ブラッククローバー

【ブラッククローバー】第304話ネタバレあらすじ|メギギュラ撃破!!残り最後の一人ゼノンとの戦いの行方は…

【ブラッククローバー】第304話ネタバレあらすじ|メギギュラ撃破!!残り最後の一人ゼノンとの戦いの行方は…

この記事の内容

ブラッククローバーの最新話の考察

ここでは、ブラッククローバーの最新のあらすじや、

個人的な考察をまとめています。

今までのあらすじ

魔法が全てのとある世界、最果ての村ハージの協会に同じ日に捨てられていたアスタとユノは、互いに魔道士の頂点・魔法帝になることを夢見て努力を重ねる日々を送っていた。

15歳になる年に持ち主の魔力を高める”魔導書(グリモワール)”を与えられた二人は、魔法帝直属の魔道士軍団である、魔法騎士団の入団試験を受ける。その結果、九つある軍団の中から魔力の強いユノはエリート集団「金色の夜明け」、魔力が一切ないアスタは、ならず者集団「黒の暴牛」に所属することに。

うちに二人は魔法亭への第一歩を踏み出したのであった。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

こちらも良かったら見てくれると嬉しいです。

「ブラッククローバー」第304話 現実と魔法

運営者
運営者
前回の話では、ついに母の仇であるメギギュラを討つことが出来た

登場人物

アスタ主人公、魔力がない代わりに、鍛えた身体と諦めない強い心で魔法帝を目指す
ユノアスタの親友で、共に魔法帝を目指すライバル
ヤミ・スケヒロ黒の暴牛の団長で闇魔法の使い手
ラック黒の暴牛の団員でエルフに転生されていたがアスタによって覚醒した
バネッサ黒の暴牛の団員で魔女。チート魔法”運命の糸”を扱える
ドロシー珊瑚の孔雀の団長。エルフに転生している
ジャック・ザ・リッパー翼緑の蟷螂の団長で斬撃魔法の使い手
フィンラル黒の暴牛団員、空間魔法の使い手
ランギルスフィンラルの弟で、空間魔法の使い手
ゴーシュ・アドレイ黒の暴牛団員で鏡魔法の使い手。エルフに乗っ取られている。

「ブラッククローバー」前話のあらすじ

ノゼルの過去、それは母アシエがメギギュラとの激闘の末のことだ…

命は助かったもの呪いをかけられたアシエはみるみると衰弱していった

何も知らない一族の者達は出産の影響だと思い込んでいた

アシエが呪いをかけられた時に、ノゼルもその副産物を受けてしまっていたのだ

”アシエ・シルヴァの死にメギギュラが関与していることを話したら死ぬ

もし話してしまえばそれを聞いた者にもその呪いがかかり伝染病のように広がってしまう魔法”

誰にも話すことが出来ず、一人でもがき苦しんだ…そして何もできずアシエは呪いを受けて1年後に亡くなった

それから強くなることを決意したノゼルは母の仇を討つ為に、兄弟を守る為に…

姉弟のネブラとソリドは強くはなっただが到底敵わない

ノエルは強くならないと思い、自分と同じ思いをするぐらいなら戦いから遠ざけた方がいいと考え戦場から突き放そうとする

(ブラッククローバー 第303話 参照)

だが今目の前に宿敵、母アシエの仇メギギュラが現れたのだ

ここにいる全ての者に感謝し、目の前の敵に全力を捧げる!!

しかしメギギュラは血液魔法でその攻撃を止める

だがノゼルの持つ鋼の剛と水の柔を併せ持つ魔法は血液魔法を弾き体の中に侵入し体を弾き壊す!

しかし悪魔の心臓までは壊すことが出来なかった…

(ブラッククローバー 第303話 参照)

超再生されると思った時、ノエルが剣を振りかざすのであった!!

ノゼルの影に隠れ反撃のタイミングを狙ってきたのだ

「諦めなかった人間たちの勝ちよ!!メギギュラ!!」とメギギュラの心臓を斬り刻む!!

粉々に消えていくメギギュラ

ノエルたちは勝利を掴んだのだ…

それでは「ブラッククローバー」第304話あらすじを始めていきます

「ブラッククローバー」第304話 あらすじ

最上位悪魔メギギュラが消えるとメギギュラの掛けた呪いが消えていく…

悪魔の兵隊も消えていき、ロロペチカの呪いも解けていく

目を覚ますロロペチカを抱き寄せるノエル、無事に呪いも消え安心する

目を覚ましたロロペチカはガジャの元へ駆け寄る…だがガジャはロロペチカの目の前で倒れてしまう

シャーロットもリルも倒れてしまった、リルの魔法の効力が切れ魔法の反動によって耐えきれず気を失ってしまった

ロロペチカは急ぎ”水回復魔法 小魚遊の泡末”で回復させようとするがロロペチカの魔法では治すことが出来ない諦めかけた時、そこにナハトが遅れて現れた

ナハトはラックに頼まれてある人物を連れてきていた

(ブラッククローバー 第304話 参照)

それはミモザだった…ミモザの回復魔法”植物究極魔法 花姫の夢想郷”

その中にいる者の全ての傷を癒すのだ。3人の傷は何もなかったかのように治ってしまったのだ

ガジャの無事を確認したロロペチカは感謝の気持ちを伝えると、ガジャはロロペチカに女王としてではなく一人の女性として貴方のことを愛していると告白をする

顔を赤くしテンパるロロペチカ

(ブラッククローバー 第304話 参照)

その一方で残り一人の漆黒の三極性(ダークトライアド)ゼノン

ゼノンを相手をしているのはユノとランギルス

しかし2人は苦戦している様子、そこでユノがランギルスに3分だけ時間をくれと言う

その間に一撃で倒せる力を溜める為だ…

「ブラッククローバー」第304話をまとめると…

運営者
運営者
ブラッククローバーの第304話まとめると…

まとめ

呪いが解けていく

究極回復魔法

残り一人

これからどんな展開になるのか楽しみです

見てくれてありがとうございました。

【ブラッククローバー】第305話ネタバレあらすじ|