鬼滅の刃

【鬼滅の刃】第150話あらすじ解説ネタバレ感想|痣の発現!”水柱”の力発揮!?

ここでは鬼滅の刃の最新のあらすじをまとめています

今までのあらすじ

時は大正時代。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。唯一生き残った者の鬼に変化した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を打つため”鬼狩り”の道を進む決意する。

人と鬼とが織りなす哀しき兄弟の物語が今、始まる!

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね

よかったら見てくれると嬉しいです

>>>【鬼滅の刃】登場人物キャラクター最新版

>>>【鬼滅の刃 考察まとめ】現段階での鬼滅隊の全呼吸一覧を紹介

>>>【鬼滅の刃】十二鬼月の強さとその能力について勝手に考察してみた

>>>【鬼滅の刃】鬼殺隊”柱”最強強さランキング

【鬼滅の刃】第150話 気づき

竈門炭治郎この物語の主人公
竈門禰豆子炭治郎の妹 あることがきっかけに鬼に変化
我妻善逸炭治郎の同期 ヘタレ
嘴平伊之助炭治郎の同期 野生児 猪の被り物を取ると美形
富岡義勇鬼殺隊の柱 ”水柱”
胡蝶しのぶ鬼殺隊の柱 ”蟲柱”
甘露寺蜜璃鬼殺隊の柱 ”恋柱”
不死川実弥鬼殺隊の柱 ”風柱”
宇髄天元鬼殺隊の元柱 ”音柱”
時透無一郎鬼殺隊の柱 ”霞柱”
伊黒小芭内鬼殺隊の柱 ”蛇柱”
悲鳴島行冥鬼殺隊の柱 ”岩柱”
不死川玄弥炭治郎の同期 ”風柱”不死川実弥の弟
鬼舞辻無惨鬼のラスボス的存在
運営者
運営者
【鬼滅の刃】前回の話では力を見せる猗窩座(あかざ)にピンチになる炭治郎だが……

【鬼滅の刃】第149話 あらすじ

金属に爪を立てるような神経に障る嫌悪感

不協和音にはきけがする

勘違いがあった

初めはいつも通り弱者だから不快なのだと思っていた

しかしどうだコイツは

強くなっても尚不快感が消えない

コイツの目が声が言葉が全て

俺の臓腑を内側から鑢で削りつけてくるようだ

前回の話で炭治郎に放たれた言葉に不快感を持った猗窩座(あかざ)

そして「炭治郎やはりお前は不快だ……」

そう猗窩座(あかざ)は言うと炭治郎に向かって攻撃をしてくる

”破壊殺 砕式 万葉閃柳”

それを間一髪で避けるがさらに下から”破壊殺 脚式 飛遊千輪”

この性格無比な攻撃

羅針盤のように確実に隙を刺してくる

人の急所に向かってくる攻撃磁石に吸い寄せられるかのような

この攻撃に炭治郎は考える

何に反応して吸い寄せられるんだろう

【鬼滅の刃】第149話あらすじ解説ネタバレ感想|強敵猗窩座(あかざ)の激しい攻撃!炭治郎の危機!?(鬼滅の刃 第149話 参照)

思い出せ考えろ

何かあるはずだ

今までの猗窩座(あかざ)の言動を推測すれば……

その猗窩座(あかざ)による激しい攻撃の中

炭治郎も防戦一方ではない

反撃する”ヒノカミ神楽 飛輪陽炎”

それをも猗窩座(あかざ)は避けるがこの技は刃の先を陽炎のように揺らがせ刀身を伸ばす技

それに気づかず猗窩座(あかざ)はギリギリのところで避けたため少しだが頚を斬る事が出来た

そしてそこからの”ヒノカミ神楽 円舞”

【鬼滅の刃】第149話あらすじ解説ネタバレ感想|強敵猗窩座(あかざ)の激しい攻撃!炭治郎の危機!?(鬼滅の刃 第149話 参照)

真剣白刃取り……

その刀を猗窩座(あかざ)に掴まれてしまい、折られそうになる……

やばいと思った炭治郎は思いっきり猗窩座(あかざ)に向かって頭突きをする

だがそれでも刀を離さない猗窩座(あかざ)

その時……


【鬼滅の刃】第149話あらすじ解説ネタバレ感想|強敵猗窩座(あかざ)の激しい攻撃!炭治郎の危機!?
(鬼滅の刃 第149話 参照)

猗窩座(あかざ)の腕を斬り落とし戻ってくる義勇!

【鬼滅の刃 第149話 終わり】

【鬼滅の刃】第149話あらすじ解説ネタバレ感想|強敵猗窩座(あかざ)の激しい攻撃!炭治郎の危機!?

それでは【鬼滅の刃】第150話あらすじを始めていきます

【鬼滅の刃】第150話① 痣

前回の話の終わりで吹き飛ばされた義勇が帰ってきました

その義勇が静かな表情で怒っている様子です

本当は極力刀を抜きたくないらしい

誰かれ構わず手合わせするのも好きではない、けれど今は

己が圧倒する強者と久々に出会い

この短時間で感覚が鋭く練磨されているのがわかった

閉じていた感覚が叩き起こされ

引きずられる

強者の立つ場所へ

ぎりぎりの命の奪り合いというものが

どれ程の人の実力を伸ばすのか

理解した

(鬼滅の刃 第150話 参照)

その時義勇の顔に痣が発現した

そして猗窩座(あかざ)に斬りかかる!その速さは今までと比べ物がないくらいの速さだ

しかしそれをも躱す猗窩座(あかざ)

だがそこからの義勇の攻撃は続く!”水の呼吸 肆ノ型 打ち潮”

その上がった速度にもすぐにたいおうしてきた猗窩座(あかざ)

その光景を見ている炭治郎

長期戦になれば絶対に人間の方が不利どうすれば倒せるのかを考えている

考えろ焦るな、絶対に施行を放棄するな……

猗窩座(あかざ)の攻撃はなぜ磁石のように正確で背後から死角からの攻撃にも反応できる理由を……

【鬼滅の刃】第150話② 至高の領域

その時煉獄との戦いの時に発していた言葉

その闘気練り上げられている至高の領域に近い

炭治郎はその闘気と言う言葉に何かを感じたようです

炭治郎は匂いで色々なものを感じ取るように猗窩座(あかざ)もその闘気で感じ取っているのだろうかと……

その時昔に伊之助との会話を思い出しているようです

伊之助は敵が自分のどこを狙ってくるのかを察知することができるみたいです

それを実際にやってみるから背後からどこでもいいから見ろと炭治郎にやらせ右肩を見ていると

見事にそれを伊之助が当てるのです

(鬼滅の刃 第150話 参照)

特に殺気の込めてみてくるものなら確実に分かるらしい

自分に害のあるものはやばいらしい殺気ってのは体の皮をグサグサとさしてくるみたいだ

その逆に殺気など自分に害のない者のことはわからないみたいだ

殺気を出さずに近付くことができれば倒せない者はいないのになと話している

しかし殺気がなければ鬼なんて斬る事が出来ないと確信をつく炭治郎に

殺気のない攻撃なんて鬼の頚なんか斬れないと納得してしまう伊之助だった

そんなたわいのない会話だったけれど何か確信をついている様な気がする

猗窩座(あかざ)のいう闘気とは殺気とは違うものなのか、戦う意志?それとも鍛錬した時間?炭治郎のように匂いで動作予知のようなもの?

猗窩座(あかざ)の羅針盤を狂わせる方法はないのか?と考えていると戦いに加わるのを忘れていたようだ

その隙を見つけ攻撃するが防がれる

(鬼滅の刃 第150話 参照)

刀を掴み、炭治郎に胴ががら空きだぞと殴りかかる

それを察知したのか炭治郎は間一髪で避けることができた

闘気 磁石 

羅針盤 感知 殺気

不可能 至高の領域

そして炭治郎は何かに気付く……

【鬼滅の刃 第150話 終わり】

【鬼滅の刃】第150話をまとめてみると…

運営者
運営者
【鬼滅の刃】第150話をまとめてみると…
まとめ
  1. 痣の発現!
  2. 至高の領域
  3. 秘密

という感じですね

上弦ノ参との戦いも中盤に差し掛かってきました!

義勇の痣の発現!

それによって猗窩座(あかざ)も楽しく戦闘をしていますね

まだまだ余裕を見せる猗窩座(あかざ)に炭治郎は何か気付いたみたいですね

その秘密とは!?

次回も気になる展開となりました!

次回も見に来てくださいね。

【鬼滅の刃】第151話あらすじ解説ネタバレ予想|炭治郎気づく!?血鬼術”羅針盤”の秘密!!

ジャンプ漫画を見るなら「U-NEXT」
無料で漫画も読めておすすめのエンタメサービス

U-NEXTを見てみる
※「ワンピース」「ブロッククローバー」「ヒロアカ」などの最新刊が無料で読めます。

  • 最新の漫画が読める
  • ドラマ・映画も見れる
  • 31日間の無料体験がすぐにできる