呪術廻戦

【呪術廻戦】第129話ネタバレあらすじ|真人戦終盤に突入!!真人一か八かの賭け…

【呪術廻戦】第129話ネタバレあらすじ|真人戦終盤に突入!!真人一か八かの賭け…

この記事の内容

呪術廻戦の最新あらすじ

ここでは、呪術廻戦の最新のあらすじをまとめています。

今までのあらすじ

「呪い」。

辛酸・後悔・恥辱…。人間のフの感情から生まれる禍々しきその力は、人々を死へと導く。

任務先で特級呪霊の宿儺と入れ替わり、呪霊に挑む虎杖。だが勝利の後、宿儺から身体を取り戻せず、虎杖は宿儺に心臓を抜き取られてしまう。宿儺の一方的な契約で生き返った虎杖は契約の内容を忘れたまま五条のもとで修行に励む。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

「呪術廻戦」第129話 渋谷事変㊻

運営者
運営者
前回の呪術廻戦では、釘崎の死によって精神を破壊された虎杖は真人にやられてしまう、その時京都校の藤堂が現れた

登場人物

虎杖悠仁主人公。驚異的な身体能力を持つ
両面宿儺特級呪物。虎杖と肉体を共有している
伏黒恵呪術高専1年。虎杖の同級生
釘崎野薔薇呪術高専1年。虎杖の同級生
五条悟専門機関「呪術高専」の特級呪術師
狗巻 棘(いぬまき とげ)都立呪術高専2年生。呪言師。普段の会話で使う語彙はおにぎりの具のみ。

「呪術廻戦」前話のあらすじ

 
真人と激戦を繰り広げている中、東京へ向かう一台の新幹線

 

新幹線の中にいたのは京都校の生徒

三輪の手にはミニメカ丸、三輪は藤堂と新田だけが東京へと向かったのが納得していなかった

しかし藤堂は9割死なないと判断し、新田の術式は役に立つから人選したのだと、だが三輪はその人選に自分を入れてくれなかったことに不満を持っていた

しかしメカ丸は三輪のもとを守りたかっただけだったのだ

(呪術廻戦 第128話 参照)

「大好きな人がいたんだ、どんな世界になろうと俺が側で守ればいいと思っていた

その人が守られたいのは、俺じゃなかったのかもしれないのに

幸せになってくれ、どんな形であれお前が幸せなら俺の願いは叶ったも同然だ」

その言葉を三輪に話しメカ丸は消えていく…

その一方で真人と戦っている虎杖たち…

真人が先に片付けようとしていたのは藤堂、藤堂の位置替えが厄介だからだ

しかし藤堂は再び黒閃を放つ!!

(呪術廻戦 第128話 参照)

どれだけ強力な一撃を与えようと真人の魂までは響かない

しかしその行動がそれぞれのポテンシャルを引き出す

そして真人は多重魂撥体巨大な物を作り二人に襲い掛かる!!

それでは「呪術廻戦」第129話あらすじを始めていきます

「呪術廻戦」第129話 あらすじ

真人は虎杖と最後の呪い合いだと意気込みが加速していく

しかし相手は虎杖だけではなく藤堂もいる、二人のコンビネーションで自分の戦いがしにくい真人

すると自ら首を自切し、首と体を別々に稼働し始めた。

そして首の方は多重魂によってからだを作り出す、さらに多重魂で新たな改造人間を作り出した

(呪術廻戦 第129話 参照)

それは”幾魂異性体”、藤堂の予測では、首が2体が8の力配分と考え、改造人間は3級から2級の実力と予測し早急に壊そうと考えた

しかし思いのほか改造人間の力が強く、逆に吹き飛ばされてしまった

さらに吹き飛んだ藤堂を追う改造人間。だが吹き飛んだ先で藤堂に一撃で壊されてしまう

一撃で倒したことに疑問を感じた藤堂だが、これは複数の魂を一瞬で燃やし尽くすことで爆発的にパワーを得る超攻撃型改造人間と予測した、さらに背後にはもう2体の超攻撃型改造人間が待っていた

(呪術廻戦 第129話 参照)

その一方で残された虎杖は一人で真人に応戦していた、しかしすぐに藤堂も駆けつけた

すると真人は状況判断で一か八かの賭けに出ることにした

(呪術廻戦 第129話 参照)

”領域展開 自閉円鈍裏”0.2秒の領域展開を開いたのだ

「呪術廻戦」第129話をまとめると…

運営者
運営者
呪術廻戦の第129話をまとめていくと…

まとめ

虎杖と藤堂を分散

多重魂

真人一か八かの賭け

次回の「呪術廻戦」に期待です

そんな感じで以上です。

また見に来てくださいね

【呪術廻戦】第130話ネタバレあらすじ|