタに説教する

デルタは最初は居士の言うとおりに動いていたが「情報」もために一応言うとおりにしていた

そのもう一つの情報に「禊(カーマ)」の存在をジゲンに報告する

それは殻のメンバー達には知らなかったことだ

それはうずまきボルトの正体だ

その事実を知って驚きを隠せない

(BORUTO(ボルト) 第34話 参照)

ジゲンは喜んでいたそのデルタが持ってきた情報にモモシキが残していた

己の「器」に……!

【BORUTO(ボルト)】第34話③ 弟子

木ノ葉の里

ナルト宅にてカワキがナルトにどうしてここまでしてくれるんだと尋ねる

腕についてのことだチャクラのことはわからないが自分のせいでナルトが疲れないか心配しているようだ

しかしナルトは自分やヒマワリを守ってくれたことはそのチャクラだけでは釣り合わないと言い、それに昔の自分に似ていてほっとけないらしい

(BORUTO(ボルト) 第34話 参照)

そのほっとけないついでにオレに忍術を教えてくれとナルトに頼みます

ナルトは喜んでそれに了解し、「今日からお前はオレの弟子だ!」といい修行が始まります

それから木ノ葉の里でのカワキの生活も順調よく進んで行きます

(BORUTO(ボルト) 第34話 参照)

同年代の友達も増え、修行も進みそして隠れてヒマワリの花瓶直しもうまくいっています

ついに割れて花瓶が完成し、あとは水を入れるだけ

しかし花瓶の側面からちょろちょろを水が流れます

破片が一つ足らないようだ

しかし袋にはもう残っていない

居間に探しに行こうとした時

(BORUTO(ボルト) 第34話 参照)

カワキを呼ぶ九喇痲(クラマ)がカワキに語りかける

【BORUTO(ボルト) 第34話 終わり】

【BORUTO(ボルト)】第34話をまとめると…

運営者
運営者
【BORUTO(ボルト)第34話をまとめていみると…
まとめ
  1. ナルトの勝利
  2. 分け与えるチャクラ
  3. 殻のメンバー
  4. カワキが忍術を覚える

という感じです

デルタに勝って連れ帰ろうとした時に大爆発

あとは殻メンバーもそれぞれ登場しボルトの存在も知ることとなりました

そしてカワキが忍術をナルトに教わりこととなりました

そして次回は新たな展開になりそうです

次回も見に来てくださいね。

【BORUTO(ボルト)】第35話あらすじ解説ネタバレ予想|新展開突入!!クラマがカワキに何を話す……