呪術廻戦

【呪術廻戦】第140話ネタバレあらすじ|脅威襲来!?乙骨優太から逃げろ!!

【呪術廻戦】第140話ネタバレあらすじ|脅威襲来!?乙骨優太から逃げろ!!

この記事の内容

呪術廻戦の最新あらすじ

ここでは、呪術廻戦の最新のあらすじをまとめています。

今までのあらすじ

「呪い」。

辛酸・後悔・恥辱…。人間のフの感情から生まれる禍々しきその力は、人々を死へと導く。

任務先で特級呪霊の宿儺と入れ替わり、呪霊に挑む虎杖。だが勝利の後、宿儺から身体を取り戻せず、虎杖は宿儺に心臓を抜き取られてしまう。宿儺の一方的な契約で生き返った虎杖は契約の内容を忘れたまま五条のもとで修行に励む。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

「呪術廻戦」第140話 執行

運営者
運営者
前回の呪術廻戦では、急変した世界、虎杖を追われることに…さらに追うのは特級術師乙骨優太だった

登場人物

虎杖悠仁主人公。驚異的な身体能力を持つ
両面宿儺特級呪物。虎杖と肉体を共有している
伏黒恵呪術高専1年。虎杖の同級生
釘崎野薔薇呪術高専1年。虎杖の同級生
五条悟専門機関「呪術高専」の特級呪術師
狗巻 棘(いぬまき とげ)都立呪術高専2年生。呪言師。普段の会話で使う語彙はおにぎりの具のみ。

「呪術廻戦」前話のあらすじ

静けさを増す渋谷にパンパンと手拍子が鳴り響く…

虎杖が手拍子をし、何かを呼びつけている様子。すると数体の巨大な呪霊が出現

それを見た虎杖は即座に逃げ出す

逃げた先に待ち迎える呪霊、しかしその呪霊たちをも引き連れて逃げていく

何処かに誘い込むように逃げていく虎杖、すると逃げた先に脹相が待ち迎えていた

脹相は”穿血”を撃ち放ち、巨大な呪霊を貫く。その攻撃から一体の呪霊が逃れるが虎杖が仕留める

(呪術廻戦 第139話 参照)

二人で呪霊を祓っていると一人の男が現れる。それは禪院直哉

直哉の目的は恵だが、虎杖の存在が邪魔なので痛めつけようとする

虎杖は恵を狙っていることが気に入らなく煽るが、直哉は虎杖と脹相の間合いに現れ突然攻撃を仕掛けてくる

その速さにかろうじて反応することができているが、確実な対処はできていない

(呪術廻戦 第139話 参照)

直哉はその速さに反応する二人を見て、もう少し速度を上げてみようと思った時、別の呪力を感じてしまう…

三人が振り返った先にいたのは乙骨優太だったのだ…

それでは「呪術廻戦」第140話あらすじを始めていきます

「呪術廻戦」第140話 あらすじ

禪院直哉の襲撃と同じ時に現れた少年乙骨優太の登場

近寄る乙骨優太、近づくだけビリビリと伝わるヤバイオーラ

すると直哉が自分は敵やない味方だ邪魔をするつもりはないと共闘を申し込む

乙骨優太のヤバさを肌で感じた虎杖と脹相、隙を見つけて逃げる算段を立てる

脹相が引きつけている間に虎杖が全力で逃げる作戦

(呪術廻戦 第140話 参照)

脹相が穿血を出そうとした時、直哉が脹相の手を弾き乙骨優太が虎杖を追いかける

刀を抜いた状態で全力の虎杖に追いつく乙骨

目の前に障害物の車が進路を妨害、それを跳び越す虎杖。

(呪術廻戦 第140話 参照)

だがその着地のところを狙う乙骨だが、それを躱し車を殴りつけ車ごと乙骨を吹き飛ばす虎杖。

そしてその隙に屋内に逃げ込み逃げようとするが車が飛んできて進路を妨害される

力がないと思っていたが、それを補うほどのとんでもにあ呪力量

自分とは真逆だと思った虎杖、過去に藤堂が言っていたことを思い出す「一流の術師ほど呪力の流れが読みづらいものだ、オマエとは違う理由でな」

三流だと攻撃する手に呪力の流れが込みあがり右のパンチだと確認できる

一流だと全身に一定の呪力が流れていて直前まで攻撃が予測できない

しかし乙骨は刀を含め全身常に呪力が立ち昇っている、それは動きを読む読まない以前の問題

全ての攻撃が決定打にもなりつつ全てのダメージを最小限に抑えられる

だが虎杖もやられるわけにもいかない。後を託された想いを身を挺して守り抜く!!

「呪術廻戦」第140話をまとめると…

運営者
運営者
呪術廻戦の第140話をまとめていくと…

まとめ

乙骨優太の強さ

虎杖と乙骨

呪術力の量

次回の「呪術廻戦」に期待です

そんな感じで以上です。

また見に来てくださいね

【呪術廻戦】第141話ネタバレあらすじ|