ブラッククローバー

【ブラッククローバー】第314話ネタバレあらすじ|最強の悪魔顕現!?対抗する”超絶巨大暴牛号”!!

【ブラッククローバー】第314話ネタバレあらすじ|最強の悪魔顕現!?対抗する”超絶巨大暴牛号”!!
この記事の内容

ブラッククローバーの最新話の考察

ここでは、ブラッククローバーの最新のあらすじや、

個人的な考察をまとめています。

今までのあらすじ

魔法が全てのとある世界、最果ての村ハージの協会に同じ日に捨てられていたアスタとユノは、互いに魔道士の頂点・魔法帝になることを夢見て努力を重ねる日々を送っていた。

15歳になる年に持ち主の魔力を高める”魔導書(グリモワール)”を与えられた二人は、魔法帝直属の魔道士軍団である、魔法騎士団の入団試験を受ける。その結果、九つある軍団の中から魔力の強いユノはエリート集団「金色の夜明け」、魔力が一切ないアスタは、ならず者集団「黒の暴牛」に所属することに。

うちに二人は魔法亭への第一歩を踏み出したのであった。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

こちらも良かったら見てくれると嬉しいです。

「ブラッククローバー」第314話 集合体

運営者
運営者
前回の話では、ユノが王家としての力を覚醒した!!
登場人物
アスタ主人公、魔力がない代わりに、鍛えた身体と諦めない強い心で魔法帝を目指す
ユノアスタの親友で、共に魔法帝を目指すライバル
ヤミ・スケヒロ黒の暴牛の団長で闇魔法の使い手
ラック黒の暴牛の団員でエルフに転生されていたがアスタによって覚醒した
バネッサ黒の暴牛の団員で魔女。チート魔法”運命の糸”を扱える
ドロシー珊瑚の孔雀の団長。エルフに転生している
ジャック・ザ・リッパー翼緑の蟷螂の団長で斬撃魔法の使い手
フィンラル黒の暴牛団員、空間魔法の使い手
ランギルスフィンラルの弟で、空間魔法の使い手
ゴーシュ・アドレイ黒の暴牛団員で鏡魔法の使い手。エルフに乗っ取られている。

「ブラッククローバー」前話のあらすじ

(ブラッククローバー 第313話 参照)

これはヤミの若き頃の記憶…一人で生きる男、その男が手に入れた魔法

それは闇魔法、不気味で悍ましい魔法だと不吉・災いを呼ぶ力だと言われてきた。

しかしヤミが行きついた国では、一人の男が物珍しそうに眼を輝かせ近づいてくる

その男は国の最強と言われる魔法帝ユリウス、その国ではユリウスを始めに色々な人々がヤミの存在を受け入れ友と呼べる存在も出来た

(ブラッククローバー 第313話 参照)

そして自分の団をつくることにした。運に選ばれなかった者・縛られてしまった者・迷っている者・罪を背負ってしまった者

そんな者たちが安心できる場所をつくることを決めた。自分がしてもらったように…

そしてそんな仲間達が叫ぶ声がヤミ団長に届く…

目を覚ました団長、目の前に集まる団員たち

しかしそんな時、冥府の扉が開こうとしている…

それでは「ブラッククローバー」第314話あらすじを始めていきます

「ブラッククローバー」第314話 あらすじ

(ブラッククローバー 第314話 参照)

モリスを倒したことでヤミとヴァンジャンスが捕えている所まで進むことができたクローバー王国の魔導士達

しかしその時、冥府の扉の第2の扉が開いてしまった

モリスの命を使い、門の扉を開けるスピードを速めたのだ

ルチフェロはクリフォトの樹が不在でも冥府から下級悪魔に干渉できる

(ブラッククローバー 第314話 参照)

そして第2の扉が開いたことで第1・第2の悪魔全てを使い、ルチフェロの顕現する

その姿は巨大な悪魔となり、その姿を見た魔導士達は世界の終わりを感じた…

しかし”運命操作絶対回避 魔力回復 グレイ増殖 物質変成 城→暴牛アジト 呪い転用魔力吸収 組換”黒の暴牛メンバーが自ら扱い魔法を合わせ合わせ超巨大大暴牛号を造り出し

ルチフェロを殴り飛ばす!!

「ブラッククローバー」第314話をまとめると…

運営者
運営者
ブラッククローバーの第314話まとめると…
まとめ

第2の扉開通

悪魔が合体

超絶巨大暴牛号

これからどんな展開になるのか楽しみです

見てくれてありがとうございました。

【ブラッククローバー】第315話ネタバレあらすじ|