呪術廻戦

【呪術廻戦】第139話ネタバレあらすじ|狙われる虎杖!?死刑執行人乙骨優太の登場!!

【呪術廻戦】第139話ネタバレあらすじ|狙われる虎杖!?死刑執行人乙骨優太の登場!!

この記事の内容

呪術廻戦の最新あらすじ

ここでは、呪術廻戦の最新のあらすじをまとめています。

今までのあらすじ

「呪い」。

辛酸・後悔・恥辱…。人間のフの感情から生まれる禍々しきその力は、人々を死へと導く。

任務先で特級呪霊の宿儺と入れ替わり、呪霊に挑む虎杖。だが勝利の後、宿儺から身体を取り戻せず、虎杖は宿儺に心臓を抜き取られてしまう。宿儺の一方的な契約で生き返った虎杖は契約の内容を忘れたまま五条のもとで修行に励む。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

「呪術廻戦」第139話 狩人

運営者
運営者
前回の呪術廻戦では、急変した世界、虎杖を追われることに…さらに追うのは特級術師乙骨優太だった

登場人物

虎杖悠仁主人公。驚異的な身体能力を持つ
両面宿儺特級呪物。虎杖と肉体を共有している
伏黒恵呪術高専1年。虎杖の同級生
釘崎野薔薇呪術高専1年。虎杖の同級生
五条悟専門機関「呪術高専」の特級呪術師
狗巻 棘(いぬまき とげ)都立呪術高専2年生。呪言師。普段の会話で使う語彙はおにぎりの具のみ。

「呪術廻戦」前話のあらすじ

(呪術廻戦 第138話 参照)

揺れ動く呪術界、禪院家当主が重体を負っている今…

特別1級術師禪院直哉が本家へと呼び出される。

そしてそこに待っていたのが禪院扇、禪院甚壱の二人

直哉が二人に煽りを入れるとピリついた空気が流れる…

するとそこに禪院家当主、禪院直毘人が亡くなったと禪院家の秘書フルダテが報告しに来た

そして遺言状を預かり、扇・甚壱・直哉の三人が揃った時に読むように伝えられていた

(呪術廻戦 第138話 参照)

  1. 禪院家27代目当主を禪院直哉とす
  2. 交戦忌庫及び禪院忌庫に保管されている呪具を含めた全財産を直哉が相続し、禪院扇・禪院甚壱のいずれかの承諾を得た上で直哉が運用することとす

ただしなんらかの理由で五条悟が死亡、または意志能力を喪失した場合

伏黒甚繭との誓約状を履行し、伏黒恵を迎え同人を禪院家当主とし全財産を譲るものとする

その遺言状にイラつく直哉、それはそうだ。自分が後継者だと思っていたのに良く知らない子供が後継ぎだと言われたのだから…

恵の居場所を探ろうとする直哉、そして東京で虎杖の捜索をしていると情報を得ると上層部に連絡を入れ、東京へ虎杖悠仁と伏黒恵を探すことにする

その一方で東京渋谷では虎杖と脹相が共に行動していた

二人は夏油傑が放った呪霊を祓っていた…

それでは「呪術廻戦」第139話あらすじを始めていきます

「呪術廻戦」第139話 あらすじ

静けさを増す渋谷にパンパンと手拍子が鳴り響く…

虎杖が手拍子をし、何かを呼びつけている様子。すると数体の巨大な呪霊が出現

それを見た虎杖は即座に逃げ出す

逃げた先に待ち迎える呪霊、しかしその呪霊たちをも引き連れて逃げていく

何処かに誘い込むように逃げていく虎杖、すると逃げた先に脹相が待ち迎えていた

脹相は”穿血”を撃ち放ち、巨大な呪霊を貫く。その攻撃から一体の呪霊が逃れるが虎杖が仕留める

(呪術廻戦 第139話 参照)

二人で呪霊を祓っていると一人の男が現れる。それは禪院直哉

直哉の目的は恵だが、虎杖の存在が邪魔なので痛めつけようとする

虎杖は恵を狙っていることが気に入らなく煽るが、直哉は虎杖と脹相の間合いに現れ突然攻撃を仕掛けてくる

その速さにかろうじて反応することができているが、確実な対処はできていない

(呪術廻戦 第139話 参照)

直哉はその速さに反応する二人を見て、もう少し速度を上げてみようと思った時、別の呪力を感じてしまう…

三人が振り返った先にいたのは乙骨優太だったのだ…

「呪術廻戦」第139話をまとめると…

運営者
運営者
呪術廻戦の第139話をまとめていくと…

まとめ

狙われる虎杖

乙骨優太の登場

次回の「呪術廻戦」に期待です

そんな感じで以上です。

また見に来てくださいね

【呪術廻戦】第140話ネタバレあらすじ|