呪術廻戦

【呪術廻戦】第144話ネタバレあらすじ|”死滅回游”の攻略法!?方法を知る為に天元に会いに行く…

【呪術廻戦】第144話ネタバレあらすじ|”死滅回游”の攻略法!?方法を知る為に天元に会いに行く…

この記事の内容

呪術廻戦の最新あらすじ

ここでは、呪術廻戦の最新のあらすじをまとめています。

今までのあらすじ

「呪い」。

辛酸・後悔・恥辱…。人間のフの感情から生まれる禍々しきその力は、人々を死へと導く。

任務先で特級呪霊の宿儺と入れ替わり、呪霊に挑む虎杖。だが勝利の後、宿儺から身体を取り戻せず、虎杖は宿儺に心臓を抜き取られてしまう。宿儺の一方的な契約で生き返った虎杖は契約の内容を忘れたまま五条のもとで修行に励む。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

「呪術廻戦」第144話 あの場所

運営者
運営者
前回の呪術廻戦では、急変した世界、虎杖を追われることに…さらに追うのは特級術師乙骨優太だった

登場人物

虎杖悠仁主人公。驚異的な身体能力を持つ
両面宿儺特級呪物。虎杖と肉体を共有している
伏黒恵呪術高専1年。虎杖の同級生
釘崎野薔薇呪術高専1年。虎杖の同級生
五条悟専門機関「呪術高専」の特級呪術師
狗巻 棘(いぬまき とげ)都立呪術高専2年生。呪言師。普段の会話で使う語彙はおにぎりの具のみ。

「呪術廻戦」前話のあらすじ

虎杖を処刑し、脹相までも倒した乙骨

脹相との戦闘で重症になった直哉、だが異常に苦しみ出す。毒かと思うが脹相の赤血操術にはその効果はない

受肉体の体を持つ脹相の血には他の人の体に入ることによって拒絶反応を起こし苦しみを起こす

その姿を見た乙骨は「治しましょうか?僕の反転術式、他人も治せますよその代わりに虎杖君の死はアナタの口からも上に報告してください」

死んだ虎杖は赤子の時の思い出していた。それは父に抱かれる悠仁…

だが叔父が「仁…オマエがどう生きようとオマエの勝手だ、だがあの女はやめておけ死ぬぞ。オマエが子供を欲しがっていることも香織との間にそれが叶わなかったことも知っている、だが香織が死んだのは…」と言っていたら虎杖の母らしき者が現れる

その女の額には夏油と同じ縫い目があった

すると虎杖が目を覚ます…目の前には乙骨の姿があった

目を覚ました虎杖の姿を見た乙骨は良かったと安心しきった顔をする

9月ごろの事五条が会いに来て、自分に何かあったら虎杖の事を頼むと言われていたのだ

それでやむ得ず芝居をしていたのだ

他に執行人を立てられたり虎杖の情報を断たれるよりは、こう立ち回るのがベストだと判断したらしい

上層部もバカじゃないから総監部とは執行人として認めてもらう代わりに虎杖を「殺す」という縛りを結んだ。その代わりに一度虎杖を殺すことになった

そして乙骨の反転術式で止まった心臓を止まると同時に一気に治癒した

こうすることで虎杖の死刑はとりあえず執行済みということで処理される

(呪術廻戦 第143話 参照)

どうしてここまでしてくれるんだと聞く虎杖、すると乙骨はそれは自分が大切にしている人を虎杖が大切にしてくれているからだと、乙骨は一度身に余る大きな力を背負ったことがある

背負わされたと思っていた力は乙骨自身が招いたモノだった、だが虎杖は違う

虎杖が背負ったちからは虎杖の力ではない

だから虎杖は悪くないと乙骨は虎杖に語りかける

(呪術廻戦 第143話 参照)

そんな時、伏黒がその場に現れる。共に高専へ戻ろうと声を掛ける伏黒に虎杖は簡単に俺の事を受け入れるなおれはたくさんの人を殺し、俺のせいで大勢の人が死んだとひとりで背負い込む

すると伏黒が「俺達のせいだ、オマエ独りで勝手に諦めるな」

一人で背負い込むなと、ただひたすら人を助けることを考えろ。

(呪術廻戦 第143話 参照)

そして加茂憲倫が仕組んだ呪術を与えられた者たちの殺し合い”死滅回游”

これに伏黒の姉的存在の津美紀も参加させられている。

それを共に助けてほしいと虎杖に頼むのだ

それでは「呪術廻戦」第144話あらすじを始めていきます

「呪術廻戦」第144話 あらすじ

死滅回游は加茂憲倫が仕組んだゲーム

そのゲームに伏黒の身内である津美紀も巻き込まれている

そのゲームから津美紀を助ける為に虎杖に力を貸してくれと頼む伏黒

その言葉を聞いた虎杖はもし次宿儺と代わってしまったら迷わず殺してくれと乙骨に頼み、具体的に何をすればいいのか伏黒に聞く虎杖

するとまず高専に戻り、天元との会うこと。獄門彊の解き方と加茂憲倫の具体的な目的と今後の出方を聞き出すこと

死滅回游は未曾有の呪術テロ、事態を収拾するにはこの2つの回答が必要

この問いに答えられるのが天元しかいない

だが天元に会う為には1つ問題がある、それは天元を隠す結界。

1000以上ある扉の内、繰り返されるシャッフルの中で1つだけ天元のいる部屋へと繋がっている

しかしそれを聞いていた脹相がその結界を何とかすることができると言いだしてきたのだ

それは以前真人が宿儺の指と呪胎九相図を盗み出した時にした事と同じことをするだけ

(呪術廻戦 第144話 参照)

それから4人は高専に戻る。そこには九十九と真希が待っていた

真希たちにも天元の部屋に続く扉の行き方について話す

それは扉から部屋の途中には高専が呪具や呪物を保管している”忌庫”がある

そこに脹相の弟たちが6人保管されている。その気配を辿れば自ずと道はわかる

そして6人は扉の前まで行く、天元の居る部屋へと進んで行く

(呪術廻戦 第144話 参照)

すると何もない真っ白な空間へと出る、それは天元に会うことを拒絶されてしまったから

六眼を封印された今接触が可能だと踏んだ九十九だが見通しが甘かったと思い込む

何もない事に乙骨が時間がないからなにも得ることができないのなら戻ろうと帰ろうとすると一人の術師が現れる

「呪術廻戦」第144話をまとめると…

運営者
運営者
呪術廻戦の第144話をまとめていくと…

まとめ

真希との再会

天元に会いに行く

次回の「呪術廻戦」に期待です

そんな感じで以上です。

また見に来てくださいね

【呪術廻戦】第145話ネタバレあらすじ|