呪術廻戦

【呪術廻戦】第166話ネタバレあらすじ|正義の剣!?処刑人の剣が虎杖を追い詰める!!

【呪術廻戦】第166話ネタバレあらすじ|正義の剣!?処刑人の剣が虎杖を追い詰める!!

この記事の内容

呪術廻戦の最新あらすじ

ここでは、呪術廻戦の最新のあらすじをまとめています。

今までのあらすじ

「呪い」。

辛酸・後悔・恥辱…。人間のフの感情から生まれる禍々しきその力は、人々を死へと導く。

任務先で特級呪霊の宿儺と入れ替わり、呪霊に挑む虎杖。だが勝利の後、宿儺から身体を取り戻せず、虎杖は宿儺に心臓を抜き取られてしまう。宿儺の一方的な契約で生き返った虎杖は契約の内容を忘れたまま五条のもとで修行に励む。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

「呪術廻戦」第166話 東京第1結界⑥

運営者
運営者
前回の呪術廻戦では、死滅回游の結界内に入る!!

登場人物

虎杖悠仁主人公。驚異的な身体能力を持つ
両面宿儺特級呪物。虎杖と肉体を共有している
伏黒恵呪術高専1年。虎杖の同級生
釘崎野薔薇呪術高専1年。虎杖の同級生
五条悟専門機関「呪術高専」の特級呪術師
狗巻 棘(いぬまき とげ)都立呪術高専2年生。呪言師。普段の会話で使う語彙はおにぎりの具のみ。

「呪術廻戦」前話のあらすじ

呪力が使えなかった虎杖に攻め込む日車、変幻自在に大きさを変え攻撃を仕掛ける日車

虎杖は躱したり防御することしかできない。

日車は術式開花から12日間で1級術師と比べても遜色のないレベルまで成長、結界侵入前に数多くの呪霊を退け

20人以上のプレイヤーを返り討ちにしていた

虎杖が呪力を練れなくなっていることに疑問に感じていた。

”領域展開 誅伏賜死”の”有罪 没収”は一時的に術式の使用を不可能にすること

つまり術式を持たない虎杖に降りかかった罰は”呪力の使用不可”に変更されたのだろう

しかし呪力なしで日車と対等に渡り合える虎杖に感心する日車

油断をすれば自分がやられていまうと感じ、全力で虎杖を潰す構えをする

(呪術廻戦 第165話 参照)

日車の怒涛の攻撃、躱すだけで精一杯の虎杖。だが攻撃の速さに後れを取り巨大なガベルを受ける

防御をすることが出来たが危険を感じ焦る虎杖。するとあることに気付き裁判のやり直しだと発言する

ジャッジマンに有罪を言い渡され罰を科された対象は罪を認めない限り2回まで請求できる

(呪術廻戦 第165話 参照)

ジャッジマンがこれを断ることはない。「虎杖悠仁は2018年10月31日渋谷にて大量殺人を犯した疑いがある」の答えに虎杖は素直に殺した、これは嘘でも否定でもないと罪を認める

するとジャッジマンから”有罪 没収 死刑”と宣告される

それでは「呪術廻戦」第166話あらすじを始めていきます

「呪術廻戦」第166話 あらすじ

(呪術廻戦 第166話 参照)

ジャッジマンに”有罪 没収 死刑”を宣告された虎杖

そしてジャッジマンから最も重い罰没収に付加された死刑を宣告されると日車が使っていたガベルが”処刑人の剣”へと変化する

没収により呪力を使用不可にされている虎杖、さらに日車に与えられた処刑人の剣

処刑人の剣に斬られた者は例外なく死に至る。

虎杖に斬りかかろうとする日車、虎杖は客席を複数投げつけ目くらましをする

その客席の影に隠れながら日車に接近、服を投げつけ視力を奪い足払いをしかける

だがそれを読んでいた日車は飛び上がり躱す、そして処刑人の剣を振り下ろそうとする

しかしジャッジマンから提出された証拠では虎杖の中に住んでいる宿儺についての事実

宿儺が殺したという事実なのになぜ自分が殺したと宣言したのか…

罪のない者を裁けない日車は直前に処刑人の剣を解いたのだ

(呪術廻戦 第166話 参照)

その瞬間、虎杖に殴り飛ばされる日車。渋谷での虎杖は宿儺に肉体を乗っ取られていた

制御能力がなかった、自発的に制御能力を放棄したわけでもないため虎杖に罪はないと再度確認したのだ

しかしそれでも制御できなかった自分のせいだと攻める虎杖、その姿に惹かれたのか虎杖の話を聞こうとする日車だった…

「呪術廻戦」第166話をまとめると…

運営者
運営者
呪術廻戦の第166話をまとめていくと…

まとめ

処刑人の剣

無罪

弱い自分を責める

次回の「呪術廻戦」に期待です

そんな感じで以上です。

また見に来てください

【呪術廻戦】第167話ネタバレあらすじ|