鬼滅の刃

【鬼滅の刃】十二鬼月の強さとその能力について勝手に考察してみた

十二鬼月とは?

鬼舞辻無惨が選別した、直属なる”最強”の十二の鬼のこと

鬼滅隊の宿敵であり多くの人間を喰ってきたのが十二鬼月

これらは人喰いにより力を増すだけでなく鬼舞辻無惨から

さらなる血を授けられて急激な力を増した衛生部隊

彼ら”十二鬼月”は”上弦”の六鬼と”下弦”の六鬼で構成されており

最強は”上弦の壱”最弱は”下弦の陸”となる

十二鬼月”上弦”

上弦

鬼舞辻無惨の直属の”最強”の六鬼

片目に上弦の文字にもう片目には階級の文字が入っている

彼らの強さは鬼殺隊の”柱”クラス

能力、攻撃、防御、頭の回転力それらを凌ぐ強さ

上弦 壱 黒死牟(こうしほう)

黒髪で長髪を後ろでくくっている剣士風の鬼

六つ目のをもつ異様な顔をしていて額と頬に火表すような痣を持っている

今現在強さや能力は不明だが”上弦の壱”の称号を持っているので強いのは確実だ

上弦 弐 堂磨(どうま)

優しそうな青年風の鬼

誰とでも親しげに接する様子があるがどこか怪しげな感じを持つ鬼

鼓夫太郎が人間だった時に、鬼に勧誘し血を分け与えた人物

その時の階級は”上弦の陸”だ

この鬼も能力や強さは現在不明だ

上弦 参 掎窩座(あかざ)

強さにこだわる武術家風の鬼

強き者は鬼となり永き生をもって”至高の領域”を口癖のように口にする

このため戦闘においては手を抜かずに正面から挑み戦いその相手にも敬意すら払って見せる

実力は鬼殺隊の”柱”クラスであり何人も柱を倒してきてる”’炎柱”煉獄杏寿郎もその一人だ

鬼舞辻無惨に血を分け与えられ不老不死の領域も越え攻撃力も高く超再生もできる

血鬼術 破壊殺

体を強化し、その状態から攻撃しそれらから繰り出す拳圧

極めて単純で武術家らしい術

  • 術式展開 破壊殺・羅針
  • 破壊殺・乱式
  • 破壊殺・滅式

上弦 肆 半天狗(はんてんぐ)

角があり額に大きなでこをもつ小柄な老人風の鬼

いつも怯えていて「恐ろしい恐ろしい」を口癖にしている

しかしそれは仮の姿で斬られると

血鬼術”感情”で

喜怒哀楽の文字を刻まれた4人に分裂する

空喜(からき)

空を自由に飛び回り超音波のような攻撃をする

積怒(せきど)

錫杖を持ち、杖から電撃を繰り出す攻撃をする

哀絶(あいぜつ)

三又槍の使い手

可楽(からく)

八ツ手の葉の扇で風の攻撃をする

分裂してもなお1人1人の能力や強さはとてつもなく強く

そしてすべての分身の頚を同時に斬り落とさないと倒せない

さらに

憎みの鬼

この鬼は積怒が他の3対の空喜・可楽・哀絶を取り込んだ強力な鬼

4体全ての能力が使える上にオリジナルの技で大樹を扱い木の龍を作り出す事が出来る

本体である”怯えの鬼”を狙う者を憎みその者を排除しようとする

”恋柱”甘露寺蜜璃と対決する

  • 血鬼術 無間業樹
  • 狂圧鳴波

 

怯えの鬼

この鬼こそ上弦 肆の半天狗の正体

体は小さく手の上に乗るような大きさだ

常に怯えていて斬られそうになると逃げだすのも特徴的だ

体の大きさの割には体の硬さは異常で玄弥の刀を折り、禰豆子の爆血刀で強化された炭治郎の刀でさえ頚を斬ることができなかった

しかし”霞柱”時透無一郎が持ってきた新たな炭治郎の刀で斬る事ができた

上弦 伍 玉壺(ぎょっこ)

壺の中に身を潜めており壺から顔だけを出している

唯一人以外の姿をした鬼

本人自身は芸術を愛する芸術家としての一面も持っており作品として

人間の死体達ををおぞましく重ね合わせ、挙げ句のはてその死体達から断末魔を、叫びあげるように細工する悪趣味を持っている

能力は情報収集や探知能力に長けており

壺を使った空間転移を得意としている

さらに壺から魚のようなものや毒性の針を出して攻撃をする

  • 蛸壺地獄
  • 血鬼術 一万滑空粘魚
  • 血鬼術 陣殺魚鱗

覚醒した”霞柱”時透無一郎と対決し頚を斬られる

上弦 陸 妓夫太郎・堕姫(ぎゅうたろう・だき)

兄妹2人で1人として上弦の陸に存在している

上弦の鬼である堂磨によって血を分け与えられ鬼になった

妓夫太郎

普段妓夫太郎は堕姫と融合していていつもその中で眠っている

堕姫が頚を斬られたり、手に負えなくなったときに姿を表す

ガリガリに痩せ細っていて、陰気で顔に血の染みのような痣をもっている

実力は堕姫とは比べ物にならないくらい戦闘力が高く、頭の回転が速く戦闘における判断力もあり、柱を15人も倒している

血鬼術 血鎌

自分の血を鎌に変え、その鎌には猛毒が仕込まれている

  • 血鬼術 飛び血鎌
  • 血鬼術 跋弧跳梁
  • 血鬼術 円斬旋回・飛び血鎌

堕姫

吉原の「京極屋」の看板娘の花魁

妓夫太郎とは違い容姿は華やかで美しくしかし一皮剥けば性格が悪いを通り越した極悪非道

勘に障ると暴力や暴言は当たり前、「京極屋」では怪我人、足抜け、自殺者が絶えないが一番の売れっ子なので誰も逆らえない

血鬼術 帯

帯を自由に操ることができ、その帯の中に人間を閉じ込めることもできる

日輪刀でその帯を斬ることができる

  • 血鬼術 八重帯斬り

炭治郎を初めに禰豆子、善逸、伊之助、”音柱”宇髄天元の4人で討ち取ることができた

十二鬼月”下弦”

下弦

鬼舞辻無惨に血を分けられし

”下弦”の称号を与えられし”六鬼”

上弦とは違い片目に下弦の文字だけでもう片目には文字が入っていない

下弦 壱 魘夢(えんむ)

夢を操る事のできる鬼

下弦の伍の鬼の累が倒され鬼舞辻無惨に収集され怒りを受けたが

特別に血を分け与えられさらなる強化されたことによって

炭治郎と柱の抹殺の命令を受ける

無限列車で炭治郎と”炎柱”煉獄杏寿郎に倒される

下弦 弐

下弦の伍 累が倒された時に収集された鬼のひとり

鬼舞辻無惨の怒りを受け

更なる血を分けてもらうように願い入れるが

認められず鬼舞辻無惨の手によって始末される

下弦 参

下弦の伍 累が倒された時に収集された鬼のひとり

鬼舞辻無惨の怒りから逃れようとするが

頚を切られ始末される

下弦 肆

下弦の伍 累が倒された時に収集された鬼のひとり

自分と柱の実力差をわかっており

柱と出会ったときは逃げ出そうとも考えていて

その考えを鬼舞辻無惨に読まれており

怒りに触れ始末される

下弦 伍 累(るい)

蜘蛛の鬼

ある山を縄張りにしていて

そこで寄せ集めで集めた鬼を「家族」として狩り場にしている

父、母、兄、姉の5人の構成で何人者

鬼狩りを倒している

炭治郎と戦い

炭治郎を苦しめるが”水柱”富岡義勇に倒される

下弦 陸

末席

下弦の伍 累が倒された時に収集された鬼のひとり

鬼舞辻無惨に下弦は実力不足と罵られた時

「そんなこと俺たちに言われても」との考えを読まれ

怒りを受け始末される

まとめ

今、現在下弦は壊滅しており

上弦の鬼しかおりませんが

それらの鬼はまだまだ能力も強さも未知数です

上弦の鬼のレベルになれば柱と協力しなければ倒せないくらいの強さ

陸の妓夫太郎も柱と4人がかりでやっと倒せたぐらいですから

他の鬼の能力や強さはこれからも期待で

炭治郎達の成長も楽しみです