ボルト

【BORUTO(ボルト)】第66話あらすじ解説ネタバレ|兄弟との約束!?辿り着いた二人の悲しき結末…

ボルト

この記事の内容

BORUTO‐ボルト‐最新あらすじ

ここではBORUTO-ボルト-の最新のあらすじをまとめています

今までのあらすじ

世界を揺るがせた忍界大戦もすでに過去の話木ノ葉隠れの里では平和を迎えていた!

七代目火影うずまきナルトが治める木ノ葉の里。平和と経済成長を謳歌する世界で「ナルトの息子たち」次世代の忍者は、一体どのような忍道を歩んでいくのか!?彼らの足跡を辿り、どんな物語を進んで行くのか……いざ伝説の再開!!

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね

こちらも見てくれると嬉しいです

【BORUTO(ボルト)】第66話ヤるかヤられるか

ボルト この物語の主人公
カワキ ボルトのライバル 全身科学忍具
ナルト ボルトの父親 前作の主人公
ヒマワリ ボルトの妹
ジゲン 殻のメンバー リーダー
コード 殻のメンバー
エイダ 殻のメンバー?
運営者
運営者
【BORUTO(ボルト)】前回の話では、ボルトとカワキは楔(カーマ)について話す、そしてコードが動き出す

【BORUTO(ボルト)】前話 あらすじ

楔(カーマ)の力を発動させ、コードと互角の戦いを繰り広げたボルト

しかし突然と倒れ込むボルト、それは薬の効力が切れ…時が止まりボルトとモモシキだけの世界へと入り込む。

その世界では動くことが出来ないボルトに対して、自由に動けるモモシキ

そしてその状況を確認したモモシキはボルトに代われと命令し、ボルトの体を乗っ取り出したのだ

殻の生き残りの十尾を所有しているコードの存在が邪魔だと判断し、攻撃を仕掛ける

モモシキが放つ螺旋丸は普通の螺旋丸でも爆発的な威力、コードは危険を感じ爪痕で躱し続ける

そしてこれ以上相手にすると危険と判断したコードはカワキだけでも連れて行こうとする

(ボルト 第65話 参照)

それに気づいたモモシキは螺旋丸を放とうするが「おっと…君もチャクラの実が欲しいんだろ?モモシキ

だったら十尾に喰わせる「生贄」として大筒木が必要なはずだ…下手な攻撃はやめた方がいいぞ。こいつは連れて行く用があるんでね…ほんの一瞬だったが会えて光栄だったよ大筒木モモシキ」と連れて行こうとするとモモシキは放とうとしていた螺旋丸を圧縮させ”螺旋弾”と放つ

その弾はコードはの右肩を貫通させ、一瞬の隙にカワキを助けるのだ

だが助けられたカワキはモモシキに対して攻撃を仕掛ける。その行動にイラついたモモシキはカワキを素直にさせるために痛めつける

その時、影縛りの術で体が動かなくなる…ボルトのチャクラを追いかけてやってきたナルトとシカマルが駆けつけたのだ

助けに来たナルトに対して何で来たんだよと怒るカワキ、殺される前に逃げてくれと頼むカワキに対してナルトは里を脅かす敵を目の前にして逃げ出す火影がどこにいると敵対心を見せるが、その隙にコードがシカマルを人質に取るのだ

「おっと動くな火影…いいか一歩でも動けば、こいつの首をかっ切って殺す」

シカマルはオレのことは気にせず攻撃をしろというが動けないナルト

(ボルト 第65話 参照)

その時、モモシキが「面白い…手伝ってやろう…コード

火影を殺すのをな…こいつは我にとっても邪魔な存在だ…」と言い螺旋丸を放つ構えをする

ナルトの身に危険を感じたカワキは玉砕覚悟でモモシキに攻撃を仕掛ける

しかしあっけなく返り討ち…そしてナルトに向かって”超大玉螺旋丸”を放つモモシキ

その威力は周囲のモノ全てを巻き込む超巨大な螺旋丸

(ボルト 第65話 参照)

だが異変を感じるモモシキ、すると螺旋丸がみるみると小さくなっていくのだ

モモシキは螺旋丸が吸収させれいることに気付く

吸収された先にいたのは取り除かれたはずの呪いの力、楔(カーマ)が刻まれたカワキが立っていたのだ

それでは「BORUTO(ボルト)」第66話あらすじを始めていきます

【BORUTO(ボルト)】第66話 あらすじ

かつて自らを苦しめた“楔(カーマ)”

失われた力は再びカワキの体へ刻まれる

一体何が起きたのかわからないコード…

エイダはカワキの右腕を治したときに“楔(カーマ)”は復元されていたのだと推測

そしてカワキが力を欲したときに再び“楔(カーマ)”が出現する仕組みになっていた

モモシキも驚いていた…一度失った“楔(カーマ)”が再び出現するなどあり得ない話

だが“楔(カーマ)”が再び刻まれたのならば十尾のエサにすればいいと笑みをこぼす

その時、カワキが眼を光らせると無数黒い杭が出現

襲いかかる無数の杭を避けるモモシキだが、逃げた先に科学忍具を飛ばすカワキ

間一髪のところで避けるがモモシキの頭上に黒い箱を出現させ叩き落とす

これはナルト達が戦ったイッシキの技

“大黒天”と“少名毘古那(スクナヒコナ)”

その技を使うカワキに驚きを隠せないナルト…まるで大筒木イッシキを見ているようで…

するとダメージを負いながらカワキに“螺旋丸”を与えようとするモモシキ

だが“楔(カーマ)”による術吸収によって不発

(ボルト 第66話 参照)

どちらが攻撃を繰り出せば対処し、攻撃を繰り出すという二人の激しい攻防が続く…

だがその戦いの最中に、ボルトが目覚めようとする…

その一瞬の隙に体が鈍り、トドメを刺さそうとする…

だがナルトが身を犠牲にし、モモシキを庇う

正しくはボルトの体を乗っ取っているモモシキを助けた。

ボルトごとモモシキを殺そうとしたカワキを許せないナルト

だがナルトを狙うモモシキを許してはおけないカワキ

そんな二人が言い争いをしている間にボルトが目を覚ました…

完全に目を覚ましたボルトはモモシキの力を支配できてたと自分のうぬぼれを反省していた

そのうぬぼれで自分の父を殺そうとしていたのだと心に深く刻む…

そして自身で考えた末、カワキに最後の手段を頼むことにする

ナルトはボルトがしようとしていることに気づき、止めようとするが“風遁  烈風掌”で吹き飛びされる

(ボルト 第66話 参照)

覚悟はいいかボルトと言葉をかけるカワキ

「こんな事おまえにしか頼めねぇ… オレの意識がモモシキを抑えてるうちに…やれ兄弟」と覚悟を決めると…

カワキの右腕がボルトの胸を貫く…

そしてナルトがボルトの名を呼ぶ悲痛な声が響き渡る

【BORUTO(ボルト)】第66話をまとめると…

運営者
運営者
【BORUTO(ボルト)第66話をまとめていみると…
まとめ

イッシキの力を扱うカワキ

衝突する二人

子を守る父

ボルトの覚悟

来月のBORUTO(ボルト)に期待です

次回も見に来てくださいね。

【BORUTO(ボルト)】第67話あらすじ解説ネタバレ|