ドラゴンボール超(スーパー)

【ドラゴンボール超(スーパー)】第67話あらすじ解説ネタバレ|銀河パトロール編完結!!そして始める新たな物語…

ドラゴンボール超(スーパー)

この記事の内容

ドラゴンボール超(スーパー)最新あらすじ

ここではドラゴンボール超(スーパー)の最新のあらすじをまとめています

今までのあらすじ

昔むかしのこと、七つそろうと神龍が現れ、願いを叶えてくれるという、ドラゴンボールを探して旅に出た孫悟空は、大冒険の末に全てのボールを集めきった。その後、亀仙人の下で修行し、数々に強敵と戦いついに魔人ブウまでを倒し、地球に平和をもたらした

それから月日が流れ、超(スーパー)サイヤ人ゴットとなり地球を破壊しようとした破壊神ビルスからも地球を守った

さらにその後の未来でゴクウブラックとザマスの二人を倒し、「力の大会」12の世界の最強メンバーと戦い、力を競い合った…

そして銀河刑務所である凶悪犯モロが脱走した

ゴクウとベジータは銀河パトロール隊となり、モロを捕まえる任務を受けることになった

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね

こちらも見てくれると嬉しいです

「ドラゴンボール超(スーパー)」第67話 大団円 そして…

孫 悟空 この物語の主人公
ベジータ 惑星ベジータの王子、孫悟空のライバル
クリリン 悟空の同期、地球人最強の男
ピッコロ ナメック星人、元地球の神
孫 悟飯 孫悟空の息子
ビルス 破壊神、かつて地球を破壊しようとした
17号&18号 ドクターゲロの手によって改造された人造人間、双子の兄弟
メルス 銀河パトロール隊の隊員、実は天使だった
モロ 銀河系宇宙最悪の凶悪犯
運営者
運営者
【ドラゴンボール超(スーパー)】前回の話では、モロがメルスの力を使い悟空を追い詰めるが力が暴発し悟空がモロを追い詰めるとモロが地球と同化し始めた

「ドラゴンボール超(スーパー)」 前話のあらすじ

地球と同化したモロ、絶体絶命のピンチ!さらに同化したモロはエネルギー吸収の能力を使いだした

大地に踏みとどまる人々からエネルギーを奪っていくのだ。エネルギーを吸収していくモロは悟空へと襲い掛かる

モロの攻撃を防ぐ悟空だが、地球と同化したモロは星の力を利用し複数の手や足を作り出した

その複数の手足に防戦一方になってしまう悟空、するとそれに見かねた破壊神ビルスは今回だけは力を貸してやると悟空の所に駆け寄ろうとするが…

天界にいる大神官からの呼び出しの連絡が来たのだ!おそらくメルスの件でだろう

急いで天界に行かねばならんと焦るビルス、行く前にウイスが悟空に助言する

「モロを止めるには再び額の水晶を破壊してメルスさんの力を消し去るしかありません、うまくいけばそのままモロだけ破壊し地球を救うことが出来るでしょう」メルスがやってのけたことを自分が出来るのかと不安になる悟空だが、自分の力を信じろとのウイスの言葉が悟空に覚悟を決めさせた

そして展開へと急ぐビルスたち、そうしている内にモロはみるみると巨大化させていた

(ドラゴンボール超(スーパー) 第66話 参照)

するとベジータが現れ、地球へと攻撃する!ベジータのスピリット強制分離によってモロの巨大化は止まった。しかしスピリットをはがし続けるのも限界がある…悟空に後を任せるベジータ

拳に力を込めてモロの方へと飛んで行く悟空、それを止めようと無数の手が悟空の進行を止めようとする

(ドラゴンボール超(スーパー) 第66話 参照)

悟空の拳がモロの手を貫き、モロにトドメを一撃を食らわそうとするが貫かれた手が悟空に巻き付き悟空の動きを止める

捕まった悟空はモロに力を吸い取られ、身勝手の極意が解けてしまう

するとベジータの元へピッコロたちが駆け寄り、俺たちに力をスピリット分離の応用で悟空に渡すことができないのかと近寄ってきた。できると思ったベジータは皆の力を悟空に渡す。

力をもらった悟空はブルーへと変身しモロへと攻撃をしようとするが、ブルーでは力が足らずモロの手を振り払うことができない

そして地球との同化が進み、正気を失い地球との爆発までもう時間がなくなっていた

(ドラゴンボール超(スーパー) 第66話 参照)

悟空たちがもう駄目だと諦めかけた時、巨大な神の力が悟空目掛けて近づいてきた

その力はウーブの力だったのだ、大界王神の神の力は悪い魔人ブウへと受けづかれていた

(ドラゴンボール超(スーパー) 第66話 参照)

その生まれ変わりのウーブにその力が伝承されていたんだ

(ドラゴンボール超(スーパー) 第66話 参照)

その力を受け取った悟空はモロの手を振り解き、身勝手の極意へと変身し

力を込めてモロの額の水晶へと一撃を与える

すると水晶が割れ、モロの体は大爆発!!

モロだけが消滅し、地球は助かり悟空たちの大勝利へとなった。

それでは「ドラゴンボール超(スーパー)」第67話あらすじを始めていきます

「ドラゴンボール超(スーパー)」第67話 あらすじ

戦いが終わり、喜びを噛みしめる地球戦士たち

地球に再び平和が訪れた、戦いが終わってからサタンの家で料理をいただく悟空たち

そしてエスカをナメック星へと連れて帰り、ナメック星のドラゴンボールでモロに傷付けられた星々や殺された人々を復活させるのだった

こうして宇宙は元通りとなり、数日後悟空たちはモロを倒した功績をたたえ銀河パトロールからメダルが頂けるという事で銀河パトロールへ向かう

受勲者として悟空・ベジータ・ブウ・ジャコとそして最後にメルスの名前が呼ばれる

(ドラゴンボール超(スーパー) 第63話 参照)

名前を聞いた悟空は驚きを隠せず、名前を呼ばれたメルスは銀河パトロールの隊員の背後から姿を現したのだ

消滅したはずのメルスがこの場に現れたこちに意味がわからないでいる悟空たち

それは数日前に天界に呼び出されたビルスとウイス、メルスが天使の掟を破ったことについて大神官に呼び出されていたのです

本来掟を破った天使はこの世界から永遠に消えてしまうのが運命、しかし今回は大神官の手でいったん消滅させ、人間として復活させてもらったのです

驚きの内容に驚きを隠せないビルスたち、なぜそのようなことをと聞くウイスに「この方が自分の命を捧げてでも助けたいとおっしゃるものですから」とそこに現れたのは地球の界王神だったのだ。

運命共同体の破壊神ビルスは勝手なことに命を懸けるんじゃないと激怒する

そして今回の問題でビルス・ウイス・界王神にペナルティを与える大神官

そのペナルティとは…全王様の遊び相手。

二人の全王のお馬さんとなり、ビルスと界王神はかけっこをしている様子

このようなことをしなくてはならないようになったのは悟空のせいだと怒るビルス

ビルスは悟空たちの様子を確認するようウイスに聞くと、銀河パトロールの本部でパーティーをしていると聞かされる

(ドラゴンボール超(スーパー) 第63話 参照)

二度と会えないと思っていたメルスに会うことができ喜ぶ悟空たち

そして悟空たちは最後に記念撮影をし銀河パトロールとしての任務を終えたのであった

それから宇宙には平和な時間が流れていた…銀河パトロールで暇をしているジャコ

隊員から一緒に銀河刑務所に付き合うように言われ同行する。

すると隊員は受刑者に聞きたいことがあったみたいだ、それはモロが爆発した噴火交付近で微弱だが救難信号のようなものをキャッチしたことを聞きに来たのだ

ユズンは知らないと答え、それを聞いていたザウヨギが「おい銀河パトロール、オレらはおまえらに仲間を殺されたこと忘れてないからな」それにジャコがセブンスリーはモロに吸収され殺されたんだとい返すと「あいつは人じゃないから”殺される”とは言わねえよ、そもそもセブンスリーってのは俺らが盗んだ盗品だ、空っぽだったあいつにデータをぶち込んで俺たちがイチから強化していったんだ。それを無にしやがて…」

そんなもの消滅できてよかったと言い返す隊員だが、ユズンが壊れたのを確認したのかと聞くと、モロごと跡形もなく消えたのでそんなかくにんはしていないと言うと確認していないんだなと不気味な笑みをするユズン

(ドラゴンボール超(スーパー) 第63話 参照)

その言葉を聞いた隊員は念の為確認するため二噴火口の中を確認しに行くことにする

すると噴火口では時間をかけ、セブンスリーの頭が再生していた

そして確認をしに来た時には何者かがセブンスリーの頭を持ち出していた…

それから数ヶ月の時が過ぎた…それは地球から遠く離れた宇宙での出来事

セブンスリーの頭を持ち帰った者の巨大な宇宙船…

(ドラゴンボール超(スーパー) 第63話 参照)

その宇宙船に近づく一台の小型宇宙船、小型宇宙船が侵入し中の兵士たちを倒していく

たった一人で侵入し何かを探している様子、そこにセブンスリーそっくりの兵隊が大量に現れる

しかしそれをいとも簡単に倒して見せる。そして奥に進むと体を再生しているセブンスリーを発見すると探し物を見つけたかのような笑みを浮かべる…

【ドラゴンボール超(スーパー)】第67話をまとめると…

運営者
運営者
【ドラゴンボール超(スーパー)第67話をまとめていみると…
まとめ

銀河パトロール編完結

新章

来月のドラゴンボール超(スーパー)に期待です

次回も見に来てくださいね。