キングダム

【キングダム】第587話ネタバレあらすじ|宮康の最後!!そして、王賁の危篤。

【キングダム】第586話ネタバレあらすじ|堯雲VS王賁!!!迎え撃つ王賁だが堯雲の一撃に沈む…。
この記事の内容

キングダムのあらすじのネタバレ解説

ここでは、「キングダム」の最新のあらすじをまとめています。

これまでのあらすじ

趙の要地「鄴」を賭けた秦VS趙の全面戦争。秦を率いる王翦は連合軍を三手に分ける。桓騎軍は鄴で、楊端和は鐐陽にて、そして飛信隊を含む王翦軍は朱海平原にたち、それぞれ趙軍を迎え撃つ。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

こちらも良かったら見てくれると嬉しいです。

 

「キングダム」第587話 祈るのみ

運営者
運営者
前回の話では、堯雲率いる雷雲との連携、”雷獣”で追い詰められるも、王賁は関常との連携で脱するが…
飛信隊
信(しん)主人公。五千人将・飛信隊隊長
羌廆(きょうかい)飛信隊の頭脳であり副官。三千人将
河了貂(かりょうてん)頭脳明晰な女軍師
玉鳳隊
王賁(おうほん)王翦の息子で、槍術の達人
関常(かんじょう)王翦軍から編入した千人将
落華隊
蒙恬(もうてん)亡・蒙武の息子で天才肌の武将
陸仙(りくせん)蒙恬をサポートする有能な副官
王翦軍
王翦(おうせん)秦国の将軍。ミステリアスな智将
亜光(あこう)王翦が最も信頼を寄せる第一武将
麻鉱(まこう)王翦の第二武将だったが死亡した
楊端和軍
楊端和(ようたんわ)秦より西に広がる山界を統べる女王
壁(へき)秦に仕える心優しき将軍
バジオウ山界随一の剣士
桓騎軍
桓騎(かんき)野党団を束ねていた移植の将軍
雷土(らいど)桓騎に仕える副官
摩論(まろん)桓騎の側近であり参謀
趙国防衛軍
李牧(りぼく)趙国新「三大天」の筆頭。趙軍の総大将。
堯雲(ぎょううん)かつて蘭相如の武を一手に担った側近。
超峩龍(ちょうがりゅう)かつて蘭相如の側近だった武将。
馬南慈(ばなんじ)歴代の猛者で怪力が自慢
岳榮(がくえい)超の将軍・慶舎の副将。信を恨む
舜水樹(しゅんすいじゅ)李牧から指揮を任された若き将軍
犬戎ロゾ(げんじゅうおう)かつて中華の周王朝を滅ぼした大戎族。

 

「キングダム」前話のあらすじ

 【キングダム】第586話ネタバレあらすじ|堯雲VS王賁!!!迎え撃つ王賁だが堯雲の一撃に沈む…。

(キングダム 第586話参照)

堯雲の包囲網「雷獄」を潜り抜けた王賁。

しかし、代わりに関常が”射程圏内”に入ってしまう。

まさに身代わり状態。

堯雲の重い一撃を前に沈んでしまう関常。

さらに続けて堯雲は二発目を放つ。

 【キングダム】第586話ネタバレあらすじ|堯雲VS王賁!!!迎え撃つ王賁だが堯雲の一撃に沈む…。

(キングダム 第586話参照)

間一髪、二発目の直前に王賁の槍が堯雲の眼の前を通る。

一度は雷獄を抜けた王賁が、

関常のために再び戻ってきた。

関常を連れて下がるように指示をする王賁に対し、

追い打ちのように連撃をかさねる堯雲。

 

堯雲の重い連撃を受け続ける王賁は腕の感覚を失ってきている。

残りの力で撃てる全力はあとニ突き。

しかし、王賁は残り二突きで堯雲を討つつもりだ。

 

松琢、宮康に、自分の両脇を守るように指示を出し、

堯雲を討つために攻撃の姿勢に入る。

 

紫伯を討ち取った王賁に堯雲を討てぬ道理はない、

堯雲一人にだけ集中できれば、十分可能性はある。

 

【キングダム】第586話ネタバレあらすじ|堯雲VS王賁!!!迎え撃つ王賁だが堯雲の一撃に沈む…。

(キングダム 第586話参照)

全力の一突きを放つ王賁。

見事に堯雲の右腕を貫通させる一撃を放つ。

敵味方含めて驚愕する。

 

しかし、

 

【キングダム】第586話ネタバレあらすじ|堯雲VS王賁!!!迎え撃つ王賁だが堯雲の一撃に沈む…。

(キングダム 第586話参照)

粉砕された右腕など構わず、

王賁に向かって全力の一撃を放つ堯雲。

 

堯雲の一撃を前に沈んでしまった王賁。

 

しかし、関常はまだ諦めない。

王賁を連れて脱出するように指示を出す関常。

まだ右翼側は負けてない。

飛信隊に希望託す関常たち。

十三日目、瓦解する右翼、

瀕死の王賁、

秦軍は希望を繋ぎ止めれられるのか…!?

まとめ
  1. 関常のために王賁が堯雲を迎え撃つ
  2. 堯雲VS王賁の一騎打ち
  3. 手傷を負わせるが沈んでしまう王賁

激化していく右翼側の戦闘。

関常の代わりに王賁が逃げずに、堯雲を迎え撃つ。

手傷を追わせたものの、堯雲の一撃に沈んでしまった王賁。

最後は、飛信隊の信頼みとなる右翼の戦い。

 

ここから、キングダム第587話のネタバレを始めていきます。

 

「キングダム」第587話:宮康の最後、殿を果たす覚悟。

 【キングダム】第587話ネタバレあらすじ|王賁の危篤。そして信の激励…。

(キングダム 第587話参照)

王賁が倒れた玉鳳本陣。

主を逃がすため、隊員たちは必死の抵抗をすることになる松琢(しょうたく)と宮康(きゅうこう)。

追い詰めてくる十槍。

このままでは逃げられないと感じた松琢は殿(しんがり)をしようとしたとき、

宮康が十槍に特攻をする。

「賁(ほん)様は命をかけて守るに足るお方だ、あとは頼んだぞ。兄弟」

と最後の言葉をかけて殿をして玉鳳本陣を守った宮康。

同じころ、飛信隊・信は騒ぎを感じ、不安を感じていた。

 

十槍は宮康のため玉鳳本陣、加えて王賁を取り逃がしていた。

ここで堯雲・十槍も痛手を負っている。

十槍も4槍失い、堯雲も利き腕に持っていかれた。

そして、超峩龍(ちょうがりゅう)とともに本陣に戻っていく。

 

ここでようやく番陽たちは壊滅した玉鳳の本陣に戻り、王賁が討たれたことを知る。

宮康を看取る関常も深手を負っているため、ここで倒れてしまう。

 

王賁が不在となり、玉鳳は亜光軍の斜め後ろまで退かざるをえなかった。

事情を知った亜光軍は右に兵を厚くし超峩龍の横撃に構える形をとったが、その分全面が弱くなり馬南慈軍に攻め込まれた。

一方で堯雲が不在となっていたため、飛信隊は押し込み右の馬南慈軍が注意を払うほどだった。

十三日目はこの形のまま進み早めに超峩龍が引き上げの号令を発した。

理由の1つが堯雲の深手であった。

堯雲が戦えぬことを飛信隊が知れば一気にたたみかける恐れがあったからだ。

そしてもう1つ理由はやはり王賁を討ったことだ。

この衝撃を戦場全体に伝え、士気を下げる時間を設けることを上策とsいた。

前日の隊の覚醒の芯が砕けたことを全兵士に知らしめることで、

ひいては秦右翼の片輪を外したことになる。

明日一日での勝利を核心して超峩龍は宿営地へと下がった。

「キングダム」第587話:王賁の危篤、信の激励。

 【キングダム】第587話ネタバレあらすじ|王賁の危篤。そして信の激励…。

(キングダム 第587話参照)

玉鳳本陣の宿営地にやってきた信と羌瘣(きょうかい)。

進む信たちを止める松琢。

そんな松琢に対して「大丈夫だ」と肩を叩き進む信。

王賁の危篤状態に平常心を保っていられない番陽に言葉をかける信。

 【キングダム】第587話ネタバレあらすじ|王賁の危篤。そして信の激励…。

(キングダム 第587話参照)

信の言葉に対して、涙があふれる番陽。

そして、兵士たちも涙を流す。

信が最後の望みとして羌瘣の秘薬を試すように助言して、王賁の治療をさせる。

 【キングダム】第587話ネタバレあらすじ|王賁の危篤。そして信の激励…。

(キングダム 第587話参照)

羌瘣が治療をする間に、玉鳳本陣と明日どうやって左翼に勝つか話合いをしに来たという。

この状況下でも諦めない信。

関常が「秦右翼にはまだ飛信隊が残っている」と言っていた言葉を思い出す松琢。

 【キングダム】第587話ネタバレあらすじ|王賁の危篤。そして信の激励…。

(キングダム 第587話参照)

朱海平原決着まであと2日。

趙国首都の喉元をかけた大戦争。

壮絶な持久戦もついに終盤戦に。

 

「キングダム」第587話のまとめ

運営者
運営者
「キングダム」の第587話をまとめていくと…
まとめ
  1. 王賁を救うために宮康が殿に
  2. 玉鳳本陣と王賁は一命をとりとめる
  3. 信と玉鳳本陣で趙左翼を討つ

なんとか一命をとりとめた王賁。

しかし、戦線復帰はおそらく無理でしょう。

残りの玉鳳本陣と飛信隊とで趙左翼をどう攻撃していくのか。

朱海平原決着まで残り2日。

来週が楽しみで仕方ありません。

【キングダム】第588話ネタバレあらすじ|ついに飛信隊”信”が右翼側の大将に!!! ここでは、「キングダム」の最新のあらすじをまとめています。 趙の要地「鄴」を賭けた秦VS趙の全面戦争。秦を率い...

そんな感じで以上です。

また見に来てくださいね。