ボルト

【BORUTO(ボルト)】第61話あらすじ解説ネタバレ|チャクラを消す!?カワキが行った不思議な行動…

ボルト

この記事の内容

BORUTO‐ボルト‐最新あらすじ

ここではBORUTO-ボルト-の最新のあらすじをまとめています

今までのあらすじ

世界を揺るがせた忍界大戦もすでに過去の話木ノ葉隠れの里では平和を迎えていた!

七代目火影うずまきナルトが治める木ノ葉の里。平和と経済成長を謳歌する世界で「ナルトの息子たち」次世代の忍者は、一体どのような忍道を歩んでいくのか!?彼らの足跡を辿り、どんな物語を進んで行くのか……いざ伝説の再開!!

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね

こちらも見てくれると嬉しいです

【BORUTO(ボルト)】第61話 狂気

ボルト この物語の主人公
カワキ ボルトのライバル 全身科学忍具
ナルト ボルトの父親 前作の主人公
ヒマワリ ボルトの妹
ジゲン 殻のメンバー リーダー
コード 殻のメンバー
エイダ 殻のメンバー?

運営者
運営者
【BORUTO(ボルト)】前回の話では、ボルトとカワキは楔(カーマ)について話す、そしてコードが動き出す

【BORUTO(ボルト)】前話 あらすじ

コードの背中に乗るデイモン。デイモンはコードの事が気に入っている様子

その様子を見ていた案内人バグがその場から逃走しようとする

それに気づいたデイモンはバグを追い詰める。しかしその時コードがデイモンに向かって攻撃を仕掛けたのだ

(ボルト 第60話 参照)

だがデイモンの能力が発動しその攻撃を反射させる。デイモンは何故攻撃したんだと怒るが、コードは自身の能力を肌で味わってほしかったと伝える。

コードの能力”爪痕”その場に記された”爪痕”から”爪痕”へと自由に行き来できる

基本的にコードだけが自由な行き来だが一人ずつなら他人を引っ張り込むことも出来る

デイモンの能力についても先ほどの攻撃で瞬時に発動することがわかった上に、その能力の発動は本人の意思に関わらず自動的に発動するモノだと予測する。

さらに能力の情報を聞き出そうとすると、それをエイダに止められる

それはまだ会って間もないのに手の内全てを晒してはダメだとデイモンを言い聞かせるのだ

しかしその全てと言う言葉に疑問を感じたコードはエイダは”魅力・千里眼”以外の他に能力を隠しているにではないのかと感じ始めたのだ

その一方で木ノ葉里ではカワキが一人火影岩の上で黄昏ていた…

そこにカワキの事が心配なナルトが駆けつけた

するとカワキが「オレさ…七代目…気に入ってんだこの場所

柄にもねーけど好きなんだこっからの眺めがさ…

あんたが守ってるこの里をこっから眺めんのが好きなんだ…

でもよ…ねえんだよ所詮この里のどこにもオレの居場所なんてさ…」とイジけていたらとっとと帰るぞバカ息子とカワキを抱え家に連れ戻すナルト

(ボルト 第60話 参照)

するとそこに待っていたのはボルト・ヒマワリ・ヒナタの3人

3人が待つ食卓には豪華な御馳走がずらり、これはカワキの歓迎会みたいだ

食卓の中心にはカワキが直した花瓶が立っていた

5人が楽しく食事をしている様子、カワキはヒマワリにそんな花瓶より買ってきた花瓶を使えよと言うが、ヒマワリは好きで子の花瓶を使っているんだからいいのと言い返す

(ボルト 第60話 参照)

お前ら兄弟は変わり者だなとと言うとボルトがいいモンやろうとしたのにそんな態度取るならやらねぇと言いだす

やらねぇと言われると気になるものだ…とりあえず見せろとボルトに話すとボルトが取り出したのは……木ノ葉里の額当てだった。

これはカワキが忍びとして忍びの修行を始めたからだ

忍びの修行を始めたからには、ボルトもサラダもミツキも大事な仲間として認めたい

だからそれを形にしたくて額当てを渡したかったのだ

カワキはその額当てを受け取ることにする

そして各々自分たちの部屋に戻る。カワキは額当てを見つめ考え込む

そんなカワキにここがお前の居場所だ俺達家族は当然のように思っている

それでもお前にそう思えねえのは多分火影としての俺の力不足だと謝るナルト

木ノ葉里に居場所を見つけたカワキ、アマドに言われた再び”楔(カーマ)”を純粋な武器として手に入れろの言葉が頭をよぎる

しかし木ノ葉里とナルトを守りたいと思うカワキ違う選択肢を選ぶのだった…

それでは「BORUTO(ボルト)」第61話あらすじを始めていきます

【BORUTO(ボルト)】第61話 あらすじ

木ノ葉里ではいつ敵が現れてもおかしくない状態、そんな中ボルトたちは”ゲマキ”のパックを買いあさっていた…

カードの中身は目当てのモノではなく残念がるボルト、そんな状況にも関わらずカワキの監視の忍者が張りついていた

だがボルトは気になっていた、里全体には厳重な感知システムで守られているはずなのにどうして直接見張る必要があるんだと疑問に感じていた

しかしそれは里の出入りをチェックするシステムなようなもの

里のデータベースと照合し、知っている者かどうか割り出すモノ

つまり入ってきたのが知らない者ならば新規ということ、今度はその新規を敵かどうか直接接触し判断する

だがカワキはそれの欠点を見つける。それは敵を知ることは出来てもその者に対しての対処はできないという事

つまり敵の侵入がわかった時点でナルトかサスケへと連絡が伝えられ対処におこなうということ

しかしそのシステムにはもう一つ欠点があった、それはいのじんが「生体チャクラ反応を消せるようなやつでも、里内の動きは絶対ない限り見逃さないからさ。」このシステムはチャクラで何者かを識別するのだから…

その晩ナルト家では平和に暮らしていた…

ボルトはゲームをし、ヒナタはテレビを見て満喫。ナルトはヒナタの横でウトウトしている

ヒマワリは寝ていた。そしてカワキは本のゴミ出しをすると言い外に出る

夜にも関わらずカワキの監視を続けている忍…カワキは塀を飛び越え、ゴミを出し再び塀を飛び越え戻ろうとするが飛んだ先に大きな木があり着地に失敗する

チッ!と舌打ちをし枯葉を払い家に戻る。戻るカワキは何かしら異変を感じたボルト

カワキに声を掛けるが、疲れているから明日にしてくれと部屋に戻るカワキ

しかしボルトはカワキの気配を家の中ではなく、外から感じ取るのだった…

中から感じ取れるカワキは影分身で外に出ているのが本体なのだ

だがその気配はどんどん遠くなっていく…その状況に危険を感じたボルトは慌てて外に出ようとする。

しかしそこに居たのは、監視班の忍。カワキのチャクラも感知されているはずなのになぜ見つかっていないのか疑問に感じるボルト

(ボルト 第61話 参照)

それは以前いのじんが話していた”生体チャクラ反応を消せるようなやつ”

それはチャクラ自体を消すこと、それをカワキはやってのけたのだ

しかしエイダはそれを見逃してはいなかった…カワキが単独で行動していることに気付いたエイダはカワキが監視の目を欺き移動していることをコードに伝えると、そんなチャンスはないと木ノ葉里に向かう

(ボルト 第61話 参照)

爪痕を使い、木ノ葉里の外へ移動したコード。さらにエイダにカワキの居場所を聞くとカワキはもう里の外にまで移動しいる

何の目的があってカワキは監視の目を欺き行動しているのか…コードはそのままカワキを追って移動するのだ…

【BRUTO(ボルト)】第61話をまとめると…

運営者
運営者
【BORUTO(ボルト)第61話をまとめていみると…

まとめ

ゲマキの爆死

チャクラを消す

カワキの不審な行動

来月のBORUTO(ボルト)に期待です

次回も見に来てくださいね。

【BORUTO(ボルト)】第62話あらすじ解説ネタバレ|