ヒーローアカデミア

【僕のヒーローアカデミア】第310話あらすじ解説ネタバレ|ワン・フォー・オールの全ての力を開放させる為に…

【僕のヒーローアカデミア】第310話あらすじ解説ネタバレ|ワン・フォー・オールの全ての力を開放させる為に…
この記事の内容

僕のヒーローアカデミアの最新あらすじ

ここでは僕のヒーローアカデミアの最新のあらすじをまとめています

今までのあらすじ

ある日より人々の体に発現し始めた特異体質。それはいつしか”個性”と呼ばれるようになり、多くの者が何らかの得意体質を持つ超人社会となっていた。

この「超常」は犯罪件数を増やし、国が対応しきれないほどになってしまう

そんな人々の中から次第に、悪意に対抗する正義のヒーローが現れる

そんなヒーローに憧れる”無個性”の少年が、あるトップヒーローとの出会いをきっかけに、最高のヒーローへと駆け上るまでの物語が今、始まる!

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね

よかったら見てくれると嬉しいです。

>>>【僕のヒーローアカデミア】登場人物キャラクター最新版

>>>【僕のヒーローアカデミア】最強強さランキングTOP10を勝手に考察してみました

>>>【僕のヒーローアカデミア】雄英高校1年A組強さランキングTOP10

【僕のヒーローアカデミア】第310話 師と弟子

緑谷出久雄英高校1年A組この物語の主人公
オールマイト平和の象徴
麗日お茶子雄英高校1年A組の生徒
芦戸三奈雄英高校1年A組の生徒
峰田 実雄英高校1年A組の生徒
物間寧人雄英高校1年B組の生徒
柳レイ子雄英高校1年B組の生徒
小大唯雄英高校1年B組の生徒
庄田二連撃雄英高校1年B組の生徒
心操人使雄英高校1年C組の生徒
運営者
運営者
【僕のヒーローアカデミア】前回の話では、轟家の再出発!眠るデク…

【僕のヒーローアカデミア 前話】

倒したマスキュラーを近くのメイデンがある大奈警察署に連れて行き、引き渡す

そのまま、デクはその場から去りオールマイトの元へ戻る

怪我はないかと心配するオールマイト、オールマイトにもらったアメリカから取り寄せてくれた圧縮サポートアイテム”ミッドガントレット”持久性特化のテストサンプルだが幅広く身体を補強するが100%の出力に耐え得る力がないのが欠点

するとオールマイトにホークスから連絡が入る、デクを心配しての電話だったが話も聞かずデクは助けに向かう

話も聞かずに行ってしまったことを伝えるオールマイト、デクは周囲を巻き込むこと恐れているのだ

それは退院する前の出来事。以前デクは再び大きな怪我を負ってしまえば復活することは厳しいとまで言われていたが、今回の怪我は前回とは違う事が幸いだったらしい

過去の怪我は内側で爆発したような損傷と違い爆発が外に逃げています

それに加え”個性”です。内から外まで補強を張り巡らせてうまく粉砕を免れています

同じ怪我でも体が同じではなかった。いわいる身体が強くなっていたのだ、だが劣化は進んでいるので注意してくださいと担当の先生に言われる

それでも心配する母に本当のこと話すデク

その真実に戸惑いを隠せない母、しかしデクは雄英に戻らず死柄木やオール・フォー・ワンを止めたいと話す。

その言葉にデクを引きとめようとする母、子どもの傷つく姿をもうみたくない母はデクの手を強く握る

(僕のヒーローアカデミア 第309話 参照)

だが「今、この瞬間にも襲ってきたって不思議じゃない 誰にも傷ついてほしくない

奴らが万全の状態になってしまったら今より酷いことになる その前に死柄木とオール・フォー・ワンを止めなきゃ、強くなる。

お母さんがありがとうって笑ったんだ 僕はそれが嬉しくて…だから行くよ

大丈夫!必ず帰ってくる!」母の不安を取り除こうとデクは優しく抱きしめる

その話を聞いていたオールマイトは止めても行くのならば私もついていくと言いだしたのだ

(僕のヒーローアカデミア 第309話 参照)

そしてホークス達に雄英を出ていくことを伝えるとそれは好都合

デクを軸にしたチームを作りたいと思っていたらしい

そしてデクを軸にエンデヴァー・ホークス・ベストジーニスト・オールマイトのトップ3デク&オールマイトチームが出来上がった

それでは「僕のヒーローアカデミア」第310話あらすじを始めていきます

【僕のヒーローアカデミア】第310話 あらすじ

暗闇の中冷たく降り続く雨…ある町で非難に遅れた一人の少女が襲われていた。

個性で半獣人化となっていた少女は一般市民にヴィランだと勘違いされ襲われていたのだ

その時、デクが助けに駆け付けた!!一般市民を説得し何とか納得してもらい解決

後からオールマイトも駆けつけ、オールマイトに後を任せその場から去るデク

(僕のヒーローアカデミア 第310話 参照)

死柄木とオール・フォー・ワン、荼毘、脳無、敵連合の手掛かりはつかめていない

さらに刑務所からの脱獄囚の対応でヒーローたちの人手不足

オール・フォー・ワンを移植された死柄木はエンデヴァーやイレイザーヘッドと協力しても倒せない程に強かった。

デクは持っているワン・フォー・オールの全ての力を扱えるようにならなくては止められないと感じていた

デクが目覚める前のワン・フォー・オールの中で初代が心を開いてくれない二人の継承者たちに力を解放するために頼んでいた

しかし2代目・3代目は最も苛烈な時代を生きていた。オール・フォー・ワンの肉体的全盛、ひたすら支配を広げていた時代

特に2代目はオール・フォー・ワンの支配に打ち勝つために仲間を牽いて戦っていた

戦いの果てにあるのは生きるか死ぬかだけ、それなのに”宿敵を助けたい”なんてイカれた幻想に付き合ってられないと突き放す

(僕のヒーローアカデミア 第310話 参照)

しかし初代は兄に閉じ込めらていた部屋から連れ出してくれたのはキミじゃないかと問い詰める

宿敵の弟と知りながらも手を差し伸べ連れ出してくれたからワン・フォー・オールは始まったんだと納得させる

二人から始まったワン・フォー・オールが時代を流れ、9代目のデクへと引き継がれこの時代で終わると確信した歴代継承者たちはデクに力を貸すことを決めたのだった

【僕のヒーローアカデミア】第310話をまとめてみると……

運営者
運営者

【僕のヒーローアカデミア】第310話をまとめてみると…

まとめ

ワン・フォー・オールの力の解放

初代を助けたのは二代目

更なる展開が気になります!

次回も楽しみです

また見に来てくださいね。

【僕のヒーローアカデミア】第311話あらすじ解説ネタバレ|