るろうに剣心【北海道編】

【るろうに剣心・北海道編】第42話あらすじネタバレ|

【るろうに剣心・北海道編】第41話あらすじネタバレ|ついに現れた剣客兵器!北征抜刀討伐討伐隊VS雹辺双!!

この記事の内容

「るろうに剣心」のあらすじの考察

ここでは、「るろうに剣心」の最新のあらすじをまとめています。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

こちらも良かったら見てくれると嬉しいです。

るろうに剣心」第42話 札幌新撰組哀歌其ノ七

運営者
運営者
前回の話では、爆薬をまき散らした阿爛、そして無限刃で火を放った明日郎
緋村 剣心(ひむらけんしん)主人公、不殺(ころさず)を誓う逆刃刀と飛天御剣流を扱う侍。別名に緋村抜刀術とい呼ばれる
緋村薫(ひむらかおる)剣心の妻で、神谷活心流の師範
相楽 左之助(さがらさのすけ)剣心の相棒で喧嘩屋
斉藤 一(さいとうはじめ)元新選組三番隊隊長で今は警察官。別名、藤田五郎
凍座 白也(いてくらびゃくや)斉藤によって囚えられた剣客兵器の一人
神谷 越路郎(かみやこしじろう)亡くなっていたと思われていた薫の父

「るろうに剣心」前話 あらすじ

ついに姿を見せた剣客兵器、役人を立て続けに7名惨殺し、死体を引きずりながら大通りを道庁方面に向かって移動中

伊知川は斎藤たちの他に遊撃隊を用意していた

それは山県有朋内務卿、直命により編成された。隊剣客兵器特務部隊

名付けて”北征抜刀討伐隊”

大通りを移動中の剣客兵器の前に警察の銃撃隊が並ぶ

止まらない剣客兵器に一斉に銃弾を放つ!!

(るろうに剣心 第41話 参照)

しかし”戦型 二刃羽織 鉄紺帷子 方形紋付”放たれた銃弾全て撃ち落とす

名は剣客兵器部隊将髑號 雹辺 双

銃撃隊は敵が銃が効かないとわかり、危険を感じ恐怖する

だがその時、北征抜刀討伐隊が到着する!!

山県が笛を鳴らすと息を揃え、華麗に舞い”規律 四列三連組み”と雹辺を囲み一斉攻撃を仕掛ける

だがそれを凌ぐ雹辺、さらに追撃で”連撃 規律”で追い打ち!!

(るろうに剣心 第41話 参照)

しかし”戦型 二刃羽織 緋羅紗無慈悲 球形紋付”で返り討ち

さらにその攻撃の中に一人引きずり込む…

引きずり込まれた隊員は斬り刻まれ赤き紅髑髏と姿を変えた…

それを見た山県は解散と命じ、逃げの一手

背中を見せ逃げる、山県を追いかけトドメを刺そうとした時斎藤と永倉が登場する!

それでは「るろうに剣心」第42話あらすじを始めていきます

「るろうに剣心」第42話 あらすじ

「るろうに剣心」第42話のまとめ

運営者
運営者
「るろうに剣心」の第42話をまとめていくと…
まとめ

次回にも期待です

これはもう来月も楽しみにしながら待ちます。

また見に来てくださいね。