呪術廻戦

【呪術廻戦】第134話ネタバレあらすじ|明かされる真実…加茂家の悪意…

【呪術廻戦】第134話ネタバレあらすじ|明かされる真実…加茂家の悪意…

この記事の内容

呪術廻戦の最新あらすじ

ここでは、呪術廻戦の最新のあらすじをまとめています。

今までのあらすじ

「呪い」。

辛酸・後悔・恥辱…。人間のフの感情から生まれる禍々しきその力は、人々を死へと導く。

任務先で特級呪霊の宿儺と入れ替わり、呪霊に挑む虎杖。だが勝利の後、宿儺から身体を取り戻せず、虎杖は宿儺に心臓を抜き取られてしまう。宿儺の一方的な契約で生き返った虎杖は契約の内容を忘れたまま五条のもとで修行に励む。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

「呪術廻戦」第134話 渋谷事変51

運営者
運営者
前回の呪術廻戦では、黒閃を受け真の姿に羽化させることに成功した真人、そして虎杖との最終局面を迎える

登場人物

虎杖悠仁主人公。驚異的な身体能力を持つ
両面宿儺特級呪物。虎杖と肉体を共有している
伏黒恵呪術高専1年。虎杖の同級生
釘崎野薔薇呪術高専1年。虎杖の同級生
五条悟専門機関「呪術高専」の特級呪術師
狗巻 棘(いぬまき とげ)都立呪術高専2年生。呪言師。普段の会話で使う語彙はおにぎりの具のみ。

「呪術廻戦」前話のあらすじ

(呪術廻戦 第133話 参照)

23時36分助けてあげようかと真人に言葉をかける夏油…

それを見た虎杖は夏油へと攻撃を仕掛けようとする

すると地面が穴が開き、落ちたかと思いきやひっくり返っただけ…

(呪術廻戦 第133話 参照)

呪霊操術の強みは手数の多さ、準1級以上の呪霊を複数使役し術式を解明・攻略させてもまた新しい呪霊を出せばいい

だがその考える隙も与えないまま攻撃を続けるもいいと虎杖に攻撃を与え続ける

ボロボロになっていく虎杖、しかし心までは折れていない。さすが宿儺の器だと褒める夏油

その時、夏油の背後から真人が近づくが…それに感づく夏油

そのまま真人、夏油の術によってボール状の球体にされてしまう…

それでは「呪術廻戦」第134話あらすじを始めていきます

「呪術廻戦」第134話 あらすじ

真人を手中に収めた夏油、そして”極ノ番”について話し出す

それは領域展開を除いたそれぞれの術式の奥義のようなもの

呪霊操術の”極ノ番”はうずまき

取り込んだ呪霊を一つにまとめ超高密度の呪力を相手にぶつける

だがうずまきは強力だが呪霊操術の強みである手数の多さを捨てることになる

しかしそれは違った、それは準1級以上の呪霊を取り込んだ時にその真価が起きる

それは術式の抽出、そして手中に収めた真人の核を飲み込んだのだ

そこに京都校の生徒達が現れ夏油に攻撃を仕掛ける

ことごとく躱す夏油、身を潜めていた箕輪がシン・陰流で夏油の間合いに入る

(呪術廻戦 第134話 参照)

そして刀を抜く、だが刀を簡単に掴み叩き割る

”極ノ番”うずまきを発動!!だがその時、日下部がその間合いに入り間一髪のところで助けることが出来た

そこにある男が現れる…それは脹相。脹相は夏油の顔を見て何かを思い出す…

(呪術廻戦 第134話 参照)

それは親の顔、脹相には3人親がいる。一人は母、もう一人は母を腹ませた呪霊

そしてその間に血を混ぜた加茂憲倫。それに気づいた脹相の怒りは夏油へと向けられた…

「呪術廻戦」第134話をまとめると…

運営者
運営者
呪術廻戦の第134話をまとめていくと…

まとめ

”極ノ番”うずまき

加茂家の真実

脹相と夏油

次回の「呪術廻戦」に期待です

そんな感じで以上です。

また見に来てくださいね

【呪術廻戦】第135話ネタバレあらすじ|