ワールドトリガー

【ワールドトリガー】登場キャラ『ボーダー・ネイバー』一覧まとめ

ワールドトリガーの魅力の一つになるのが、豊富なキャラクターの数々です。

それぞれのキャラに性格や特製などがあるので、ワールドトリガーという世界観を楽しむことができます。

運営者
運営者
そこで、ワールドトリガーに登場するキャラクターをカテゴリー別にまとめてみました。

ワールドトリガーの登場キャラを、「ボーダー・ネイバー」を含めて全キャラを一覧にしてまとめてみました。

見たいところへジャンプ

メインチーム(ボーターB級 「三雲隊」)

三雲 修(みくも おさむ)

(ワールドトリガー 4巻参照)

玉狛支部のリーダー。本作の主人公で正義感の強い中学生。だけど戦闘力は中の下。

空閑 遊真(くが ゆうま)

(ワールドトリガー 4巻参照)

ネイバーからやってきた少年。玉狛支部のアタッカー。一度は死にかけたが父・有吾によって命を繋ぎ止められた。その際に、有吾はブラックトリガー「黒指輪」となり塵となって消えてしまった。その時に、父からのサイドエフェクトと、遊真は黒髪だったが白髪になってしまった。

レプリカ

(ワールドトリガー 4巻参照)

遊真のお目付け役。遊真の父・空閑有吾によって造られた多目的型トリオン兵。アフトクラトル侵攻の際に自分の身を挺して撤退させた。

雨取 千佳(あまとり ちか)

(ワールドトリガー 1巻参照)

修の幼馴染。玉狛支部のスナイパー。とんでもないトリオンの持ち主で、それが原因でネイバーを呼び寄せる体質の持ち主となっている。

ヒュース(ボーダーver)

(ワールドトリガー 18巻参照)

捕虜となっていたネイバーのヒュースのボーダーバージョン。角を隠して玉狛第二のエースと入隊した。ランビリスを使うまでは剣の修行をしており、師匠はヴィザ扇でヒュースもかなりの実力者。

宇佐美 栞(うさみ しおり)

(ワールドトリガー 2巻参照)

玉狛第一・第二のオペレータ。トリガーについて豊富な知識を持ち、主に座学の面で修たちをアシストしている。学業も優秀らしく、ボーダー提携の進学校に通学している。入隊したばかりの修や遊真にボーダーやトリガーのレクチャーをしてくれた。

ボーダーS級隊員

迅 悠一(じん ゆういち)

(ワールドトリガー 1巻参照)

実力派エリートであり、S級隊員の一人。さらにブラックトリガー「風刃」の前任者であり、風刃は候補者20人のサバイバルだったが見事全員を倒して手に入れたが、遊真を救うためにボーダーに返却した。加えてサイドエフェクト「未来を視る」ことができる。

天生 月彦(あもう つきひこ)

(ワールドトリガー 6巻参照)

迅と並ぶブラックトリガーの使い手。素行に色々と問題ありでだが、戦闘力では迅以上とされている。玉狛襲撃に太刀川らが失敗し、忍田が怒ったことに対して城戸が最終手段として使おうとした。

ボーターA級1位「太刀川隊」

太刀川 慶(たちかわ けい)

(ワールドトリガー 7巻参照)

個人総合ランク1位のアタッカー。迅のライバルとされている存在。しかし孤月のみの戦闘力ならば迅よりも上で、勝てない迅が太刀川対策に「スコーピオン」を開発したhどの実力者。

出水 公平(いずも こうへい)

(ワールドトリガー 7巻参照)

太刀川隊のシューター。玉狛襲撃の際に嵐山隊の足止めを行っていらややり手のガンナー。

唯我 尊(ゆいが ゆずる)

(ワールドトリガー 13巻参照)

太刀川隊のガンナー。ボーダーのスポンサーの息子で実力はA級の中では最弱だが、1位のチームに入れている。

国近 柚宇(くにちか ゆず)

(ワールドトリガー 7巻参照)

太刀川隊のオペレータ。

ボーターA級2位「冬島隊」

冬島 慎次(ふゆしま しんじ)

(ワールドトリガー 9巻参照)

冬島隊隊長で特殊工作兵(トラッパー)。

当真 勇(とうま いさみ)

(ワールドトリガー 9巻参照)

冬島隊のスナイパー。個人総合ランク4位のスナイパー。

真木 理佐(まき りさ)

冬島隊のオペレータ。

ボーターA級3位「風間隊」

風間 蒼也(かざま そうや)

(ワールドトリガー 6巻参照)

個人総合ランク3位のアタッカー。

歌川 寮(うたがわ りょう)

(ワールドトリガー 6巻参照)

風間隊のオールラウンダー。玉狛襲撃の際に太刀川・風間と共に迅を追い詰めて囮役をした。冷静に判断できて素直に取り入れる性格。

菊地原 志郎(きくちはら しろう)

(ワールドトリガー 6巻参照)

風間隊のアタッカー。嫌味っぽい性格で何でも否定しがち。サイドエフェクト「強化聴覚」の持ち主。

三上 歌歩(みかみ かほ)

(ワールドトリガー 6巻参照)

風間隊のオペレータ。

ボーターA級4位「草壁隊」

緑川 駿(みどりかわ しゅん)

(ワールドトリガー 4巻参照)

草壁隊のアタッカー。修よりも若いのに実力は相当なもの。

ボーターA級5位「嵐山隊」

嵐山 准(あらしやま じゅん)

(ワールドトリガー 6巻参照)

嵐山隊リーダーでアタッカー。

木虎 藍(きとら あい)

(ワールドトリガー 6巻参照)

嵐山隊のオールラウンダー。嵐山隊のエース。プライドの高い女性。

時枝 充(ときえだ みつる)

(ワールドトリガー 6巻参照)

嵐山隊のアタッカー。

佐鳥 賢(さとり けん)

(ワールドトリガー 10巻参照)

嵐山隊隊のスナイパー。

綾辻 遥(あやつじ  はるか)

嵐山隊のオペレータ。

ボーターA級6位「木崎隊」

木崎 レイジ(きざき れいじ)

(ワールドトリガー 2巻参照)

玉狛唯一のスナイパー経験者であり、千佳の師匠として指導を行う。通常オールラウンダーは遠距離戦闘はこなさないが、スナイパー経験もあるため近・中・遠距離戦闘をこなす、ボーダー隊員唯一のパーフェクトオールラウンダー。玉狛特製の改造トリガーホルダーを使用して装備できるチップを大幅に増やし、近距離では両手に持ったレイガストにオプショントリガーのスラスターを使用することで放つ高速拳撃、中距離では突撃銃型トリガーや機関銃型トリガーによる射撃を得意とする。また、専用トリガー「全武装」を用いた制圧戦も可能。レスキュー隊員だった父親を9年前に亡くしている。

小南 桐絵(こなみ きりえ)

(ワールドトリガー 2巻参照)

ノーマルトリガーに不慣れであったとは云え遊真を9勝1敗で圧倒し、その後の訓練でも7勝以上を維持している程の実力者。嵐山とは従兄妹の関係にあたり、ボーダーとは提携していないお嬢様学校に通っている。戦闘時のトリオン体は過去の髪型を登録しており、ロングヘアからボブヘアとなる上、羽のようなアホ毛が二本に増える等、戦闘員の中で最も変化が激しい。戦闘ではトリオン効率を度外視した火力重視の斧型トリガー「双月」を使用し、副トリガーでメテオラを使用する。アフトクラトルによる大規模侵攻では、南西部の人的被害をゼロにしたことで一級戦功を上げる。旧ボーダー時代からのメンバーで、迅よりも早くからボーダーに所属していた人物。

烏丸 京介(からすま きょうすけ)

(ワールドトリガー 2巻参照)

修の師匠となり、一対一で指導する。能力の低い修の指導方法に苦慮している。戦闘では弧月、アステロイドとバイパーを装備した突撃銃型トリガー、エスクードを使用する。また、オプショントリガー「ガイスト」による短期決戦も得意とする。

ボーターA級6位「加古隊」

加古 望(かこ のぞみ)

(ワールドトリガー 10巻参照)

加古隊隊長でシューター。

黒江 双葉(くろえ ふたば)

(ワールドトリガー 10巻参照)

加古隊のアタッカー。

喜多川 真衣(きたがわ まい)

加古隊のトラッパー。

小早川 杏(こばやかわ あん)

加古隊のオペレータ。

ボーターA級7位「三輪隊」

三輪 秀次(みわ しゅうじ)

(ワールドトリガー 2巻参照)

三輪隊隊長でアタッカー。ネイバーに姉を殺されたことから、全てのネイバーを憎んでいる。もちろん遊真のことも根に持っている。

米屋 陽介(よねや ようすけ)

(ワールドトリガー 2巻参照)

三輪隊のアタッカー。槍型の武器を得意とする。好戦的な性格だが、他のメンバーと違って近界民に対しては恨みを持っていない。そのため近界民である遊真と普通に接し、コミュニケーション能力が高く、後輩の面倒見も良い。誰に対しても飄々として陽気、フレンドリーでこざっぱりとした態度をとる。玉狛支部の宇佐美とは従姉弟の間柄であり、陽太郎の子守をすることもある。

奈良坂 透(ならさか とおる)

(ワールドトリガー 3巻参照)

性格は極めて冷静であり感情の起伏がかなり乏しく、遊真の揺さぶりにも一切動揺しなかった。近界民に家を破壊されている。スナイパーとしてはランキング2位と当真に次ぐ実力者であり、訓練にも欠かさず参加しスコアは満点と非常に優秀な成績。

古寺 章平(こでら しょうへい)

(ワールドトリガー 9巻参照)

冷静沈着な奈良坂とは対照的に、緊張や動揺が態度に表れやすい。近界民に家を破壊されている。奈良坂と同じく進学校に通い、頭脳明晰でA級隊員の中ではトップクラスの学力。戦局の状況把握や地形戦、敵の思考の読み合いなどを得意とする。

月見 連(つきみ れん)

(ワールドトリガー 9巻参照)

太刀川の戦術面での師匠であり幼馴染。

ボーターB級1位「二宮隊」

二宮 匡貴(にのみや まさたか)

(ワールドトリガー 12巻参照)

二宮隊隊長でシューター。個人総合2位の実力者。元部下である”鳩原未来”を探すために容疑者とされている雨宮凜児を追っている。

犬飼 澄晴(いぬかい すみはる)

(ワールドトリガー 13巻参照)

二宮隊のガンナー。

辻 新之助(つじ しんのすけ)

(ワールドトリガー 13巻参照)

二宮隊のアタッカー。

鳩原 未来(はとはら みらい)

(ワールドトリガー 13巻参照)

元二宮隊のスナイパー。絵馬が唯一慕う人物。ボーダーの重要規律違反を起こして行方不明になっている。

氷見 亜季

(ワールドトリガー 13巻参照)

二宮隊のオペレータ。

ボーターB級2位「影浦隊」

影浦 雅人(かげうら まさと)

(ワールドトリガー 12巻参照)

影浦隊隊長でアタッカー。

北添 尋(きたぞえ ひろ)

(ワールドトリガー 13巻参照)

影浦隊の「ガンナー。

絵馬 ユズル(えま ゆずる)

(ワールドトリガー 13巻参照)

影浦隊のスナイパー。かなりの命中率がある。

仁礼 光(にれ ひかり)

(ワールドトリガー 12巻参照)

影浦隊のオペレータ。

ボーターB級3位「生駒隊」

生駒 達人(いこま たつひと)

(ワールドトリガー 16巻参照)

生駒隊隊長でアタッカー。

水上 敏志(みずかみ さとし)

(ワールドトリガー 16巻参照)

生駒隊のシューター

隠岐 孝二(おき こうじ)

(ワールドトリガー 16巻参照)

生駒隊のスナイパー。

南沢 海(みなみざわ かい)

(ワールドトリガー 16巻参照)

生駒隊のアタッカー。

細井 真織(ほそい まおり)

(ワールドトリガー 16巻参照)

生駒隊のオペレーター。

ボーターB級5位「王子隊」

王子 一彰(おうじ かずあき)

(ワールドトリガー 16巻参照)

王子隊隊長でアタッカー。

蔵内 和紀(くらうち かずき)

(ワールドトリガー 16巻参照)

王子隊のシューター。

樫尾 由多茄(かしお ゆたか)

(ワールドトリガー 16巻参照)

王子隊のアタッカー。

橘高 羽矢(きったか はや)

(ワールドトリガー 16巻参照)

王子隊のオペレーター。

ボーターB級6位「東隊」

東 春秋(あずま はるゆき)

(ワールドトリガー 6巻参照)

東隊の隊長。未知の新型ネイバー”ラービット”を冷静に分析して所見にも関わらず対応した実力者。

奥寺 常行(おくでら つねゆき)

(ワールドトリガー 6巻参照)

東隊のアタッカー。

小荒井 登(こあらい のぼる)

(ワールドトリガー 6巻参照)

東隊のアタッカー。アフトクラトルの侵攻の際に新型ネイバーの被害者となりかけたが、隊長の東の機転で取り込まれずに済んだ。

人見 摩子(ひとみ まこ)

(ワールドトリガー 6巻参照)

東隊のオペレータ。

ボーターB級6位「来馬隊」

来馬 辰也(くるま たつや)

(ワールドトリガー 6巻参照)

来馬隊隊長でガンナー。

村上 鋼(むらかみ こう)

(ワールドトリガー 6巻参照)

来馬隊のアタッカー。個人No.4アタッカーとしてかなりの実力者。

別役 太一(べつやく たいち)

(ワールドトリガー 6巻参照)

来馬隊のスナイパー。

今 結花(いま ゆか)

(ワールドトリガー 11巻参照)

来馬隊のオペレータ。

ボーターB級9位「香取隊」

香取 葉子(かとり ようこ)

(ワールドトリガー 15巻参照)

香取隊隊長でオールラウンダー。

三浦 雄太(みうら ゆうた)

(ワールドトリガー 15巻参照)

香取隊のアタッカー。

若村 鹿郎(わかむら ろくろう)

(ワールドトリガー 15巻参照)

香取隊のガンナー。

染井 華(そめい はな)

(ワールドトリガー 15巻参照)

香取隊のオペレーター。

ボーターB級10位「諏訪隊」

諏訪 洸太郎(すわ こうたろう)

(ワールドトリガー 6巻参照)

諏訪隊隊長でガンナー。アフトクラトル侵攻の際にラービットに捕らえられた。

堤 大地(つつみ だいち)

(ワールドトリガー 6巻参照)

諏訪隊のガンナー。

笹森 日佐人(ささまり ひさと)

(ワールドトリガー 6巻参照)

諏訪隊のアタッカー。ラービットに取り込まれた諏訪隊を助けようとしたが、駆けつけた風間に一蹴された。

小佐野 瑠衣(こさの るい)

(ワールドトリガー 10巻参照)

諏訪隊のオペレータ。

 

ボーターB級11位「荒船隊」

荒船 哲次(あらふね てつじ)

(ワールドトリガー 7巻参照)

荒船隊の隊長でスナイパー。アタッカーとしてもかなりの実力者。

穂苅 篤(ほかり あつし)

(ワールドトリガー 7巻参照)

荒船隊のスナイパー。

半崎 義人(はんざき よしと)

(ワールドトリガー 7巻参照)

荒船隊のスナイパー。

加賀美 倫(かがみ りん)

(ワールドトリガー 10巻参照)

荒船隊のオペレータ。

ボーターB級13位「那須隊」

那須 玲(なす れい)

(ワールドトリガー 11巻参照)

那須隊隊長でシューター。

熊谷 友子(くまがい ともこ)

(ワールドトリガー 11巻参照)

那須隊のアタッカー。基本スタイルは孤月両手持ち+シールドのシンプルな前衛アタッカー。

日浦 茜(ひうら あかね)

(ワールドトリガー 11巻参照)

那須隊のスナイパー。

志岐 小夜子(しき さよこ)

(ワールドトリガー 11巻参照)

那須隊隊長でオペレータ。

ボーターB級14位「柿崎隊」

柿崎 国治(かきざき くにはる)

(ワールドトリガー 7巻参照)

柿崎隊隊長のオールラウンダー。

照屋 文香(てるや ふみか)

(ワールドトリガー 7巻参照)

柿崎隊のオールラウンダー。

巴 虎太郎(ともえ こたろう)

(ワールドトリガー 7巻参照)

柿崎隊のガンナー。

宇井 真登華(うい まどか)

柿崎隊のオペレータ。

ボーターB級19位「茶野隊」

茶野 真(ちゃの まこと)

(ワールドトリガー 6巻参照)

茶野隊隊長でガンナー。遊真を人型ネイバーと勘違いして攻撃してきた。

藤沢 樹(ふじさわ いつき)

(ワールドトリガー 6巻参照)

茶野隊のガンナー。

十倉 恵(とくら めぐみ)

茶野隊のオペレータ。

 

ボーター本部上層部

城戸 正宗(きど まさむね)

(ワールドトリガー 1巻参照)

忍田 真史(しのだ まさふみ)

(ワールドトリガー 1巻参照)

A級一位の太刀川に剣を教えた師匠で、現ボーダー本部においてのノーマルトリガー最強の男とされている。

沢村 響子(さわむら きょうこ)

(ワールドトリガー 1巻参照)

鬼怒田 本吉(きぬた もときち)

(ワールドトリガー 1巻参照)

根付 栄蔵(ねつき えいぞう)

(ワールドトリガー 1巻参照)

唐沢 克己(からさわ かつみ)

(ワールドトリガー 1巻参照)

ボーダー「玉狛支部」

林道 匠(りんどう たくみ)

(ワールドトリガー 1巻参照)

玉狛支部支部長。遊真の父・有吾に恩義を抱いており、遊真の保護を目的に玉狛支部に勧誘した。

林藤 陽太郎(りんどう ようたろう)

(ワールドトリガー 1巻参照)

玉狛支部の林道支部長の息子。

ネイバー(アフトクラトル)

ハイレイン

(ワールドトリガー 6巻参照)

アフトクラトルの隊長で、相手をキューブ化させるブラックトリガー「アレクトール」を所持している。

エネドラ

(ワールドトリガー 6巻参照)

黒髪長髪の好戦的なネイバー。片目が黒くブラックトリガー「ボルボロス」を所持している。

ランバネイン

(ワールドトリガー 7巻参照)

かなり好戦的な大柄なネイバー。ブラックトリガー”ケリードーン”を所持している。

ヴィザ

(ワールドトリガー 7巻参照)

高齢のネイバー。落ち着きもあり冷静沈着でかなり強敵。アフトクラトルの国宝でもあるブラックトリガー「オルガノン」を所持している。

ヒュース

(ワールドトリガー 7巻参照)

年齢が若めのネイバー。磁力を操るブラックトリガー「ランビリス」を所持している。

ミラ

(ワールドトリガー 7巻参照)

アフトクラトル側のオペレータ的な存在。空間を繋げるブラックトリガーを使用する。

ネイバー(ガロプラ)

ガトリン

(ワールドトリガー 14巻参照)

ガロプラ遠征部隊の隊長。ボーダー本拠地に侵入してきた一人。遠征挺を盾にした戦いとはいえ、太刀川・小南・村上のボーダーの3強相手に通常トリガーで渡り合った強者。

コスケロ

(ワールドトリガー 15巻参照)

ガロプラ遠征部隊の副隊長。ボーダー本拠地周りで囮役をした。

 

ウェン・ソー

(ワールドトリガー 15巻参照)

ガロプラ遠征部隊の隊員。ボーダー本拠地に侵入してきた一人。

ラタリコフ

(ワールドトリガー 15巻参照)

ガロプラ遠征部隊の隊員。ボーダー本拠地に侵入してきた一人。

レギンデッツ

(ワールドトリガー 15巻参照)

ガロプラ遠征部隊の隊員。ボーダー本拠地周りで囮役をした。

ヨミ

(ワールドトリガー 15巻参照)

ガロプラ遠征部隊の隊員。全体のサポートをするオペレーター的な存在。

 

ネイバー(有吾の友人)

ライモンド

(ワールドトリガー 4巻参照)

ある国の防衛団長。ボーダーでいう忍田みたいなポジションのまとめ役。

イズカチャ

(ワールドトリガー 4巻参照)

ライモンドの娘。

ヴィッターノ

(ワールドトリガー 4巻参照)

ライモンドの息子。遊真と中が良かった。

まとめ

運営者
運営者
ワールドトリガーのキャラ一覧をまとめてみましたが、まだまだ登場していないクラスやキャラなどがいるので、登場したらまた追記していきます。

ボーダー側だけでなく、ネイバー側もまだまだキャラがいるはずです。

まだまだ増えると思うワールドトリガーを楽しみにしたいと思います。