呪術廻戦

【呪術廻戦】第158話ネタバレあらすじ|標的を明確に!!鹿紫雲と日車を探せ!!

【呪術廻戦】第158話ネタバレあらすじ|標的を明確に!!鹿紫雲と日車を探せ!!

この記事の内容

呪術廻戦の最新あらすじ

ここでは、呪術廻戦の最新のあらすじをまとめています。

今までのあらすじ

「呪い」。

辛酸・後悔・恥辱…。人間のフの感情から生まれる禍々しきその力は、人々を死へと導く。

任務先で特級呪霊の宿儺と入れ替わり、呪霊に挑む虎杖。だが勝利の後、宿儺から身体を取り戻せず、虎杖は宿儺に心臓を抜き取られてしまう。宿儺の一方的な契約で生き返った虎杖は契約の内容を忘れたまま五条のもとで修行に励む。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

「呪術廻戦」第158話 コガネ

運営者
運営者
前回の呪術廻戦では、秤金次と和解し、真実を話す
登場人物
虎杖悠仁主人公。驚異的な身体能力を持つ
両面宿儺特級呪物。虎杖と肉体を共有している
伏黒恵呪術高専1年。虎杖の同級生
釘崎野薔薇呪術高専1年。虎杖の同級生
五条悟専門機関「呪術高専」の特級呪術師
狗巻 棘(いぬまき とげ)都立呪術高専2年生。呪言師。普段の会話で使う語彙はおにぎりの具のみ。

「呪術廻戦」前話のあらすじ

(呪術廻戦 第157話 参照)

綺羅羅の術式を攻略できた伏黒、しかしなぜ攻略できたのか納得のいかない綺羅羅

だが伏黒が綺羅羅の術式について説明すると納得するしかならない状況となる

すると伏黒が綺羅羅に頭を下げ、話を聞いたほしいと頼み込むのだ

その誠意が伝わり、話を聞こうとした時モニター室の扉が吹き飛ばされたのだ

吹き飛ばされた扉の先には虎杖の姿があった。

ゆっくりと歩いてくる秤、パンダと伏黒に手を出すなよと伝える虎杖

(呪術廻戦 第157話 参照)

すると秤の強烈な一撃が虎杖に当たる、それをモロに受け吹き飛ばされてしまう虎杖

だが強烈な一撃を受けても、即座に起ちあがる虎杖、さらに虎杖はわざと秤の攻撃を受けていたのだ

これは渋谷での戦いではなく、秤に自分のことを認めてもらうためのものなのだ

だから避けもせず反撃もしないつもりだ。その態度に話は聞いてやると言い虎杖をもう一度ぶん殴る秤

その態度に術師が術師にお願いするときは一緒に命を懸けてくださいは前提だろうがと叫ぶ、その命を懸ける程の”熱”が伝わってこないと答える

しかし虎杖は自分には”熱”なんてものはないと自分は”部品”術師が呪いを祓うため払い続けるための部品だと答える

その答えに納得しない秤は強烈な一撃を虎杖に与える。吹き飛ばされ壁に激突する虎杖

気を失った虎杖を連れてここから出ていけとパンダと伏黒に伝える秤

しかし気を失ったと思っていた虎杖が秤の背後に立っていたのだ

「俺は部品だ、部品は役割があんだろ。呪いを祓い続ける俺の役割

それに秤先輩が必要だっていうのなら、アンタが首を縦に振るまで付き纏う

先輩、アンタの役割は何だ?」と自分の部品としての役割をを伝える虎杖。そしてその熱が想いが伝わり、話を聞くことにした秤

観戦をしていた綺羅羅とパンダと伏黒を近くに呼び寄せ、取引を提案したのだ

それでは「呪術廻戦」第158話あらすじを始めていきます

「呪術廻戦」第158話 あらすじ

虎杖たちは今まで起こったことを秤たちに話す。信じられないないように驚きを隠せない秤たち

ついでにパンダは伏黒や虎杖が知らない学長が亡くなったことも話した

虎杖はまたオレのせいでと落ち込んだが、それとこれとは関係ないとパンダが話す

状況を把握した秤は死滅回游の平定に協力するになるが、あくまでもこれは取引

この死滅回游の件が終われば次はオレに協力するんだと、秤の協力は呪術規定の改正

それについては難しくないと断言する伏黒に秤がお前に何ができるんだよと文句を言うと、”オレ、禪院家当主です”その言葉に驚きを隠せない秤、御三家が指示をすれば規定の改定も余裕で変えることも可能だと思い、伏黒に仲良くしようねと媚びを売る

翌日、真希の手によって禪院家は壊滅される…

(呪術廻戦 第158話 参照)

そんな話をしていると、リンリンリンリン!!とベルが鳴り響く…

そこに現れたのはコガネと名乗るプレイヤーと死滅回游を繋ぐ窓口の呪霊

そしえプレイヤーによる死滅回游へのルールが追加が行われたとの報告

その内容は、”ルール9 プレイヤーは他のプレイヤーの情報、名前・得点・ルール追加の回数・滞留結界”を参照できる

そのルールを追加したプレイヤーは鹿紫雲一、伏黒はそのルールを利用しプレイヤーたちの情報を確認する

鹿紫雲はルールを追加したにも関わらず得点を100点所持いている、つまりここ数日で40人は倒しているという事

すると伏黒はコガネに得点が100点以上のプレイヤーだけを表示してほしいと頼む

(呪術廻戦 第158話 参照)

それは各々何かの思惑があって羅索と契約しただけで必ずしも死滅回游に対するモチベーションが高いわけじゃない、鹿紫雲のように点を持て余している奴がいるならそいつを捕まえて目的のルールを作らせる

そして検索した結果、鹿紫雲の他に一人だけ日車寛見という100点プレイヤーが見つかった

やることが明確になった虎杖たちは獄門彊の封印を解ける”天使”を探しながら

ルール追加をさせるために鹿紫雲と日車を探す為に結界内に入ろうとする…

「呪術廻戦」第158話をまとめると…

運営者
運営者
呪術廻戦の第158話をまとめていくと…
まとめ

真実を話す

協力と取引

100点プレイヤー

次回の「呪術廻戦」に期待です

そんな感じで以上です。

また見に来てください

【呪術廻戦】第159話ネタバレあらすじ|