呪術廻戦

【呪術廻戦】第125話ネタバレあらすじ|釘崎野薔薇の過去…釘崎の生きた時間。

【呪術廻戦】第125話ネタバレあらすじ|釘崎野薔薇の過去…釘崎の生きた時間。

この記事の内容

呪術廻戦の最新あらすじ

ここでは、呪術廻戦の最新のあらすじをまとめています。

今までのあらすじ

「呪い」。

辛酸・後悔・恥辱…。人間のフの感情から生まれる禍々しきその力は、人々を死へと導く。

任務先で特級呪霊の宿儺と入れ替わり、呪霊に挑む虎杖。だが勝利の後、宿儺から身体を取り戻せず、虎杖は宿儺に心臓を抜き取られてしまう。宿儺の一方的な契約で生き返った虎杖は契約の内容を忘れたまま五条のもとで修行に励む。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

「呪術廻戦」第125話 あの子の話

運営者
運営者
前回の呪術廻戦では、真人と出会い、七海に後を頼まれた虎杖が真人に挑む

登場人物

虎杖悠仁主人公。驚異的な身体能力を持つ
両面宿儺特級呪物。虎杖と肉体を共有している
伏黒恵呪術高専1年。虎杖の同級生
釘崎野薔薇呪術高専1年。虎杖の同級生
五条悟専門機関「呪術高専」の特級呪術師
狗巻 棘(いぬまき とげ)都立呪術高専2年生。呪言師。普段の会話で使う語彙はおにぎりの具のみ。

「呪術廻戦」前話のあらすじ

釘崎の”共鳴り”が虎杖の窮地を救った

その隙を虎杖が手を休めることなく攻撃を真人に浴びせる

その時、釘崎と戦っている真人が急に逃げ出したのだ。

しかしその逃げた先は地下だった、釘崎の目的地が地下5階。都合がいいと思い込んだ釘崎はそのまま追いかける

その一方で虎杖は真人を追い詰めていた、だが真人は体を分裂させたのだ

(呪術廻戦 第124話 参照)

だが分裂したがどれか一つに致命傷となる魂の部位が含まれていると予測した虎杖は呪力を感じ取る

そして狙いを絞り破壊する。するとそれは真人にわざと呪力をもたせた部位

つまり虎杖は真人の作戦に引っかかったのだ、その隙に逃げ出す真人

そして地下に落ちてきた分身の真人と合流、1つに戻りダメージを回復するつもりなのかと思ったら、すれ違うだけ…

何でと不思議に思った虎杖だったが分身の真人の背後に釘崎の姿が見えた

(呪術廻戦 第124話 参照)

その時、確信へと変わった。しかし釘崎は本体が死角となり入れ替わったことに気付いていない
 
それに加え、釘崎は分身との戦闘で真人の掌への警戒を解いていた
 
真人は釘崎の顔面をモロに触る
 
その時、釘崎過去のことを思い出す…
 

それでは「呪術廻戦」第125話あらすじを始めていきます

「呪術廻戦」第125話 あらすじ

釘崎がとある村で過ごしていた少女時代、そこには掛け替えのない友がいた

その共は小学校の時に転入してきた転校生。皆が赤か黒のランドセルを背負う中

その子だけが水色のランドセル、そのランドセルを欲しがったのが釘崎だった…

その子と釘崎はランドセルを交換するがその日に返してきた

それ以来二人は仲良くするようになっていった、そんなある日秘密基地を見つけたと言いだした釘崎

その子の手を引っ張り付いた所は…

(呪術廻戦 第125話 参照)

他人の家だった。その家に住む沙織という女性は突然訪ねてくる釘崎たちを嫌な顔をせずいつも迎え入れてくれた

沙織と出会ってから釘崎は少しずつ変わっていった、口調も柔らかくなり品というものがあ身に付いてきたんだと思う

するとある日の境に沙織の家の様子がおかしくなってきた、ゴミや落書きなど明らかに人工的に積まれた雪

それから少し経ってから沙織が引っ越した

(呪術廻戦 第125話 参照)

友たちと二人で沙織のことを見送った釘崎だったが釘崎は顔がべちゃくちゃになるぐらいに泣いていた

そして月日が流れ…釘崎は東京の呪術高専へと通うことになり二人は離れることになる

友達は「私の時は泣かないんだ」と最低な台詞がよぎるが「次会う時は三人で!」と涙を零しそうな釘崎

友達はボロボロと涙を流しうなずく

(呪術廻戦 第125話 参照)

そして月日は流れ、釘崎にも師や友と共に競い合う仲間が出来た

友達のふみに約束を守れなくてごめんと謝る釘崎…

そして最後に…

(呪術廻戦 第125話 参照)

虎杖に皆に伝えてほしいと言う「悪くなかった」

その言葉を言い放つと釘崎の顔が破裂した。

その瞬間を見た虎杖は何を感じたのか…

「呪術廻戦」第125話をまとめると…

運営者
運営者
呪術廻戦の第125話をまとめていくと…

まとめ

釘崎の過去

釘崎の生きた時間

次回の「呪術廻戦」に期待です

そんな感じで以上です。

また見に来てくださいね

【呪術廻戦】第126話ネタバレあらすじ|