ONE PIECE

【ワンピース】古代兵器「ポセイドン」と”ノアの方舟”や”ジョイボーイ”についての考察

このマンガの面白ポイントの一つでもあるのが謎や伏線です。

そんな謎の一つにあるのが「古代兵器」です。

何のためにか遠い昔に実在した、この世界を滅ぼせる程の力…。”神”の名を持つ3つの古代兵器「プルトン」「ウラヌス」「ポセイドン」。

世界中のあらゆる勢力が欲しがる程の力があるとされています。それは世界政府も海賊も関係なく。しかし、その多くは未だに謎に包まれています。

そこで、この記事ではまだまだ謎の多い古代兵器「ポセイドン」についてを考察していきます。

「古代兵器」とは?

(ONE PIECE 65巻参照)

ワンピースの世界にある古代兵器は3つ。「プルトン」・「ポセイドン」・「ウラヌス」、それぞれが神話の”神”の名を持っています。

これらは謎に包まれていて、古代兵器を追って対立したり、古代兵器のヒントを追って戦ったりする描写が数多くあります。

一番最初に登場したのはアラバスタ編です。クロコダイルがプルトンを狙いアラバスタを乗っ取ってまでも、欲しがったものです。そんな古代兵器の今現状でわかっている中での考察をしていきます。

古代兵器「ポセイドン」の正体は”人魚姫”

(ONE PIECE 65巻参照)

現段階でのポセイドンは「しらほし姫」が正体と判明しています。これは、ロビンとリュウグウ王国国王ネプチューンとの会話の流れで確定しています。

古代兵器というぐらいだから、ずっと兵器だと思っていましたが、人魚姫が正体でしたね。しかも、いつもいるわけではなく何百年の一人の確率みたいです。

(ONE PIECE 65巻参照)

ポセイドンとしての真価としては「海王類との意思疎通」にあります。

海王類だけは、魚人でさえ会話することができません。そういう意味では万物共有で海王類は驚異な存在でもあります。しかし、しらほしは海王類の声を聞き、さらに話すことができる唯一の存在です。

実際にルフィが方舟「ノア」を破壊しようとしていたのを、海王類がとめているのを”しらほし姫”が代弁してくれています。

これが実際にどのくらいの破壊力があるのか?海王類が攻撃してくれるのか?今のところは不明なことがたくさんあります。

「ノアの方舟」の正体

まだまだある”ポセイドン”の秘密。その一つが「ノアの箱舟」

仮説をたてるとすると、海王類が身を挺して守っていたノアの箱舟は、プルトンはアラバスタほどの巨大な舟だとすると、このノアの箱舟も無関係ではない一種の「戦艦」だとします。

つまり、ノアの箱舟は海中から攻撃することのできる海王類とノアの箱舟をあわせてポセイドンだと言うことです。というのが兵器としてもなりえますよね。

あとは、海王類が攻撃をしかけるみたいなものもありですね。

「ジョイボーイ」への謎をまとめてみた

さらに、もう一つの謎としては「ジョイボーイ」の存在。

ネプチューンによって、”空白の100年”に実在した人物というのは分かっています。空島ではとポセイドンの在処、魚人島では謝罪文を書いているのを読んだロビン。

ネプチューンいわく、その当時に魚人島にいた”人魚姫”に宛てられたものだという。

  • なぜポーネグリフに謝罪を残したのか?
  • 何に対しての謝罪なのか?
  • 魚人島の約束とは?

こんなところでしょうか。

魚人島との約束を破ったことに対する謝罪文だが、内容自体は詳しくは伝わっていないが、いずれジョイボーイに代わって約束が果たしに来るものが現れる、というのがリュウグウ王国に伝わる伝説になっているそうです。

まだまだ謎が残っています。

まとめ

運営者
運営者
古代兵器「ポセイドン」についてまとめてみました。
まとめ
  1. ポセイドンは「しらほし姫」
  2. ノアの方舟は戦艦!?
  3. ジョイボーイの謎

今のところのポセイドンについてはこんなところではないでしょうか。ポセイドンの正体は分かっているとはいえ謎がとても多いので、判明するのが楽しみです。

””