呪術廻戦

【呪術廻戦】第116話ネタバレあらすじ|ついに決着!!炎バトル、勝負の行方は…

【呪術廻戦】第116話ネタバレあらすじ|ついに決着!!炎バトル、勝負の行方は…

この記事の内容

呪術廻戦の最新あらすじ

ここでは、呪術廻戦の最新のあらすじをまとめています。

今までのあらすじ

「呪い」。

辛酸・後悔・恥辱…。人間のフの感情から生まれる禍々しきその力は、人々を死へと導く。

任務先で特級呪霊の宿儺と入れ替わり、呪霊に挑む虎杖。だが勝利の後、宿儺から身体を取り戻せず、虎杖は宿儺に心臓を抜き取られてしまう。宿儺の一方的な契約で生き返った虎杖は契約の内容を忘れたまま五条のもとで修行に励む。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

「呪術廻戦」第116話 渋谷事変㉞

運営者
運営者
前回の呪術廻戦では、五条悟が呪霊たちの切り札、獄門彊により封印されたのだ…
登場人物
虎杖悠仁主人公。驚異的な身体能力を持つ
両面宿儺特級呪物。虎杖と肉体を共有している
伏黒恵呪術高専1年。虎杖の同級生
釘崎野薔薇呪術高専1年。虎杖の同級生
五条悟専門機関「呪術高専」の特級呪術師
狗巻 棘(いぬまき とげ)都立呪術高専2年生。呪言師。普段の会話で使う語彙はおにぎりの具のみ。

「呪術廻戦」前話のあらすじ

宿儺が一発でも一撃を入れることが出来たら仲間になるという条件で漏瑚と宿儺の戦いが始まった!

だがそれは一方的なモノ…漏瑚が赤子扱い。

(呪術廻戦 第115話 参照)

漏瑚も宿儺の指8,9本レベルといわれていたが力の差は歴然

宿儺にとってはこの戦いは遊びのようなもの…

だがやられてばかりではない、”獄ノ番「隕」”と巨大な炎の隕石を呼び出した

(呪術廻戦 第115話 参照)

これで宿儺も無傷ではないだろうと思った時、漏瑚の傍に無傷の宿儺が現れた

何故領域を使ってこないと聞いてくる宿儺に領域の押し合いでは勝てないと分かっていると答えた

それは以前に五条と対戦した時に経験したからである

だが戦いが楽しくなってきた宿儺は漏瑚の得意な戦い方で戦ってやると言いだし炎を出したのだ

漏瑚と宿儺の炎勝負が始まるのだ…

それでは「呪術廻戦」第116話あらすじを始めていきます

「呪術廻戦」第116話 あらすじ

煉獄の中、二人は掌から火を操り出した…

宿儺は矢を射るように火を撃つ仕草を…漏瑚は掌に火を集め球体を造り出す

(呪術廻戦 第116話 参照)

すると漏瑚は異なる世界へと意識を移す。それは倒されたはずの花御や陀艮のところ

二人に謝る漏瑚、だが二人はまだ真人がいると言いだしたのだ

その三人の世界に宿儺も入り込んできたのだ!そして三人の会話を聞いていだ

三人の想い・夢は真の人間になりたいという事、宿儺はその事を否定するがその想いや理想を掴み取ろうとする行動は認めていた。

生きていた千年前より強かったことを誇れと言うと漏瑚の頬から涙がこぼれ始めた…

(呪術廻戦 第116話 参照)

そして真っ赤に燃える漏瑚を後にしようとした時、宿儺の下にある男が現れた…

その男の名は裏梅…

23時07分その一方で不意打ちを喰らった恵は重傷を負ってしまったが、手を加えたその呪詛師の様子がおかしくなっていた…

「呪術廻戦」第116話をまとめると…

運営者
運営者
呪術廻戦の第116話をまとめていくと…
まとめ

宿儺VS漏瑚決着!!

呪霊の夢

恵に異変!?

次回の「呪術廻戦」に期待です

そんな感じで以上です。

また見に来てくださいね