王下七武海

【ワンピース】現・王下七武海”白ひげJr”エドワード・ウィーブルの悪魔の実や強さを考察

ワンピースの面白さと言えば、漫画なのに奥深い世界観が一つのポイントです。

とくに、”四皇”や”海軍”と同じく重要なボジションにあるのが、世界政府公認の海賊”七武海”の存在です。

そこで今回の記事では、”王下七武海”の一人でもあるエドワード・ウィーブルについてを分かりやすくまとめてみました。

【現・王下七武海】自称”白ひげJr”エドワード・ウィーブル

運営者
運営者
現王下七武海自称”白ひげJr”エドワード・ウィーブルは白ひげ傘下の海賊狩りを行っているみたいです。

(ONE PIECE 80巻参照)

悪魔の実不明
武器薙刀

白ひげとは似ていないビジュアルに加えて、なまり口調が特徴。

白ひげ海賊団傘下の船長は合計で16人の撃破をしている、自称”白ひげJr”であるエドワード・ウィーブル。

口論の末にその町ごと吹き飛ばすのがいつもの如くで、死傷者は600人を超えるようで、海軍の中でも問題されているみたいです。

(ONE PIECE 80巻参照)

実際に、白ひげの息子というのかどうか不明で、自称なので疑うものが多いが、血筋はどうであれ、海賊として圧倒的に強いのが特長の一つになっています。

(ONE PIECE 80巻参照)

まるで、本当に白ひげの若い頃の様に、強さだけなら確固たる価値となっているみたいで、七武海になれたようで、現段階ではこれ以上の情報はありません。

 (ONE PIECE 80巻参照)

母である”ミス・パッキン”は白ひげ海賊団の金は全て遺産だということで、ウィーブルは片っ端から傘下の船長たちを潰して回っていて、本人は白ひげの敵である黒ひげのティーチを仇討ちしたいみたい。

マルコいわく、ミス・パッキンはモビー・ディック号には乗船したようで、男と女のことだから、一番隊隊長マルコでさえ分からないとのことみたいです。

まとめ

運営者
運営者
現段階でのウィーブルについてのことをまとめました。
まとめ
  1. 自称”白ひげの息子”
  2. 白ひげのような強さを誇る
  3. 息子は仇討ち、母は金目的

今のところ、分かっていないことが多くて現段階で分かっているのはこのぐらいしかありません。

今後ウィーブルの登場によってさらに明らかになっていくと思うので楽しみにしておきたいと思います。

ジャンプ漫画を見るなら「U-NEXT」
無料で漫画も読めておすすめのエンタメサービス

U-NEXTを見てみる
※「ワンピース」「ブロッククローバー」「ヒロアカ」などの最新刊が無料で読めます。

  • 最新の漫画が読める
  • ドラマ・映画も見れる
  • 31日間の無料体験がすぐにできる