ブラッククローバー

【ブラッククローバー】 第195話ネタバレあらすじ感想|ユノの目の前に現れた3人の強敵!?

【ブラッククローバー】 第195話ネタバレあらすじ感想|ユノの目の前に現れた3人の強敵!?
この記事の内容

ブラッククローバーの最新話の考察

ここでは、ブラッククローバーの最新のあらすじや、

個人的な考察をまとめています。

今までのあらすじ

魔法が全てのとある世界、最果ての村ハージの協会に同じ日に捨てられていたアスタとユノは、互いに魔道士の頂点・魔法帝になることを夢見て努力を重ねる日々を送っていた。

15歳になる年に持ち主の魔力を高める”魔導書(グリモワール)”を与えられた二人は、魔法帝直属の魔道士軍団である、魔法騎士団の入団試験を受ける。その結果、九つある軍団の中から魔力の強いユノはエリート集団「金色の夜明け」、魔力が一切ないアスタは、ならず者集団「黒の暴牛」に所属することに。

うちに二人は魔法亭への第一歩を踏み出したのであった。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

こちらも良かったら見てくれると嬉しいです。

 

「ブラッククローバー」195話 一変

運営者
運営者
前回の話ではリルVSアスタ・ミモザに合流したチャーミー!ピンチかと思いきや……
登場人物
アスタ主人公、魔力がない代わりに、鍛えた身体と諦めない強い心で魔法帝を目指す
ユノアスタの親友で、共に魔法帝を目指すライバル
ヤミ・スケヒロ黒の暴牛の団長で闇魔法の使い手
ラック黒の暴牛の団員でエルフに転生されていたがアスタによって覚醒した
バネッサ黒の暴牛の団員で魔女。チート魔法”運命の糸”を扱える
ドロシー珊瑚の孔雀の団長。エルフに転生している
ジャック・ザ・リッパー翼緑の蟷螂の団長で斬撃魔法の使い手
フィンラル黒の暴牛団員、空間魔法の使い手
ランギルスフィンラルの弟で、空間魔法の使い手
ゴーシュ・アドレイ黒の暴牛団員で鏡魔法の使い手。エルフに乗っ取られている。

「ブラッククローバー」前話のあらすじ

ユノに掴まり、異空間に飛ばされるチャーミー

(ブラッククローバー 第194話 参照)

しかしたどり着いたのはアスタとリルが戦闘している地獄絵図のような場所だ

さらにユノとは離れ離れになってしまう

自分の書きたい絵が描けないリルの元に「そんなににムシャクシャしてオナカがへっているんだろう?

ゴハンを食べて落ち着きな?」とチャーミーがご飯を差し出し近づくが……

ご飯をひっくり返し激怒するリル

そのご飯を粗末にする行動にチャーミーが激怒

しかしチャーミーの綿魔法もリルの絵画魔法には敵わなく吹き飛ばされてしまう

吹き飛ばされるチャーミーを見てアスタが心配すると何かの様子がおかしい

(ブラッククローバー 第194話 参照)

チャーミーと綿魔法の羊の姿が変わってしまったのだ

「人間とドワーフの混血……!?」とリルが呟くと……

アスタたちは驚き、さらにチャーミーまでもが驚いていた!

本人も知らなったみたいだ

リルの怒りは高まり、チャーミーに襲い掛かる!

(ブラッククローバー 第194話 参照)

襲い掛かってくるリルの絵画魔法を食べ始めた

混血は魔法属性を2つ持っている

その食べた魔法を自分の魔力に変え、魔力を拳に込めリルの絵画魔法を次々と吹き飛ばし

さらにご飯をひっくり返されたことを根に持っていて力いっぱい魔力を込めたパンチでリルを吹き飛ばす

 

これから195話のあらすじを始めていきます。

「ブラッククローバー」195話① ノエルに助っ人登場!

前話の話でチャーミーがリルの事を吹き飛ばして終わりました

そしてリルの憎しみはこれで終わりではなく

まだまだ絵画魔法で描き続けます

描いて生み出す魔法VS食べて消し去る魔法となっています

そしてチャーミーがアスタたちにここは任せて先に行ってと言います

先を急ぐアスタはこの場をチャーミーに任せ、先に進むことにします

その一方でノエルVSファナの状況とは……

ノエルの大ピンチです

いくら攻撃してもその攻撃はファナには通用することがないのです

その時ファナはノエルに止めを刺そうと自分の炎を大きくします

その時、何者かがファナの身体を斬るのです

現れたものは…………翠緑の蟷螂団長”ジャック・ザ・リッパー”なのです

現れたのがアスタじゃないのにノエルは「なんでアナタなのよぉぉぉぉぉぉ!!」とツッコミます

「ブラッククローバー」第195話② 3人のエルフ

そしてユノの前に現れたのは3人のエルフリヒト・ライア・ロンネの3人だ

この3人の狙いはユノの持つ魔石

リヒトとライアの魔法がユノに襲い掛かる

(ブラッククローバー 第195話 参照)

無数の光の刃がユノに襲い掛かるが

ユノはこの場に来るまでにエルフの力も人間の力も成長しており

マナゾーン”精霊の静かなる舞踏”で見事に躱しきる

そして反撃する

(ブラッククローバー 第195話 参照)

マナゾーン”スピリット・ストーム”ダブル

その成長速度は敵でもあるライアまでをも驚かせている……

しかしその一瞬でユノが背後を取られてしまう

ユノのマナゾーンでも感知ができないくらいの速度

しかしそれは違いたぶんロンネの魔法だろうか

ユノ自身が移動させられた様子だ

一度触れた物体の位置を強制的に入れ替える魔法らしい

その時にユノの持つ魔石をロンネに奪われてしまう

魔石を奪うのに成功したロンネに近寄るライア

「これで……今までの全てが報われるね……」

ライアは聞いた言葉の嘘か本当の事かがわかる

そのロンネが言葉が嘘だとわかった……

「なんで今の言葉が嘘なんだ……?ロンネ

オマエ……誰だ?」

そういうとロンネは微笑み何かを唱えると

ライアの身体に風穴が空く……

【ブラッククローバー 第195話 終わり】

「ブラッククローバー」195話をまとめると…

運営者
運営者
ブラッククローバーの195話をまとめると…
まとめ
  • 次なるステージ
  • 新たなエルフ
  • ユノの成長
  • エルフじゃないものを転生

こんな感じでしょうか。

ついに最終局面となる、影の王宮編が始まりました。かなりの強敵との戦いによってどういう展開になるのか、

アスタはリルの事をチャーミーに任せ、先に進むことにしました

そしてノエルのピンチにジャックが登場してピンチを脱出しそうですが、なぜこの人選??と思いましたw

さらにユノの前には3人のエルフ!ピンチかと思いきや、ユノの成長は凄すぎます!!

だがエルフのロンネの様子がおかしいと思ったら

仲間割れ!?なのかライアに風穴を開けたところで終わってしまいました

ということで次号を楽しみにしていきたいと思います。

見てくれてありがとうございました。

【ブラッククローバー】 第196話ネタバレあらすじ予想|人でもエルフでもない異物……!?