呪術廻戦

【呪術廻戦】第113話ネタバレあらすじ|恵VS甚繭!!父と子の戦い…

【呪術廻戦】第113話ネタバレあらすじ|恵VS甚繭!!父と子の戦い…
この記事の内容

呪術廻戦の最新あらすじ

ここでは、呪術廻戦の最新のあらすじをまとめています。

今までのあらすじ

「呪い」。

辛酸・後悔・恥辱…。人間のフの感情から生まれる禍々しきその力は、人々を死へと導く。

任務先で特級呪霊の宿儺と入れ替わり、呪霊に挑む虎杖。だが勝利の後、宿儺から身体を取り戻せず、虎杖は宿儺に心臓を抜き取られてしまう。宿儺の一方的な契約で生き返った虎杖は契約の内容を忘れたまま五条のもとで修行に励む。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

「呪術廻戦」第113話 渋谷事変㉛

運営者
運営者
前回の呪術廻戦では、五条悟が呪霊たちの切り札、獄門彊により封印されたのだ…
登場人物
虎杖悠仁主人公。驚異的な身体能力を持つ
両面宿儺特級呪物。虎杖と肉体を共有している
伏黒恵呪術高専1年。虎杖の同級生
釘崎野薔薇呪術高専1年。虎杖の同級生
五条悟専門機関「呪術高専」の特級呪術師
狗巻 棘(いぬまき とげ)都立呪術高専2年生。呪言師。普段の会話で使う語彙はおにぎりの具のみ。

「呪術廻戦」前話のあらすじ

気を失い、意識がない虎杖に宿儺の指を喰わす漏瑚

10本すべてを飲ませ、虎杖の体内には合計で15本の宿儺の指がある状態

その時、トドメを刺したはずの少女の二人が生き返った

再び、その二人の少女にてをかけようとした時…

(呪術廻戦 第112話 参照)

漏瑚のの片手を斬り落とし、目覚めたのが宿儺だった

宿儺の放つ気に恐怖を感じる三人、頭が高いと言い膝を付かせる宿儺

そして少女たちに指1本分の話は聞いてやると言いだしたのだ

少女たちが話した内容は”夏油様を解放して下さい”もう1本の指の在り処を教えるから夏油の身体を乗っ取っている呪霊を倒してほしいと宿儺に頼むのだったが、宿儺の取った行動は…その少女たちを消したのだ、さその理由が1・2本の指で指図するなの事

次に漏瑚の話を聞こうとする宿儺、だが漏瑚の目的は宿儺の復活

今は虎杖の適応が追いつかず一時的に自由を得ているに過ぎない、だから虎杖が起きる前に”縛り”

肉体の主導権を得る”縛り”を作ってほしいと頼む漏瑚だったが…

(呪術廻戦 第112話 参照)

必要がないと言う宿儺、俺には俺の計画があると…

だが指の件もあるからと言い、一撃でも入れることが出来たら呪霊の下につき手始めに渋谷に居る人間を倒してやると約束をする宿儺

そしてその言葉に覚悟を決める漏瑚…

それでは「呪術廻戦」第113話あらすじを始めていきます

「呪術廻戦」第113話 あらすじ

その一方で甚繭に連れて行かれた伏黒は甚繭に勝つイメージをしていた

脱兎を繰り出し、身を隠す伏黒…

(呪術廻戦 第113話 参照)

だが脱兎に隠れた伏黒を勘だけで狙う甚繭、間一髪のところで避けることが出来た伏黒

しかし伏黒には甚繭に対抗できるほどの呪力が残っていなかったのだ

長期戦は不利と推測した伏黒は短期戦を考える

呪力なしで宿儺並のスピードを持っている甚繭、その甚繭の攻撃の一瞬のタイミングを狙う

躱すことができないと予測した伏黒は手前に片足が少し落ちる穴を作って、それを脱兎で隠していた

そこに甚繭の片足がハマり攻撃の位置をズラすことが出来、捕まえることが出来た

そして甚繭が持っていた遊雲を取り上げ、それを甚繭に突き刺す!!

だがそれすら避けられた…手段がなくなった伏黒は焦り出す

そんな時、人形であったはず甚繭に意識が入る…

(呪術廻戦 第113話 参照)

そして過去のことを思い出す、それは直毘人との会話

それは伏黒恵のことだった、禅院家に引き取るのなら金をくれとの話の内容

そして時を取り戻した甚繭は伏黒に名を訪ねると”伏黒”と名乗る伏黒

すると「禅院じゃねぇのか、よかったな」と言葉を放ち、自害したのだ…

魂さえ上書きする天与の肉体、暴走した術式さえ自分のものにし再び命を得たにも関わらず、子のために自害したのであった

「呪術廻戦」第113話をまとめると…

運営者
運営者
呪術廻戦の第113話をまとめていくと…
まとめ

父と子

自害

次回の「呪術廻戦」に期待です

そんな感じで以上です。

また見に来てくださいね

【呪術廻戦】第114話ネタバレあらすじ|