ブラッククローバー

【ブラッククローバー】第309話ネタバレあらすじ|王家の血覚醒!!新たな魔法星魔法炸裂!!

【ブラッククローバー】第309話ネタバレあらすじ|王家の血覚醒!!新たな魔法星魔法炸裂!!

この記事の内容

ブラッククローバーの最新話の考察

ここでは、ブラッククローバーの最新のあらすじや、

個人的な考察をまとめています。

今までのあらすじ

魔法が全てのとある世界、最果ての村ハージの協会に同じ日に捨てられていたアスタとユノは、互いに魔道士の頂点・魔法帝になることを夢見て努力を重ねる日々を送っていた。

15歳になる年に持ち主の魔力を高める”魔導書(グリモワール)”を与えられた二人は、魔法帝直属の魔道士軍団である、魔法騎士団の入団試験を受ける。その結果、九つある軍団の中から魔力の強いユノはエリート集団「金色の夜明け」、魔力が一切ないアスタは、ならず者集団「黒の暴牛」に所属することに。

うちに二人は魔法亭への第一歩を踏み出したのであった。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

こちらも良かったら見てくれると嬉しいです。

「ブラッククローバー」第309話 瞬き

運営者
運営者
前回の話では、ユノが王家としての力を覚醒した!!

登場人物

アスタ主人公、魔力がない代わりに、鍛えた身体と諦めない強い心で魔法帝を目指す
ユノアスタの親友で、共に魔法帝を目指すライバル
ヤミ・スケヒロ黒の暴牛の団長で闇魔法の使い手
ラック黒の暴牛の団員でエルフに転生されていたがアスタによって覚醒した
バネッサ黒の暴牛の団員で魔女。チート魔法”運命の糸”を扱える
ドロシー珊瑚の孔雀の団長。エルフに転生している
ジャック・ザ・リッパー翼緑の蟷螂の団長で斬撃魔法の使い手
フィンラル黒の暴牛団員、空間魔法の使い手
ランギルスフィンラルの弟で、空間魔法の使い手
ゴーシュ・アドレイ黒の暴牛団員で鏡魔法の使い手。エルフに乗っ取られている。

「ブラッククローバー」前話のあらすじ

二人で力を合わせるフィンラルとランギルス

しかし長時間の戦闘はランギルスの体が持たないため短期戦で決めようとする二人

マナゾーン内に入れるために接近し、フィンラルの魔言術式で移動速度を上げランギルスの空間魔法で空間を抉る

相手がどれだけ強力でも敵の防御力は関係ない、ランギルスの左手がゼノンの体を抉り勝利を確信した二人

(ブラッククローバー 第308話 参照)

だがすべてを消し去る空間魔法でも悪魔の心臓を抉ることが出来なかったのだ

その最悪の状況の中で目を覚ましたユノ、起き上がろうとするがその状況で何が出来ると考えてしまう…

仲間を半数殺され団長会議で啖呵まで切って部隊に選んでもらい必死に特訓までして、周りに天才と呼ばれ村の希望とまで言われてきたが、ゼノンの力の前で通用しない力の無さを悔やむ…

(ブラッククローバー 第308話 参照)

失って誓ったはずなのにアスタと誓い合った自分はそんなはずじゃないと再び戦う為に体を起こした時、ユノの目の前に輝く一冊の魔導書(グリモワール)が現れる…

団長を助け、国を救い魔法帝になる為に再び立ち上がりゼノンにその闘志を向ける…

それでは「ブラッククローバー」第309話あらすじを始めていきます

「ブラッククローバー」第309話 あらすじ

両際に輝かせる2冊の魔導書(グリモワール)

すると一瞬の隙にゼノンの体が輝く何かが突き抜けた…

スペード王国王家には代々似た特殊な魔法が引き継がれてきた、父ロイスは太陽、母シエルは月

その血を継ぐユノ・グリンベリオールは星魔法を引き継いだのだ。

(ブラッククローバー 第309話 参照)

しかしそれではゼノンに勝てないと思ったユノはベルに力を溜めるように指示をし、風精霊の力を温存しゼノンへと立ち向かう

先に攻撃を仕掛けたのはゼノン、骨魔法がユノに襲い掛かる!!

”星魔法 四天 盾(クォータイルスクートゥム)”で防ぐ、さらに空間魔法で亜空間にユノを閉じ込める

だが”合天(コンジャクション)”で星の下へ瞬間移動、さらに”四天・槍(クォータイルハスタ)”でゼノンの体を貫く

(ブラッククローバー 第309話 参照)

だがゼノンは悪魔の力によって超再生、さらに骨魔法で広範囲に骨を広げる

それを避けつつ、スピリット・オブ・ソードで攻撃を仕掛けるがそれにゼノンは骨魔法で剣を作り対抗する…

「ブラッククローバー」第309話をまとめると…

運営者
運営者
ブラッククローバーの第309話まとめると…

まとめ

王家の力覚醒

星魔法

ゼノンとユノ

これからどんな展開になるのか楽しみです

見てくれてありがとうございました。

【ブラッククローバー】第310話ネタバレあらすじ|