ONE PIECE

【ワンピース】四皇「赤髪のシャンクス」の正体を考察!!!

 

シャンクスは、現在の海賊の頂点の四皇の一角でもある強さをもちながら、さまざまな謎をもつキーポイントキャラクターでもあります。

今回の記事では、そんな謎の多いシャンクスの正体についてを考察してみました。

【ワンピース】四皇の一角”赤髪”シャンクスの強さ、悪魔の実、特徴まとめホールケーキアイランド編では、ルフィがシャーロット家の最高傑作のカタクリに勝つことによって懸賞金が5億ベリーから15億ベリーに跳ね上がり...

赤髪シャンクスの正体は?

このワンピースの世界観では、海賊王というゴールがあって、その下に四皇という四人の海賊がいます。

  • 「赤髪のシャンクス」
  • 「百獣のカイドウ」
  • 「ビッグ・マム・シャーロットリンリン」
  • 「黒ひげ・マーシャルDティーチ」(2年前は「白ひげ・エドワードニューゲート)

これらが現在の四皇で、今の海賊の頂点になります。

それぞれは、世界のバランスの拮抗を保つために、ある程度の距離をもっています。

海賊界では四皇同士がバランスを保ち、さらに海賊・世界政府・革命軍の3つが世界のバランスを保っているといったようになっています。

今回では革命軍が、その拮抗を崩していくフラグがでています。

 

四皇は、強さもさることながら、組織としての統率力や人望、武器や能力など様々な強さの要素があることでしょう。

そんな四皇たち、ビッグ・マムやカイドウ、黒ひげも勿論ですが、とくにシャンクスに不可解な点がいくつもあります。

それを考察しながらまとめていきます。

  1. 白ひげVS黒ひげ頂上決戦前、なぜ白ひげを止めにきたのか?
  2. なぜイーストブルーのあんな田舎にやってきたのか?
  3. なぜ五老星の前に現れたのか

 

何かとキーポイントに関わっているシャンクスの疑問を考察しながらお話します。

頂上決戦を予言することができたのか?

なぜ白ひげを止めに来たのか?黒ひげと戦ったことのああるシャンクスは目のひっかき傷のようなものを、ティーチにつけられたと言って、白ひげをとめにきましたが、なぜとめにきたのでしょうか。

なぜ黒ひげをエース追うのをとめたかったのか?というのも、まるで頂上決戦を予知していたかのような印象が一番の疑問でした。

そもそも、なぜイーストブルーのあんな田舎にやってきたのか?

なぜ疑問に感じたのかというと、ミホーク渡り合うほどの実力者であったシャンクスは、おそらくグランドラインの新世界にまで行っていたはずです。

そんな実力者がわざわざイーストブルーの田舎にくるはずはありません。大きな目的があったはずです。

目的はやはり、ルフィに会いにきた。

これです。自分の腕を犠牲してでもルフィ救う必要があったんだと思います。

【ワンピース考察】なぜシャンクスは腕を食われてしまったのか?ワンピースでは新世界に突入して、どんどんクライマックスに近づいています。 シャンクスは、現在の海賊の頂点の四皇の一角でもある強さを...

おそらく革命軍にも所属していて、モンキー・D・ドラゴンの司令か頼みかで、ルフィを見に来た、もしくは麦わら帽子を受け継がせにきた。

麦わら帽子をルフィに託すために、わざわざイーストブルーまでルフィに会いにきたというと、納得できます。

なぜ五老星の前に現れたのか

どんな話をもちかけたのか?

実は海兵?スパイ?などいろいろ考察できますね。上記であげた第908話での、五老星の前に現れ「大事な話があります」と五老星に対して敬語なところから、上下関係ははっきりしている事が伺えます。

シャンクスの立ち位置は五老星の配下、もしくは取引相手。

四皇というポジションを築いているシャンクスなので、配下ということはないでしょう。

さらに、「イム」という謎の人物との関連性も高いはず。

イムが登場した回では、しらほしの写真・ルフィと黒ひげの手配書がありました。

おそらく空白の100年におきた、現世界政府とある帝国との戦争のようなものに大きく関係していることが伺えます。

取引とは、シャンクスはその戦争を再発させないように、五老星と密談して止めようとしている。といった感じでしょうか。

まとめると、シャンクスは真実を知る者

ざっくりまとめると

 

シャンクスは「麦わら帽子」と「Dの意思」を伝承する人

 

ちょっとざっくりすぎですね。つまりは…

  • 麦わら帽子を受け継ぐもの
  • Dの意思を知っている
  • 真実を知っている
  • 空白の100年の再発を食い止めようとしている

おそらく、ゴールドロジャーから麦わら帽子を受け継ぎ、その時に「真実」をゴールドロジャーから教えてみらい、その麦わら帽子を今度はルフィに伝承した。(もしかしたらラフテルに見習いとして同行している可能性もあります)

伝承した時に「Dの意思」も一緒に伝えるべきだったのですが、ルフィは幼かったために伝える時期を見計らってる。

覇王色の覇気を持っていることから、天竜人側の人間ではなく、「帝国」側の人間ですが、空白の100年の真実を知っている数少ない一人だと考えます。

さらに、全ての勢力ともパイプがあり繋がっている。

  • 革命軍
  • 世界政府
  • 海賊

これら全てに関わりがあるのがシャンクスです。

という考察です。

 

空白の100年は高確率で「ある帝国」と「今の世界政府」との戦争がおき、世界政府が勝利しています。

つまり、シャンクスは平和主義者で戦争を嫌い、空白の100年を再発させないようにしているのだと考えています。

これは正解か不正解かは、まだまだ先の話なのでこういのも楽しみんがら、ワンピースを見たいと思います。