ブラックトリガー

【ワールドトリガー】「ブラックトリガー」の一覧まとめ

ワールドトリガーの魅力の一つになるのが、秘密兵器的な存在でもある「ブラックトリガー」です。

ボーダーや、ネイバーはブラックトリガーを各自いくつか所有していて、ワールドトリガーという世界を戦い合います。ワールドトリガーを楽しむためには知っておくことは必須と言えます。

運営者
運営者
そこで、ワールドトリガーに登場するブラックトリガーにまとめてみました。

ワールドトリガーに登場する「ブラックトリガー」を特徴含めて一覧にしてまとめてみました。

ブラックトリガーとは?

運営者
運営者
まずは、ブラックトリガーについてを分かりやすくまとめてみました。

そもそも「トリガー」というのが近界民(ネイバー)が生み出したテクノロジー。”トリオン”の力で動いていて、主に武器として使用しており、さまざまな種類を使い分けている。

トリガーの種類
  1. アタッカー用トリガー
  2. ガンナー用トリガー
  3. スナイパー用トリガー

トリオンとは、トリガーを使用するためのエネルギー。誰でもトリオン器官をもっているが、その性能には個人差があり、同じトリガーを使用しても威力に差がでてくる。

そんた優れたトリオン能力の持ち主(使い手)が、死後も力を残すために、自分の命と全トリオンを注ぎ込んで作った特別なトリガーのことを「ブラックトリガー」と言う。

通常のトリガーとは桁違いの性能を持ち、ずば抜けた破壊力や利便性のあるトリガーでこのワールドトリガーという世界観のパワーバランスをぶっ壊している。

ただし、作った人物の人格や完成が強く反映されるため、使用者との相性によっては起動できない場合がある。

ブラックトリガー①:黒指輪(空閑有吾)

(ワールドトリガー 6巻参照)

特徴は、他者からの攻撃を学習するトリガーで、加えて何倍もの威力や数で打てるようになるチート級のブラックトリガーです。

さらに、コピーした攻撃は「印」として使用して自身を強化したり、技に使えるだけでなく、それぞれ重ねがけまですることができる。

ブラックトリガー②:風刃(最上宗一)

(ワールドトリガー 3巻参照)

物体に斬撃を伝播させて、目の届く範囲どこにでも攻撃できる。ブレード部分には光の帯が常時発生していて風刃の「残弾」として斬撃を飛ばすことができる。

ブラックトリガー③:???

(ワールドトリガー 6巻参照)

S級隊員の天生が所持しているブラックトリガー。未だに詳細は不明だがあまり素行の良いものではなくかなりエグいものらしい。

ブラックトリガー③:雷の羽(ケリードーン)

(ワールドトリガー 7巻参照)

アフトクラトルのネイバー「ランバネイン」が所持しているブラックトリガー。ガンナー用のトリガーで一発一発の威力が高い上に連射性能も高い。

ブラックトリガー④:蝶の楯(ランビリス)

(ワールドトリガー 7巻参照)

アフトクラトルのネイバー「ヒュース」が所持していたブラックトリガー。磁力のある小さな黒い物体を何千も操る。黒い物体は形を自在にコントロールすることができるため、武器にも盾にも変形させることができるハイテクなトリガー。

さらに物体に磁石をつけることで引力斥力を使って撹乱攻撃までできる。

ブラックトリガー⑤:泥の王(ボルボロス)

(ワールドトリガー 7巻参照)

アフトクラトルのネイバー「エネドラ」が所持していたブラックトリガー。液体状でさまざまな隙間から攻撃できる上に、気体状として相手の体内に侵入して攻撃することもできる。侵入されても本人は攻撃されるまで意識できない。

ブラックトリガー⑥:星の杖(オルガノン)

(ワールドトリガー 8巻参照)

アフトクラトルのネイバー「ヴィザ」が所持していたブラックトリガー。杖のような形状の武器で周囲一体を切り刻むことができる。アフトクラトルでは国宝とまでされているブラックトリガー。使用者の周りにいくつものサークル(円)が展開されていて、そこには見えないブレードがいくつも存在している。

ブラックトリガー⑦:卵の冠(アレクトール)

(ワールドトリガー 8巻参照)

アフトクラトルのネイバー「ハイレイン」が所持していたブラックトリガー。卵のようなものから無数の鳥状の物体を発生させて攻撃するトリガー。触れたものをキューブにする。

鳥だけでなく、さらに小型の虫などにも変形して細かい攻撃ができる。

ブラックトリガー⑧:窓の影(スピラスキア)

(ワールドトリガー 9巻参照)

アフトクラトルのネイバー「ミラ」が所持していたブラックトリガー。空間を繋げることで転送ができるブラックトリガー。認識しているか、発信機さえあればどこにでも転送できる便利なトリガー。さらに空間を繋げて遠距離攻撃もできる。

 

まとめ

運営者
運営者
ワールドトリガーの”ブラックトリガー”を一覧にしてまとめてみましたが、まだまだ登場していない武器がたくさんあるはずなので、登場したらまた追記していきます。

ボーダー側だけでなく、ネイバー側にもまだまだ未知なるブラックトリガーがあるはずです。

まだまだ増えると思うワールドトリガーを楽しみにしたいと思います。