鬼滅の刃

【鬼滅の刃】第131話あらすじ解説ネタバレと感想|錆兎の想い!そして珠世の勧誘!?

ここでは鬼滅の刃の最新のあらすじをまとめています

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね

こちらも見てくれると嬉しいです

https://mannga-brothers.com/archives/188

【鬼滅の刃 考察まとめ】現段階での鬼滅隊の全呼吸一覧を紹介鬼滅の刃の面白さと言えば、個性のでる”呼吸”です。 戦闘時、それぞれのキャラは独自の呼吸を使って、技や奥義を繰り出し鬼と対峙します。 そ...

第131話 来訪者

運営者
運営者
前回の話では「柱稽古」が始まり義勇の過去についてでしたね

錆兎から託されたもの

(鬼滅の刃 第131話 参照)

炭治郎は富岡の過去を聞き、何も言うことが出来なかった

その気持ちが痛いほどにわかるから

自分も同じ体験をしているからだ

【煉獄杏寿郎】

炭治郎にとって彼がそうであったように

富岡にとって錆兎がそうなのである

しかし炭治郎は色々な想いを杏寿郎に託され、それに不安を抱えていると

伊之助に「信じると言われたら、それに答えること以外考えんじゃねぇ」

と答えを出し今を生きている

でも今の炭治郎では富岡になんて言葉をかければいいのかわからないが

どうしても一つだけ聞きたいことがあった

錆兎から託されたものを繋いでいかないんですか?

その言葉を聞き、昔にパン!と錆兎に頬殴られた時に言われたことを思い出す

 

(鬼滅の刃 第131話 参照)

この大事なやりとりなぜ忘れていたんだろう

姉の想い、錆兎の想いそれらのことを思い出す事で悲しすぎ、何もできなくなるからその思いを封印し続けていたんだ。

だが、炭治郎のその言葉でその想いに答えられない自分の未熟さに謝る

改めて心を入れ替えして稽古に加わろうとするが、

炭治郎がいきなり「ざるそば早食い勝負しませんか?」

「なんで?」と心の中で思った。

義勇も加わり

本格的に進む柱稽古

当然の来訪者

とある屋敷に突如現れたの産屋敷の使いの者だ

カラスだ。しかもめっちゃくちゃ起用に喋る、かなり訓練されたようだ

直接会いに来て話をしたかったみたいだが産屋敷自身はもう動けないみたいだ…

珠世は「なんの御用でしょうか」と警戒しながら聞く

それは当然だ。珠世は鬼なのだから

では話をします

鬼殺隊にも鬼の体と薬学について詳しいものがいます

禰豆子の変貌も含めて一緒に調べてほしい

(鬼滅の刃 第131話 参照)

鬼である珠世の勧誘だ

【鬼滅の刃 第131話 終わり】

第131話 まとめ

運営者
運営者
今回の話では前回に続いて富岡の過去についてでしたねさらに珠世の勧誘です

まとめ
  1. 富岡も稽古に参加
  2. 珠世の参戦!?

炭治郎と富岡は似たもの同士だったから

その想いも痛いほどわかったのでしょうね

運営者
運営者
なぜ早食い勝負だったかは謎でしたw

さらに鬼の珠世の勧誘です。

珠世はどんな行動をとるのでしょうか!?

これからの鬼滅の刃に期待です

次回も見に来てくださいね。