アクタージュ act-age

【アクタージュ act-age】第42話ネタバレあらすじ|アキラの過去と明らかになるアキラの志!?

この記事の内容

「アクタージュ act-age」の最新話あらすじ

ここでは、「アクタージュ act-age」の最新のあらすじをまとめています。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

こちらも良かったら見てくれると嬉しいです。

「アクタージュ act-age」第42話 星アキラ

運営者
運営者
前回の話では、夜凪が演じるカムパネラの姿に圧巻された演者や観客たち。その姿をみて七生を復活するが、アキラは不安を感じるが…。
夜凪景主人公。自らの過去を追体験する演技法・「メソッド演技」を無自覚に身につけている
明神阿良也憑依型カメレオン俳優と呼ばれる演劇界の怪物
巌裕次郎演劇界の重鎮の一人。最後の舞台の前に倒れてしまう
三坂七生芝居に熱く巌の舞台を成功させたいと思っている
青田亀太郎劇団のムードメーカー
星アキラ劇団に入団してきた必死に芝居を勉強中

「アクタージュ act-age」第41話のあらすじ

第二幕が始まり、登場した瞬間から、演者含めた全てのものを魅了した夜凪。

あまりに繊細で以上な没入を見せる芝居。

その演技は阿良也をも唸らせた以上な成長速度で、常人なら数メートルなのに、夜凪は100メートルまで潜りそして戻ってくる。人を映すよな鏡のような芝居をする。

カムパネラと出会ったジョパンニ。

生者と死者の出会い。死者を演じることができた夜凪。

それは周りを圧巻させる。

スモークと夜凪の演技による存在感によって、最初は気づかなかったが目が慣れてくると気づく「簡素な舞台」。

セットがないにもかかわらず音が聞こえるそんな演技をする夜凪。

深まる夜凪と阿良也の演技。

進むカムパネラとジョパンニ。

演技もそうだが、簡素な舞台よりも、二人の目から発せられる輝く瞳によって本当に銀河にいるように見える。

誰も見たことあない銀河鉄道。だからこそ演じることができるのも銀河鉄道。

セットを作らずに演じる。

心の中にある銀河鉄道を、観客の心にもつくる。それが巌の教えだったから。

ついに阿良也と肩を並べるほどに成長した夜凪のカムパネラ。

巌の死をまえに崩れていた七生。復活のきっかけはジョパンニだった。

準備を始める七生。周りは安堵する。

しかし、不安要素であるのはアキラの存在。

この演技の中ついていくことができるのか。巌がなぜアキラを受け入れたのか、周りを圧巻させる芝居の中ついていくことができるのか。

まとめ
  1. 周りの驚愕させる夜凪のカムパネラ
  2. 阿良也と肩を並べるまで成長した夜凪
  3. 復活する七生
  4. 残る不安要素はアキラ

「アクタージュ act-age」第42話①:周りの演技を引っ張る「二人」

(アクタージュ 第42話参照)

どんどん進んでいく劇団。

輝きをどんどん増していく夜凪と劇団天球。果たして舞台「銀河鉄道の夜」の行き先はどうなるのか!?

(アクタージュ 第42話参照)

元々、巌裕次郎によって見出された役者たちのレベルは高かったが、その時の比ではなく、まるで夜凪と阿良也に引っ張られるようにレベルアップしていく劇団員たち。

(アクタージュ 第42話参照)

「通用するのか」不安と緊張を高めるアキラ。

七生が元気づけるようにして頭をはたく。「大丈夫だよ」と。

「アクタージュ act-age」第42話②:「星アキラ」の過去

(アクタージュ 第42話参照)

幼少期から母親の仕事に憧れたアキラは、同じように役者の世界に入った。

活躍していくアキラは自分の才能と努力によって活躍しているものだと信じるが、それがすぐに母の力だと気づく。

しかし、それは「挫折は早い方が良い」という母からの子を思う気持ちからの行動だった。

それもアキラは諦めない。「母さんの七光って言わせないくらいの”本物の役者”になる!」と。

そして気づく。

自分の不幸は、夜凪に手が届かないと気がついていること

(アクタージュ 第42話参照)

それでも子供の頃から毎日芝居のことだけを考えて生きてきたアキラにとって、いまさら諦めれるものではないのが、役者。

アキラは本物の役者になろうとしている。

「アクタージュ act-age」第42話③:アキラの出陣

(アクタージュ 第42話参照)

出番待ちするアキラ。横には七生の姿が。

役者の才能がないと言われたことも自覚している、自分の本当の不幸は「今ここにいる自分を後悔していないことだ」と。

銀河鉄道の夜に入っていく

「アクタージュ act-age」第42話のまとめ

運営者
運営者
「アクタージュ act-age」の第42話をまとめていくと…
まとめ
  • 二人の演技にみんな引っ張られていく
  • 明かされるアキラの過去
  • 才能の無さなど自覚してなお取り組むことに後悔はしていないアキラ

今回の話でh、星アキラの過去の話がメインとなりました。才能の無さを理解しながらひたすらに努力する様はまさに感動を覚えます。

そしてそれでも諦めない姿はどんな演技を見せてくれるのか。

次週も楽しみにしていきたいと思います。

また見に来てくださいね。

【>>>第43話|アキラと七生の演技も加わりより深くなる