鬼滅の刃

【鬼滅の刃】第133話あらすじ解説ネタバレと感想|不死川兄弟の兄弟喧嘩!?

ここでは鬼滅の刃の最新のあらすじをまとめています

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね

こちらも見てくれると嬉しいです

https://mannga-brothers.com/archives/188

【鬼滅の刃 考察まとめ】現段階での鬼滅隊の全呼吸一覧を紹介鬼滅の刃の面白さと言えば、個性のでる”呼吸”です。 戦闘時、それぞれのキャラは独自の呼吸を使って、技や奥義を繰り出し鬼と対峙します。 そ...

第133話 ようこそ…

運営者
運営者
前回の話では炭治郎が完全復活して”柱稽古”に参加でしたね

兄弟の不仲!?

今回の話では前回の話に引き続き不死川兄弟の喧嘩から始まります。

実弥は玄弥に対して怒っているみたいです

話しかけるな、才能もないもないんだから鬼殺隊をやめろなど吸もつかえないやつが剣士を名乗るなと玄弥のことを罵倒して

玄弥は何も言えず黙ったまま…

だがやっとのことで会えたからずっと謝りたかったらしく

その言葉ですら聞いてもらえず

「そんな…俺…

鬼まで喰ってまで戦ってきたんだぜ…」

そう呟くと…

(鬼滅の刃 第133話 参照)

空気が変わった。

実弥が玄弥に対して怒りが増した

そしていきなり玄弥に襲い掛かる

(鬼滅の刃 第133話 参照)

そのそばから二人の話を聞いていた炭治郎がすかさず助けに入り、

そのまま外に放り出される

炭治郎は実弥に対して「どういうつもりですか!!玄弥を殺す気か」と言うと

殺すのは隊律違反だから再起不能にするだけだと

それを聞いた炭治郎はさらに怒り

「ふざけんな!!あなたにそこまでの権利ないだろ、辞めるのを強要するな

さっき弟なんかいないって言っただろうが!!玄弥が何を選択したって口出しするな

才が有ろうが無かろうが命を懸けて鬼と戦うと決めてんだ

兄貴じゃないって言うんなら絶対に俺は玄弥の邪魔はさせない

再起不能になんかさせるもんか」

それを黙って聞いていた実弥の怒りは炭治郎に向かい、炭治郎に襲い掛かる

(鬼滅の刃 第133話 参照)

しかし間一髪のところで攻撃を止めていた

さらにその反動を利用して一発蹴りを入れることが出来た

近くで見ていた善逸に玄弥を逃がしてくれと頼む

実弥の怒りは落ち着くこともなくさらに怒りは上昇し

「いい度胸してるぜテメエは

死にてぇようだからお望み通りに殺してやるよ」

玄弥も止めようと入ろうとするが、善逸に手を引っ張られて逃がそうとする

「揉めてる人間は散らすといいんだ、距離をとる

アレお前の兄貴かよ!?完全に異常者、気の毒に…」

(鬼滅の刃 第133話 参照)

いつでも損な役の善逸。

その後はぐっだくだのめっちゃくちゃになりその乱闘は夕方まで続いた

不死川兄弟の仲を取り持つことはできなく

さらに炭治郎は上からお怒りを受け、”風柱”の不死川実弥との接触を禁止された

”岩柱”の稽古

善逸と一緒に”岩柱”の稽古に向かい、あの乱闘について炭治郎が謝っている

2人は山奥まで歩いていると滝があり、そこに人影がある

(鬼滅の刃 第133話 参照)

伊之助がここにいた。

【鬼滅の刃 第133話 終わり】

第133話 まとめ

運営者
運営者
今回の話では不死川兄弟の喧嘩に炭治郎が仲裁する話でした

ここにボックスタイトルを入力
  1. 喧嘩の仲裁
  2. 接触禁止
  3. ”岩柱”稽古

前回の話の終わりに引き続き兄弟喧嘩からの話でしたね

どうして実弥はあんなに玄弥に対してあんな態度をとっているのでしょうか?

二人きりの兄弟なのに。

しかし炭治郎はあの実弥が怖くないのでしょうか?

あんなに噛みついて…

次からは岩柱の悲鳴島の稽古ですね

これからの鬼滅の刃に期待です

次回も見に来てくださいね。