ヒーローアカデミア

【僕のヒーローアカデミア】第203話ネタバレあらすじ|B組の怒涛の攻撃!!委員長の新技「レシプロターボ」発動!!

ここでは、僕のヒーローアカデミアの最新のあらすじをまとめています。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

第203話 柔軟!骨抜柔造!

運営者
運営者
前回の話では、それぞれ課題を抱えながら第三セットがスタートしたところでした。

No.1ヒーローになって大きな変化があったエンデヴァー。

轟に連絡をするものの既読スルーされていることに歯がゆい気持ちの描写。ショート患いがあるらしい。

本人は技の伝授をしたいらしい。

と、場面は変わり第三セットスタート直後の轟たち。

いきなり氷結ぶっぱ

(僕のヒーローアカデミア 第203話参照)

お決まりの作戦にもなっていませんが、ぶっぱを軸に相手をひるませて戦うのは、もはや定番。

これだけ範囲攻撃ができる轟を相手も熟知しているために、対策の一つとしてB組の新キャラの一人でもある”骨抜柔造”が登場。

(僕のヒーローアカデミア 第203話参照)

物質を柔らかくする個性の持ち主。轟の攻撃を無効化したり、元に戻したり自由度が上がる個性。

「氷結ぶっぱは安い手じゃん」と煽り、火で攻めてきたらどうしようもなかったのにと、かなり冷静で個性だけでなく強そうなキャラです。

それぞれが反撃にでます。

(僕のヒーローアカデミア 第203話参照)

ガード不可攻撃の持つこ個性の”回原 旋”。ドリルのような攻撃をするため自身の身体でのガードができなくなる。

(僕のヒーローアカデミア 第203話参照)

角を飛ばして遠距離攻撃ができる”角取ボニー”。遠距離とは言えそれなりに強力な威力がある。

さらに油断したところに鉄哲が轟を、力づくで拘束します。轟が苦手な近距離戦に持ち込みます。

委員長の新技「レシプロターボ」

(僕のヒーローアカデミア 第203話参照)

骨抜によって柔軟にされた氷結に埋められ、元に戻すことによって、委員長を氷結に閉じ込めることに成功。それぞれの連携をとめ個別に戦うB組。

そこで、委員長が新技を発動させます。

その名も「レシプロターボ」!!!!

第203話のまとめ

運営者
運営者
まとめ
  1. エンデヴァーのショート患いがひどい
  2. 骨抜の柔軟にする個性はかなり強い
  3. それぞれの連携を絶つ作戦
  4. 委員長の新技披露

前半B組に押され気味で、A組が翻弄されている感じです。委員長の新技が起死回生になるのか。

次回が楽しみですね。

それでは、また見に来てくださいね。